« 賭博売上金:「駐日ガーナ大使に毎月200万円手渡す」(30日)毎日 | トップページ | 大阪府警 全署で事件件数を過少報告 計8万件超(31日)NHK »

2014年7月30日 (水)

“ビットコイン消失”警視庁が本格捜査(30日)NHk

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引仲介会社が、管理していたビットコインが消失したとされる問題で、ビットコインは取り引きが成功しているのに、失敗しているように装って繰り返し取り引きさせる手口などによって、不正に引き出されていたことが警視庁の調べで分かりました。
警視庁は電子計算機使用詐欺の疑いで本格的な捜査を始めました。

この問題は、インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引を仲介する会社の「マウントゴックス」が、利用者から預かるなどしていた合わせて65万ビットコインが消失したとされるものです。
相談を受けた警視庁が、会社へのアクセス記録などを詳しく調べたところ、ビットコインの取り引きが成功しているのに、失敗しているように装って繰り返し取り引きさせたり、会社が管理していた利用者の口座の残高を何らかの方法で引き上げて、その差額を引き出したりする手口で、少なくともおよそ2万7000ビットコイン、現在のレートでおよそ16億円分が引き出されていたことが分かりました。
ビットコインの引き出しは3年前から去年にかけて頻繁に繰り返されていて、警視庁は何者かが不正に引き出したと判断し、電子計算機使用詐欺の疑いで本格的な捜査を始めました。
一方で、残りの60万以上のビットコインについては、不正に引き出されたかどうかも含め分かっておらず、警視庁は、マウントゴックス社から改めて関連資料の提出を受けるなどして、詳しいいきさつを調べる方針です。

News_pic1_2
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140730/k10013412881000.html

« 賭博売上金:「駐日ガーナ大使に毎月200万円手渡す」(30日)毎日 | トップページ | 大阪府警 全署で事件件数を過少報告 計8万件超(31日)NHK »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 賭博売上金:「駐日ガーナ大使に毎月200万円手渡す」(30日)毎日 | トップページ | 大阪府警 全署で事件件数を過少報告 計8万件超(31日)NHK »