« 強制わいせつ:「女児供述は誘導」と無罪判決…東京地裁(4日)毎日 | トップページ | 犯罪被害者支援 ひな形の条例案公開へ(4日)NHK »

2014年7月 4日 (金)

被災地からのDV相談 他地域の2倍近く(4日)NHK

国の補助事業で行われている困りごとの電話相談で昨年度に寄せられた延べ1400万件余りの相談内容を分析した結果、東日本大震災の被災地からの相談は、ほかの地域と比べて、全体に占めるDV=ドメスティックバイオレンスや性暴力の被害の相談割合が2倍近くに上ることが分かりました。

これは、厚生労働省などの補助を受け、被災者や一般の人たちの困りごとについて24時間、電話相談を受けている「よりそいホットライン」に、昨年度、寄せられた内容を分析した結果、分かったものです。
それによりますと、昨年度、被災地の岩手・宮城・福島の3県から寄せられた相談と、それ以外の都道府県からの相談を合わせた全体の件数は、前の年度に比べて333万件余り多い、延べ1421万件余りに上りました。
内容について、被災3県とそれ以外の都道府県に分けて、それぞれ、全体に占めるDVや性暴力の被害の相談割合を調べたところ、被災3県以外では、全体の4.8%でした。
一方、被災3県では、2倍近い全体の8.3%を占めることが分かりました。
分析を行ったお茶の水女子大学の戒能民江名誉教授は「被災地では、大震災を受けて家族の一体化が強調され、女性が性暴力やDVにあってもなかなか外に言えなかったが、震災から3年余りがたち、ようやく相談できるようになったのではないか」と話しています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140704/k10015732031000.html

« 強制わいせつ:「女児供述は誘導」と無罪判決…東京地裁(4日)毎日 | トップページ | 犯罪被害者支援 ひな形の条例案公開へ(4日)NHK »

ストーカー事件・DV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強制わいせつ:「女児供述は誘導」と無罪判決…東京地裁(4日)毎日 | トップページ | 犯罪被害者支援 ひな形の条例案公開へ(4日)NHK »