« 消火器の点検巡りトラブル相次ぐ(25日)NHK | トップページ | 「危険ハーブ吸い運転」 大阪で多重事故、男を逮捕(25日)共同 »

2014年7月25日 (金)

危険ドラッグで都道府県が会議 対策強化へ(25日)NHK

脱法ドラッグと呼ばれていた危険ドラッグの乱用を防ごうと、全国の都道府県などで薬物の監視を担当する職員が東京都庁に集まり、対策会議を開き、危険ドラッグには人体に極めて有害な成分が含まれていることを広く知らせるなどして対策を強化していくことになりました。

東京都庁で開かれた会議には、44の都道府県のほか、政令指定都市や東京23区など、合わせて102の自治体から薬物の監視を担当する職員が出席しました。
この中で、警視庁の薬物犯罪などを捜査する組織犯罪対策第五課の池田行雄課長は「末端の乱用者の検挙を徹底して需要の根絶を図り、販売店はもちろん卸元や製造元まで徹底した捜査を尽くしたい」と述べました。
会議では、若者にも危険ドラッグの危険性を知ってもらおうと、都が制作した啓発用の映像が紹介されました。
映像は、人気タレントが安全なドラッグがないことなどを強調し注意を呼びかける内容で、都の担当者はこうした映像を人が集まる繁華街や電車の中で流していることを説明しました。
このほか、大阪府が、条例で警察官が販売店に立ち入りできるようにしていることや、和歌山県では、販売店に県への届け出を義務づけていることなどが紹介されました。会議では、危険ドラッグに人体に極めて有害な成分が含まれていることを広く知らせるなどして、全国の関係機関で情報を共有しながら、対策を強化していくことになりました。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140724/k10013271061000.html

« 消火器の点検巡りトラブル相次ぐ(25日)NHK | トップページ | 「危険ハーブ吸い運転」 大阪で多重事故、男を逮捕(25日)共同 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消火器の点検巡りトラブル相次ぐ(25日)NHK | トップページ | 「危険ハーブ吸い運転」 大阪で多重事故、男を逮捕(25日)共同 »