« 捜査書類の届く店? 京都府警、また同じ店に誤送信(25日)共同 | トップページ | ストーカー、DVなどの相談件数が過去最多に 警視庁(25日)テレビ朝日 »

2014年7月25日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日単位・レベル)
懲戒処分者数減少
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010210今年上半期に全国の警察官が受けた懲戒処分者数は139人で前年同期に比べて57人少なく、過去5年間で最も少なかったことが警察庁のまとめで分かった。
 今月に入っては長野県警の警部と警部補ら4人が飲酒運転の疑いで運転手を書類送検する際、証拠の飲酒検知管をすり替えて偽造していたことが分かりいずれも停職処分になったほか、北海道警で出張旅費計約4万円を不正に受給したとして、警視を戒告処分にされるなどこのところ不祥事が目立っている。
 懲戒で最も多い処分は減給で62人。停職と戒告がそれぞれ30人で、最も重い「免職」処分は17人に留まった。
 都道府県別でみると処分者数では東京が18人。以下、大阪と岡山の11人、静岡と愛知の8人など。
 最も重い免職は福井、岐阜、京都がそれぞれ4人と続いた。くれぐれも言っておきますが警察官はパブリックサーバントです。欧米の警察官にとっては極めて高いひびきを持っています。川路大警視は「保傅」と言っています。
 
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります。
 http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 捜査書類の届く店? 京都府警、また同じ店に誤送信(25日)共同 | トップページ | ストーカー、DVなどの相談件数が過去最多に 警視庁(25日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 捜査書類の届く店? 京都府警、また同じ店に誤送信(25日)共同 | トップページ | ストーカー、DVなどの相談件数が過去最多に 警視庁(25日)テレビ朝日 »