« 2014年7月29日 | トップページ | 2014年7月31日 »

2014年7月30日

2014年7月30日 (水)

“ビットコイン消失”警視庁が本格捜査(30日)NHk

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引仲介会社が、管理していたビットコインが消失したとされる問題で、ビットコインは取り引きが成功しているのに、失敗しているように装って繰り返し取り引きさせる手口などによって、不正に引き出されていたことが警視庁の調べで分かりました。
警視庁は電子計算機使用詐欺の疑いで本格的な捜査を始めました。

この問題は、インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引を仲介する会社の「マウントゴックス」が、利用者から預かるなどしていた合わせて65万ビットコインが消失したとされるものです。
相談を受けた警視庁が、会社へのアクセス記録などを詳しく調べたところ、ビットコインの取り引きが成功しているのに、失敗しているように装って繰り返し取り引きさせたり、会社が管理していた利用者の口座の残高を何らかの方法で引き上げて、その差額を引き出したりする手口で、少なくともおよそ2万7000ビットコイン、現在のレートでおよそ16億円分が引き出されていたことが分かりました。
ビットコインの引き出しは3年前から去年にかけて頻繁に繰り返されていて、警視庁は何者かが不正に引き出したと判断し、電子計算機使用詐欺の疑いで本格的な捜査を始めました。
一方で、残りの60万以上のビットコインについては、不正に引き出されたかどうかも含め分かっておらず、警視庁は、マウントゴックス社から改めて関連資料の提出を受けるなどして、詳しいいきさつを調べる方針です。

News_pic1_2
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140730/k10013412881000.html

| コメント (0)

賭博売上金:「駐日ガーナ大使に毎月200万円手渡す」(30日)毎日

駐日ガーナ大使(55)が借りた、東京・渋谷のビルの一室でバカラ賭博が行われていた事件で、賭博開帳図利容疑で逮捕された複数の日本人カジノ従業員が、警視庁保安課の調べに「売り上げのうち毎月200万〜300万円を大使公邸などで直接大使に手渡した。また、みかじめ料として暴力団に毎月数十万円を支払った」と供述していたことがわかった。関係者によると、大使には逮捕や起訴を免れる外交特権があり、捜査でこれ以上の真相解明は難しい状況だが、ガーナ政府は日本側に大使を交代させる意向を伝えているという。
 保安課によると、カジノでの賭博は約2年前から行われ、約800人の客から総額2億円を売り上げたとみられる。同課は3月に日本人従業員10人を逮捕、このうち6人が起訴された。
 大使はこれまでに3回、同課の任意聴取に応じ、「部屋は自分が借りたが、賭博については知らない」と関与を否定。しかし、逮捕された複数の日本人従業員は、「賭博の売り上げから、毎月200万〜300万円を大使公邸や渋谷区内の飲食店で、大使に直接渡していた」などと供述したという。【林奈緒美】

Logo_mainichi_s1_2http://mainichi.jp/select/news/20140731k0000m040087000c.html

横浜国大名誉教授傷害致死、妻が起訴内容認める (30日)TBS

横浜国立大学の名誉教授の夫を殴り死亡させた罪に問われた女の初公判が開かれ、女は「間違いありません」と起訴内容を認めました。
 廣瀬恵美子被告(62)は去年8月、神奈川県伊勢原市の自宅で、夫の横浜国立大学名誉教授、廣瀬靖雄さん(当時70)をマグカップなどで顔や胸などを殴り、死亡させた傷害致死の罪に問われています。
 30日、横浜地裁小田原支部で開かれた初公判で、恵美子被告は「間違いありません」と起訴内容を認めました。
 検察側は冒頭陳述で、「恵美子被告は、靖雄さんの別の女性との浮気を疑い、懲らしめたいと思い犯行に及んだ」と指摘。一方、弁護側は、「恵美子被告は当時、精神障害があり、責任能力がなかった」と無罪を主張しました。(30日16:53)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2262693.html

大麻栽培 サーファー2人を逮捕(30日)産経

神奈川県横須賀市のプレハブ小屋で大麻草41本を育てたなどとして、神奈川県警は30日、大麻取締法違反(営利目的栽培と営利目的所持)の疑いで、同市長井、無職、阿久津潮容疑者(62)と同市野比、無職、大垣海容疑者(31)を現行犯逮捕した。
 大麻草のうち26本は、高さ4メートル以上に成長しており、小屋の中で犬6匹を飼育していた。
 2人はサーフィン仲間。「自分で吸うためだった」と供述しているが、県警では、販売目的とみて追及している。

