« 元新聞配達員を再逮捕 県警 門司区、放火容疑(18日)西日本 | トップページ | 逃げた山中で低体温症で倒れ見つかる 窃盗容疑で男逮捕(18日)産経 »

2014年7月18日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(18、19日単位・レベル)
やはり防犯カメラ?
 【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010221一時は大阪や千葉などで認知件数のワーストを争った府県が、その後、懸命な抑止策を講じた「ひったくり」はこのところ減少傾向に入り、さらに検挙率が上がっている。防犯カメラ設置の充実などが街頭犯罪の抑止になっているのだろう。
 警察庁によると今年上半期(1~6月)の全国の認知件数は3131件で前年同期に比べて765件減少。逆に検挙率は72.5%と前年に比べて25.4ポイントも上がった。
 最も認知件数の多かったのは大阪で650件。今月に入っても7月8日には大阪市で2時間の間に5件も相次いだほかスマホを狙ったひったくりも続発しているという。
 その他で認知件数の多いのは神奈川の416件、東京362件、埼玉301件、兵庫247件と続いた。
 前年同期に比べて減少したのは千葉の-224件、埼玉-116件、大阪の-81件、奈良の-70件、神奈川の-63件など。
 25ポイント以上も上げた検挙率をみると、なんと奈良が790.9%を誇るほか、佐賀の350.0%、千葉の319.1%、栃木の192.3%、大分の133.3%の順だが、東京も118.1%など100%を越えた都府県が多い。
 今や防犯カメラは立派な〝犯罪抑止インフラ〟になっている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります。
 http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 元新聞配達員を再逮捕 県警 門司区、放火容疑(18日)西日本 | トップページ | 逃げた山中で低体温症で倒れ見つかる 窃盗容疑で男逮捕(18日)産経 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元新聞配達員を再逮捕 県警 門司区、放火容疑(18日)西日本 | トップページ | 逃げた山中で低体温症で倒れ見つかる 窃盗容疑で男逮捕(18日)産経 »