« 郵便ポスト7割が無許可 九州7県(4日)西日本 | トップページ | 看護師と偽り接近 被害者に知られ口論に 西宮・死体遺棄事件 (4日)共同 »

2014年7月 4日 (金)

ネットから子ども守る講演会(4日)NHK 茨城県

インターネットを通じて子どもがいじめや犯罪に巻き込まれるのを防ごうと、3日、茨城県筑西市の小学校で、保護者を対象にパソコンや携帯電話を利用する際の注意点を伝える講演会が開かれました。

この講演会は茨城県が開いたもので、筑西市の村田小学校の体育館には児童の保護者およそ100人が集まりました。
講演した県の指導員の古木恭子さんは「ネット上のやり取りは保護者の目が届きにくく、個人情報を流出させてしまったり、見知らぬ人と出会ったりするおそれがある」と指摘しました。
そのうえで、古木さんは、有害サイトへの接続を制限するフィルタリング機能を設定し、携帯電話やパソコンを使う時間を決めるなど、家庭でのルール作りが大切だと説明しました。
茨城県教育委員会が去年12月に県内の小学5年生と6年生を対象に行った調査では、およそ3分の1の児童が携帯電話を所有していたということで、集まった保護者は子どもが利用する際の注意点に耳を傾けていました。
保護者の1人は「インターネットは勉強にも役立ちますが、危険性もあることを子どもに伝えたい」と話していました。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140704/k10015735301000.html

« 郵便ポスト7割が無許可 九州7県(4日)西日本 | トップページ | 看護師と偽り接近 被害者に知られ口論に 西宮・死体遺棄事件 (4日)共同 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事