« 号泣県議「辞職も念頭に」 代表者会議が勧告 (7日)TBS | トップページ | 駅員をホームに蹴り落とす男も…鉄道員への暴力760件(7日)産経 »

2014年7月 7日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(7、8日単位・レベル)
違法ドラック
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010184 5日夜、東京・北区で信号を無視した乗用車が急発進してバイクやタクシーに衝突し男性2人にけがをさせた会社員の男(38)は脱法ハーブを使用しており、警視庁は過失運転傷害容疑で逮捕した。
 脱法ハーブと言えば、小山市で古着店を経営する男(32)ら二人が脱法ドラッグを販売する目的で貯蔵していたとして栃木県警に摘発されている。
 東京都では今月1日に改正薬物乱用防止条例を施行。薬事法上の「違法ドラッグ」だけでなく幻覚作用が強い8種類の薬物を「知事指定薬物」として新たに摘発対象とするなど取り締まりを強化している。
 警察庁によると平成25年に脱法ドラッグによる事件は125件176人を検挙。前年に比べて49件、64人の増加だという。
 同年の薬物全体の検挙人員は1万2951人。最も多い覚せい剤事犯の1万0909人と比較すればかなり低い数字だ。
 東京・池袋の繁華街で乗用車が暴走して8人が死傷した事件で逮捕された男が吸っていたという脱法ハーブは、実は法律で指定薬物として規制されている成分を含んでいなかった。
 このように脱法ハーブなど脱法ドラッグをめぐっては、規制対象外の新たな成分を使った「新種」が次々と出回り、規制が追いつかないのが現状だ。
 販売店では「お香」などとして売られており、とにかく「危険な薬物である」ことを周知徹底し利用させないことが先決である。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります。
 http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 号泣県議「辞職も念頭に」 代表者会議が勧告 (7日)TBS | トップページ | 駅員をホームに蹴り落とす男も…鉄道員への暴力760件(7日)産経 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 号泣県議「辞職も念頭に」 代表者会議が勧告 (7日)TBS | トップページ | 駅員をホームに蹴り落とす男も…鉄道員への暴力760件(7日)産経 »