« 当て逃げの疑い 巡査部長を逮捕(14日)NHK 群馬 | トップページ | 研修医、病院に爆破予告=業務妨害容疑で再逮捕-島根県警(14日)時事 »

2014年7月14日 (月)

野田女児殺害「新証拠がある」再審請求(14日)日本テレビ

1979年、千葉県野田市で女子児童を殺害した罪などで有罪が確定した元被告の男性が、「新証拠がある」などとして再審・裁判のやり直しを求めた。
 この事件は、1979年に野田市で当時小学1年生の女子児童(当時6)が殺害されたもので、青山正さん(66・当時31)が逮捕され、殺人などの罪で懲役12年の判決が確定している。青山さんは刑期を終え、出所している。
 裁判では、遺体の近くにあった女子児童のカバンから名前が書かれた布片が切り取られ、それが青山さんの定期入れから見つかったことが最大の証拠とされていた。これについて弁護団は「捜査機関がカバンを別物にすりかえたことを示す新証拠がある」などとして14日、千葉地裁松戸支部に再審・裁判のやり直しを求めた。
 青山さんは会見で、「逮捕されたときから自分はやっていないと何回も言ったが、『おまえがやったんだろう』と言われた」と述べた。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2014/07/14/07255160.html

« 当て逃げの疑い 巡査部長を逮捕(14日)NHK 群馬 | トップページ | 研修医、病院に爆破予告=業務妨害容疑で再逮捕-島根県警(14日)時事 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当て逃げの疑い 巡査部長を逮捕(14日)NHK 群馬 | トップページ | 研修医、病院に爆破予告=業務妨害容疑で再逮捕-島根県警(14日)時事 »