« 検挙数不適切処理:書類送検の3警官を不起訴 大津地検(11日)毎日 | トップページ | 女性に散弾銃撃った男逮捕 弾当たらず、殺人未遂容疑(11日)共同 »

2014年7月11日 (金)

児童に包丁の刃先 教諭懲戒処分 広島(11日)NHK

広島県福山市の市立小学校で、特別支援学級の担任の教諭が調理の実習中に児童に包丁の刃先を向けたり、包丁の持ち方を指導する際に自分の腹を切るまねをしたりするなど、不適切な行為を繰り返したとして、広島県教育委員会は、この教諭を停職6か月の懲戒処分にしました。

懲戒処分を受けたのは、福山市の市立小学校で特別支援学級の担任をしていた59歳の男性教諭です。広島県教育委員会などによりますと、この教諭は去年9月ごろ、調理実習中の児童6人に対して「静かにせえ」と言いながら刃渡りおよそ16センチの包丁の刃先を向けたということです。
また、先月には、調理実習で包丁の持ち方を指導する際に児童の手を持ったまま刃先を自分の腹に向け、「こうやってやるんじゃ。切腹」と言って、自分の腹を切るまねをしたということです。
教諭はこのほかにも児童に対して「うっとうしい。視界から消えろ」などと発言したということで、県教育委員会は、教育的な指導を逸脱した不適切な行為だとして、11日付けでこの教諭を停職6か月の懲戒処分としました。
男性教諭は、「大変申し訳ない。みずからが起こした不祥事を重く受け止める」と話していて、11日付けで辞職したということです。広島県教育委員会は「不祥事の根絶に向けて取り組んでいるなかで、このような事案が起き残念だ。今後、校長会や研修の中で適切な指導をしていきたい」と話しています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140711/k10015949751000.html

« 検挙数不適切処理:書類送検の3警官を不起訴 大津地検(11日)毎日 | トップページ | 女性に散弾銃撃った男逮捕 弾当たらず、殺人未遂容疑(11日)共同 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 検挙数不適切処理:書類送検の3警官を不起訴 大津地検(11日)毎日 | トップページ | 女性に散弾銃撃った男逮捕 弾当たらず、殺人未遂容疑(11日)共同 »