« 別ルートの名簿業者も取引 警視庁、実態解明へ (12日)共同 | トップページ | 舞鶴高1殺害事件、無罪が確定 遺族「真犯人を捜して」(12日)朝日 »

2014年7月12日 (土)

都内施設からデータ流出か=外部業者もアクセス可能-ベネッセ顧客情報流出(12日)時事

通信教育大手ベネッセホールディングス傘下のベネッセコーポレーションから顧客情報が大量流出した問題で、グループ企業が管理している東京都内の施設から情報漏えいした疑いがあることが12日、関係者への取材で分かった。
 警視庁は不正競争防止法違反容疑(営業秘密複製・開示)で、流出経路やデータベース(DB)へのアクセス権限を持つ関係者を調べている。
 ベネッセはDBの運用、管理を情報処理会社「シンフォーム」(岡山市)に委託。同社は業務をさらに複数の外部業者に再委託していた。
 再委託先の業者にもDBへのアクセス権限を持つ関係者がおり、ベネッセ社員以外でも顧客情報にアクセスすることは可能だったという。(2014/07/12-06:49)

Top_header_logo21
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

« 別ルートの名簿業者も取引 警視庁、実態解明へ (12日)共同 | トップページ | 舞鶴高1殺害事件、無罪が確定 遺族「真犯人を捜して」(12日)朝日 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 別ルートの名簿業者も取引 警視庁、実態解明へ (12日)共同 | トップページ | 舞鶴高1殺害事件、無罪が確定 遺族「真犯人を捜して」(12日)朝日 »