« ベネッセ情報流出 派遣社員が関与認める(14日)NHK | トップページ | 「一緒に寝よう」教え子の高2少女に不適切メール845通 男性教諭を懲戒免職 東京(14日)産経 »

2014年7月14日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日単位・レベル)
名乗っているようなもの
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

F1010150タンス預金を勧めるなどで顔見知りのコンサルティング会社経営の男ら2人が、なんと勧めたはずの被害者男性のタンスから2450万円を盗んだとして逮捕された。男たちは「銀行は金利が安い。たんす預金にして、すぐに運用できるようにした方がよい」と持ちかけた後で犯行におよんだ=共同通信
 まるで「捕まえて下さい」と言っているような「勘」を残した犯行。とてもコンサルティング会社経営とは思えない。
 こうした馬鹿馬鹿しい犯罪もあるが警察庁によると今年上半期の刑法犯認知件数は減少している。都道府県別の認知件数で 犯罪を抑止した県のベスト1が愛知で-5820件、2位が-5597件、3位が神奈川県-3618件、4位が埼玉で3242件、5位が茨城-1912件の順。逆に増加したのは大阪が突出しており+6209件となった。
 検挙率は全体的には前年を0.7ポイント低くなったが都道府県別で高い県をみると1位が秋田の61.2%、2位が山形の53.8%、3位が鳥取の51.4%、4位が島根の50.9%、5位が群馬の49.4%の順。
 低い府県は大阪の14.2%、京都の23.8%、愛知の24.7%、岐阜の25.3%、富山の27.6%など。
 検挙に勝る防犯無し-奮起を望みます。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります。
 http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« ベネッセ情報流出 派遣社員が関与認める(14日)NHK | トップページ | 「一緒に寝よう」教え子の高2少女に不適切メール845通 男性教諭を懲戒免職 東京(14日)産経 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベネッセ情報流出 派遣社員が関与認める(14日)NHK | トップページ | 「一緒に寝よう」教え子の高2少女に不適切メール845通 男性教諭を懲戒免職 東京(14日)産経 »