Msn_s1_3http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140730/crm14073019290021-n1.htm

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日単位レベル)
すべて家庭にある
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010228 長崎県佐世保市の高1女子生徒(15)が殺された事件で逮捕された16歳の女子高生にはサインが出ていた-
 女子高生の母は昨年病死。その後、父親とはトラブルが絶えず今年春ごろ就寝中の父親を金属バットで殴り頭蓋骨を陥没骨折させた。
 それだけではない。小学時代には友達の給食に遺物を混入して大騒ぎになる〝事件〟を起こしたほか猫を解剖、人体にも興味を持っていたという。そして今回、殺害後に腹を切り開くなどの残忍な犯行に及んだ。
 諸悪の根元は家庭環境。中でも女子高生を1人で住まわせた父親だ。願わくば家庭-学校の連携がほしかった。
 警察庁によると平成25年の家庭内暴力の認知件数は1806件で過去10年間で最悪の数字だという。暴力が多いのは中学生で805件。以下、高校生が579件、無職少年176件と続くが、小学生による家庭内暴力も122件あった。
 相手は母親が圧倒的に多く1066件。以下、物に対しては296件、父親や兄弟に対しては154件、同居の親族が128件と続いた。
 原因で多いのは、「しつけや親の態度に反発する」が1155件。物の購入に反対されたからが168件あり、その他理由もなくての暴力も160件あった。突き詰めれば家庭崩壊は様々な事件へと繋がる。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります。 
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

児童買春の疑い、沖縄県の教育事務所長を逮捕 容疑否認(30日)朝日

中学生の少女(14)を買春したとして、沖縄県警は30日、同県沖縄市松本3丁目、県教委中頭教育事務所長の浜口茂樹容疑者(59)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで逮捕し、発表した。県警によると、「18歳未満とは思わなかった。性行為もしていない」と容疑を否認しているという。
 県警によると、浜口容疑者は4月26日、沖縄市内のホテルで、18歳未満と知りながら県内の少女に現金1万数千円を渡し、みだらな行為をした疑いがある。ホテルに入ったことは認めている、と県警は説明している。インターネットの出会い系サイトを通じて知り合ったという。
 県教委によると、浜口容疑者は小学校や中学校の校長などを歴任し、今年4月から中頭教育事務所長に就いていた。県教委は「驚いている。事実であれば大変遺憾でとても残念」としている。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASG7Z3FS3G7ZTPOB001.html

| コメント (0)

不正アクセスで野球観戦券入手=転売目的、容疑で男送検-警視庁(30日)時事

プロ野球日本シリーズのチケットを転売目的で購入するため、他人のIDとパスワードを悪用してチケット販売会社に不正アクセスしたなどとして、警視庁生活安全特別捜査隊などは30日、不正アクセス禁止法違反容疑などで、無職の男(38)=東京都文京区=を書類送検した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は2013年10月、野球観戦で知り合った60代会社員男性=埼玉県越谷市=のIDとパスワードを使って無断で、日本シリーズのチケット12枚の予約、購入手続きを行うなどした疑い。(2014/07/30-12:27)

Top_header_logo21
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0)

爆発物?中身は弁当殻 新東名・掛川PA、一部封鎖し処理(30日)共同

29日午前9時50分ごろ、新東名高速道路上り掛川パーキングエリア(PA)の駐車場に不審なビニール袋が置いてあると同PA従業員が県警高速隊員に通報した。危険物である可能性があり、県警機動隊爆発物処理班が出動し、同PAの一部を封鎖して調べた。入っていたのは弁当殻や空き瓶などのごみだった。ビニール袋は半透明で紙袋と二重になっていたため、中身が見えなかった。

2010_0123_11120247newslogo1_3
http://www.at-s.com/news/detail/1124306476.html

男児の口に粘着テープ 志摩の教諭が授業中貼る(30日)共同

三重県志摩市内の小学校で40代の男性教諭が、担任する4年生の男子児童の口を布製粘着テープでふさいだり、げんこつを頭部に押し当てていたことが分かった。児童にけがはない。市教育委員会は体罰事案として県教委に報告した。
 市教委によると、教諭は6月6日、国語の授業中に私語をやめるよう男児に注意したが、従わなかったため長さ10センチほどのテープを口に貼り付けた。すぐに男児がはがしたため、再度、頭部を1周するようにテープを巻いた。
 今月3日にも同じ児童に対し、同様にテープで口をふさいだ。翌日、保護者から問い合わせがあって学校が把握した。
 教諭は今春から男児の学級担任になり、頭部にげんこつを押し当てたり、授業中に教室のベランダに出して鍵を掛けたりしたこともあったという。
 市教委の聞き取りに対し、教諭は「事の重大さを認識していなかったが、今は自分がしたことを反省している」と話している。 (中日新聞)

