« 「強い揺れや津波 引き続き注意・警戒を」(12日)NHK | トップページ | 都内施設からデータ流出か=外部業者もアクセス可能-ベネッセ顧客情報流出(12日)時事 »

2014年7月12日 (土)

別ルートの名簿業者も取引 警視庁、実態解明へ (12日)共同

通信教育大手ベネッセコーポレーションから流出した顧客データが、IT事業者「ジャストシステム」(徳島市)の入手ルートとは別に、複数の名簿業者の間で取引されていたことが12日、関係者への取材で分かった。
 ジャスト社以外の企業にも大量の個人情報が出回った可能性がある。警視庁は名簿業者からの事情聴取を始めており、取引の実態解明を進めるとともに、流出の詳しい経緯を調べる。
 東京都内の名簿業者によると、今年4月ごろに別の業者から「800万件の子どものデータを買わないか」と持ち掛けられた。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014071201001021.html

« 「強い揺れや津波 引き続き注意・警戒を」(12日)NHK | トップページ | 都内施設からデータ流出か=外部業者もアクセス可能-ベネッセ顧客情報流出(12日)時事 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「強い揺れや津波 引き続き注意・警戒を」(12日)NHK | トップページ | 都内施設からデータ流出か=外部業者もアクセス可能-ベネッセ顧客情報流出(12日)時事 »