« 危険ドラッグ 1割以上が暴力や自傷行為(25日)日本テレビ | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2014年7月25日 (金)

捜査書類の届く店? 京都府警、また同じ店に誤送信(25日)共同

 京都府警宇治署が今月、個人情報が記載された捜査書類を京都市内の和菓子店に誤ってファクス送信していたことが24日までに分かった。京都府警では5月に下鴨署が事件被害者の個人情報を記した捜査書類を同じ店に誤って送信しており、今回も京都地検に送ろうとして番号を押し間違えたという。
 宇治署によると、交通課員が今月2日、道交法違反容疑で摘発した女性の氏名や住所などを記載した書類を誤送信した。京都地検には警察の専用回線で送信しているが地検とこの店の番号が同じで、署員が誤って外線で送信したという。直後に確認の電話をかけた際にミスに気付き、署員が書類を回収した。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20140725000036

« 危険ドラッグ 1割以上が暴力や自傷行為(25日)日本テレビ | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

不祥事案」カテゴリの記事