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014073090114510.html

| コメント (0)

路上生活者2人殺傷 直前に口論の男逮捕(30日)NHK

月7日、東京・渋谷の繁華街で路上生活者の男性ら2人が刺されて、1人が死亡し、もう1人も大けがをした事件で、警視庁は別の路上生活者の男を殺人などの疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、住所不定、無職の岡崎※くに夫(62)容疑者です。
この事件は、今月7日、渋谷区神南の歩道で住所不定、無職の本間聡さん(52)と友人の54歳の男性が太ももや腹などを刃物で刺され、本間さんが死亡したほか、友人の男性も大けがをしたものです。
警視庁によりますと、本間さんは路上で生活をしていて、刺される直前に別の男と口論になっていたことから、警視庁はこの男が刺したとみて行方を捜していました。その結果、今月18日に港区内のコンビニエンスストアで缶ビールなどを万引きしたとして逮捕された岡崎容疑者が、2人を刺したことを認めたということで、殺人などの疑いで逮捕しました。警視庁によりますと、岡崎容疑者は調べに対し容疑を認め、「雨が降っていて屋根のある場所で先に寝ていたら、あとから来た本間さんらに『どけ』と言われて頭に来て刺した」などと供述しているということです。
※「くに」は邦の右側が手へん

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140730/n65517510000.html

| コメント (0)

危険ドラッグ:福岡・宗像市職員を逮捕 所持容疑(30日)毎日

福岡県警宗像署は30日、「危険ドラッグ」と呼ばれる指定薬物を所持したとして、同県宗像市商工観光課観光係長、井上賢司容疑者(43)を薬事法違反(指定薬物の所持)容疑で逮捕した。「自分で使うために持っていた」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は4月20日午前1時10分ごろ、宗像市王丸の路上で、厚生労働省が指定する指定薬物の一種「亜硝酸イソブチル」などの液体が入った瓶3本(計約20ミリリットル)を所持したとしている。
 宗像署によると、井上容疑者が運転する乗用車が蛇行運転しているのに署員が気づき、路肩に停車させ職務質問した際に車内から瓶が見つかった。鑑定の結果、指定薬物と判明したという。今年4月に薬事法が改正され、指定薬物は医療や研究目的以外で所持や使用が禁止されている。
 宗像市人事課は「職員がこのような不祥事を起こし、深くおわび申し上げる。再発防止のため、厳正に対処したい」とコメントした。【前谷宏】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20140730k0000e040235000c.html

| コメント (0)

パトカーに追跡されたバイクが電柱衝突、少年死亡 (30日)TBS

29日夜、埼玉県深谷市で、パトカーに追跡され、逃走中のオートバイが、自転車の男性をひいてけがをさせたうえ、電柱に衝突しました。オートバイを運転していた18歳の少年は死亡しました。
 29日午後9時前、深谷市の路上で、エンジンの爆音を立てて走行しているオートバイを埼玉県警のパトカーが見つけ、停止を求めたところ、オートバイはそのまま逃走しました。パトカーは赤色灯を鳴らしながら追跡しましたが、オートバイは対向車線を逆走したり、信号無視を繰り返すなどして、900メートルほど逃走しました。そして、交差点で自転車の男性(68)をはねて、そのまま道路脇の電柱に衝突しました。自転車の男性は軽傷でしたが、オートバイを運転していた熊谷市に住む18歳の少年は、頭を強く打ち、まもなく死亡しました。
 パトカーには深谷警察署の地域課の警察官2人が乗っていましたが、深谷警察署の橋本元副署長は「現時点、追跡行為は適正な職務執行であったと考えています」とコメントしています。(30日10:55)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2262381.html

宮崎でニセ警官 「あなたの通帳が見つかったので伺います!」(30日)西日本

宮崎県警によると、「宮崎県警本部のタニグチ」と名乗る男から、宮崎市内の複数の市民宅に、「都城署管内で通帳詐欺事件があり、捜査したら、あなた名義の通帳とカードが出てきた」と切り出し、「今からお宅に伺って捜査します」との電話をかける事件が複数回発生している。同県警は「悪質な振り込め詐欺」として捜査している。

=2014/07/29 西日本新聞=http://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/104406

群馬で700万の詐欺被害 介護ロボット販売装う(30日)産経

群馬県警伊勢崎署は29日、同県玉村町の無職女性(59)が、介護用ロボット販売会社の社員を名乗る男らに現金700万円をだまし取られたと発表した。
 署によると、女性宅に17日、介護用ロボット販売会社のパンフレットが届き、24日に「お宅からロボットの注文があった。代金を払ってください」と男から電話があった。
 女性は身に覚えがなく拒否したが「インサイダー取引の犯人になる。金を払えば問題は解決する」と言われ、その後2回にわたり、現金計700万円を玉村町のコンビニ店から宅配便で送付。知人に相談し、詐欺と気付いた。

Msn_s1_2http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140730/crm14073000260003-n1.htm

| コメント (0)

石狩で不審文書の送付相次ぐ 市が注意喚起「連絡しないで」(30日)北海道

 【石狩】市の消費生活相談窓口に「民事訴訟告知通知書」と題した文書の相談が相次いでいる。市は「不安に思って送り主に電話をすれば、言葉巧みにお金を振り込ませようとするだろう。絶対に連絡しないで」と呼び掛けている。
 市によると、相談は23日に2件。いずれも市内の高齢女性からあった。文書は送り主の記載がない茶封筒で22日、普通郵便で届いたという。同一の相談が同じ日に複数あったのは、データの残る過去2年間で例がなく、市は「市内全域に送られている可能性がある」と危惧する。
 文書はA4用紙2枚に、「民事訴訟裁判が執り行われ、請求および財産差し押さえに関する手続きが開始された」「連絡がない場合は財産の差し押さえが執行される。異議がある場合は連絡するように」などと書かれている。連絡先は東京都内の電話番号だった。
 市は「訴訟関連の文書は本来、裁判所の名が入った封筒で送られてくる」と指摘。さらに、具体的な請求根拠が書かれていないのもおかしいとした上で「無視するのが有効だが、不安な場合は相談をして」と呼び掛けている。相談は市広聴・市民生活課(電)0133・72・3153。(上野香織)

Logo1
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/553917.html

 

| コメント (0)

ネット情報錯綜、生徒たちの痛み増幅 佐世保同級生殺人(30日)朝日

 「殺しちゃったんだけど」。こんな題名の書き込みがインターネット上の掲示板に表れた。
 長崎県佐世保市の県立高校1年の女子生徒(15)が殺害された26日夜のことだ。赤い血に染まった手にも見える写真が同時にアップされた。そばの書き込みには「出血はそんなにしていない」との言葉。
 翌27日早朝、この女子生徒を殺害した容疑でクラスメートの少女(16)が長崎県警に逮捕された。ツイッター上の赤い手の写真は、実際の事件と関連づけられ、一気に拡散した。
 長崎県警は、27日の段階から、この写真が事件と関連する可能性は低いとみている。背景の部屋の様子などが事件の現場とは異なっていたからだ。
 「佐世保、高1、殺人」。市内の高1の女子生徒は27日、あるツイッターの投稿に気づいた。思わずリンク先をクリックすると、血の付いた手のページが出た。「これ犯人なのかな」。そうメッセージをつけて、リツイート(転載)してしまった。
 「本物だと信じ込んでいたけど、『釣り』(だますためにうそを書き込むこと)だと後にツイッターで流れてきた。本当か分からないのに、拡散させちゃった」と後悔する。
 逮捕された少女と同じ高校の1年生男子は28日夜、自宅のベッドに寝転んでいるとき、スマートフォンに「加害者の顔写真」というメッセージを受けた。自分が入る無料通話アプリ「LINE(ライン)」のグループあてだった。「こんな人なんだ」。そのときはそう思ったが、すぐに気味が悪くなった。「なんでこんなのが拡散するんだろう」
 少女らが通っていた学校は28日、事件を受け全校集会を開いた。だが、10人の生徒が欠席。2人と同じ1年生3人の保護者からは「事件で不安定になっているので欠席させたい」と連絡があったという。
 学校に着いても教室に入れない生徒や、集会の途中で体調不良を訴える生徒もいた。計25人がスクールカウンセラーの面談を受け、このうち18人はカウンセリングの継続が必要だと判断された。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://www.asahi.com/articles/ASG7Y5D0TG7YTIPE021.html

| コメント (0)

AKB襲撃容疑者、鑑定留置延長 9月2日まで(30日)共同

岩手県滝沢市で5月にアイドルグループ「AKB48」のメンバーらが切りつけられた事件で、盛岡地検は29日、殺人未遂容疑で逮捕、送検されていた青森県十和田市の無職梅田悟容疑者(24)の鑑定留置の延長を盛岡簡裁に請求し認められたと発表した。28日付で、期間は9月2日まで。
 梅田容疑者の責任能力の有無を調べるための鑑定留置は6月6日から7月29日までの予定だったが、地検によると、鑑定医から「さらに期間を要する」と報告があったという。
 事件は5月25日に発生。梅田容疑者はメンバーの川栄李奈さんら2人に重傷を負わせ、男性スタッフにもけがを負わせたとして逮捕された。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014072901001837.html

| コメント (0)

JR浦和駅で段ボール燃やし逃走、防犯カメラを解析 (30日)TBS

29日、JR浦和駅の構内で何者かが段ボールを燃やして逃げる事件がありました。けが人はいませんでしたが、警察は防犯カメラを解析するなど捜査を進めています。
 29日午後6時過ぎ、さいたま市のJR浦和駅構内で「段ボールを燃やして逃げた人がいる」と110番通報があり、警察と消防が駆けつけると空の段ボール1箱が燃えているのが見つかりました。火はすぐに消し止められ、けが人や電車の運行への影響もありませんでした。
 20代から30代の人物が駅の構内に段ボールを持ち込み、火を点けて逃げていくのが目撃されていたということで、警察は駅の防犯カメラの解析などを進め行方を追っています。(29日22:43)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2262195.html

中核派アジト 前進社に警視庁が家宅捜索 江戸川区(30日)テレビ朝日

東京の江戸川区役所に嘘の住民異動届を出したとして63歳の男が逮捕された事件で、警視庁公安部は、男が所属する過激派・中核派のアジトに家宅捜索に入りました。
 捜索を受けているのは、江戸川区にある中核派のアジト「前進社」です。中核派活動家の竹吉重雄容疑者(63)は去年、江戸川区役所で、非合法活動家の60代の男の嘘の住民異動届を提出した疑いで24日に逮捕されました。取り調べに対し、竹吉容疑者は黙秘しています。警視庁公安部は、資料を押収するなどして非合法活動家の男の行方を追っています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000031579.html

| コメント (0)

元住み込み従業員を逮捕 簡易宿泊所に男性遺体(30日)テレビ朝日

東京・台東区の簡易宿泊所でポリ袋に包まれた遺体が見つかった事件で、元従業員の男が死体遺棄の疑いで逮捕されました。
 無職の高野敦男容疑者(59)は2011年12月から今年6月にかけて、簡易宿泊所に山口栄次さん(81)の遺体を遺棄した疑いが持たれています。警視庁によりますと、高野容疑者は宿泊所の元従業員で、住み込みで清掃係をしていました。
 遺体の発見者:「『高野』って掃除の責任者。7、8年いた人がいなくなっちゃったわけよ」
 取り調べに対し、高野容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000031633.html

2009_1229_211958annlogo1

無理心中か 3歳児と母死亡、車内から練炭 東京・あきる野(30日)産経

29日午後5時15分ごろ、東京都あきる野市牛沼の市道で、「乗用車内に人が倒れている」と近くを散歩していた男性から119番通報があった。救急隊が駆けつけたところ、車内から同市上代継の無職女性(38)と、その長男(3)の遺体が見つかった。警視庁福生署によると、車はカギがかけられ、車内から練炭と車のキーが見つかったことなどから、同署は女性が無理心中を図ったとみている。
 同署によると、2人は車内の後部座席に倒れていた。一酸化炭素中毒の状態だったとみられ、同署が死因を調べている。
 29日午前1時ごろ、女性の夫が同署に「28日夜に家を出た妻と長男が帰ってこない。車もなくなっている」と相談し、2人の捜索願を出していた。女性は長男と夫と3人暮らし。遺書のようなものは見つかっていないという。

Msn_s1http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140730/crm14073000480004-n1.htm

| コメント (0)

« 2014年7月29日 | トップページ | 2014年7月31日 »