« 障害者の娘に熱湯 逮捕の母親「約束守らず、いらいらした」 千葉(14日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2014年7月14日 (月)

ベネッセ情報流出 派遣社員が関与認める(14日)NHK

「ベネッセコーポレーション」の通信教育サービスを利用している顧客の個人情報が大量に流出した問題で、情報を持ち出した疑いがある顧客のデータベースの保守管理に当たっていた外部業者の派遣社員が、警視庁の任意での聴取に対し、関与を認めたことが分かりました。
警視庁は、不正競争防止法違反容疑での立件に向けて捜査を進めています。

この問題は、ベネッセコーポレーションの通信教育サービスを利用している子どもや保護者の名前や住所などおよそ760万件の個人情報が流出したもので、警視庁は、営業秘密に当たる顧客の個人情報を流出させた不正競争防止法違反の疑いで捜査を進めています。
これまでの調べなどから、ベネッセの顧客データベースの保守管理を委託されていた外部業者の派遣社員のシステムエンジニアが情報の持ち出しに関わった疑いが出ていますが、この派遣社員が警視庁の任意での事情聴取に対し、関与を認めたことが分かりました。
関係者などによりますと、派遣社員は、ベネッセのグループ会社「シンフォーム」の東京・多摩市にある事業所で、ベネッセから貸与されたパソコンを使ってデータベースにアクセスし、個人情報を複数回にわたってコピーしたとみられています。
社内調査でも、派遣社員のIDが使われてアクセスした際にデータがコピーされた痕跡が確認されているということです。
警視庁は、不正競争防止法違反容疑での立件に向けて捜査を進めています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140714/t10015993641000.html

« 障害者の娘に熱湯 逮捕の母親「約束守らず、いらいらした」 千葉(14日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 障害者の娘に熱湯 逮捕の母親「約束守らず、いらいらした」 千葉(14日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »