« 2014年7月25日 | トップページ | 2014年7月27日 »

2014年7月26日

2014年7月26日 (土)

無言で襲撃、計画的犯行か 北九州の女性刺傷事件(26日)共同

北九州市八幡西区で女性会社員(48)が2人組の男に刺され軽傷を負った事件で、2人は駐車場で車を降りた直後の女性に背後から無言で近づき襲っていたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。
 福岡県警は、当初から女性を狙った計画的な犯行で、事前に下見もしていた可能性があるとみている。手口から暴力団員の関与の可能性が高いとみて、不審者の目撃情報を集めている。
 また県警は26日、今回の事件について、昨年12月に市漁業協同組合長の上野忠義さん=当時(70)=が銃撃され殺害された事件などを挙げ「関連性も視野に入れて捜査を推進していく」とのコメントを出した。

2010_0123_11120247newslogo1_4http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014072601001529.html

| コメント (0)

熱中症で1381人搬送 5人死亡(26日)NHK

NHKが各地の消防などに取材して午後5時現在でまとめたところ、26日に熱中症とみられる症状で病院に運ばれた人はすべての都道府県で少なくとも1381人に上り、5人が死亡、5人が意識不明の重体となっています。

NHKが各地の消防や警察に取材して午後5時現在でまとめたところ、26日に熱中症とみられる症状で病院に運ばれた人は、▽埼玉県が93人、▽千葉県が90人、▽愛知県が78人など、すべての都道府県で合わせて少なくとも1381人に上っています。
▽香川県丸亀市では26日午前、82歳の男性が自宅で意識を失っているのが見つかり、病院に運ばれましたがその後死亡し、▽兵庫県豊岡市では81歳の男性が水田で死亡しているのが見つかるなど、5つの県で合わせて5人が熱中症とみられる症状で死亡しています。
このほか、千葉、愛知、愛媛、熊本、宮崎の合わせて5つの県で5人が意識不明の重体となっています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140726/k10013315721000.html

| コメント (0)

さい銭箱盗難:大槌町でまた 壊され発見(26日)毎日

東日本大震災で町長や町職員計40人が犠牲になった岩手県大槌町で26日、旧役場庁舎前に置かれたさい銭箱が壊されているのが見つかった。これまでも同様の被害に複数回遭っている。盗まれたとみられ、県警釜石署が窃盗事件として調べている。
 さい銭箱を管理する地元住民グループによると、同日午前5時ごろ、パトロール中の警察官がさい銭箱がないことに気づき、約20メートル離れた仮設トイレ近くで見つけた。バールのようなもので壊され、ひっくり返された状態だった。紙幣約2万円分と硬貨約700円分が残っていたという。
 さい銭箱は献花台などの囲いを作る費用のために設置。同グループによると、6月11日と今月中旬にも壊された。このため固定していたネジ8本を長いものに替え、センサーで感知して点灯する照明をつけたという。だが度重なる被害に「これ以上、対応方法がない」と嘆いている。
 旧役場庁舎で税務課職員だった一人娘の芳子さん(当時33歳)を津波で亡くした上野ヒデさん(72)は「怒りを通り越して情けないし、恥ずかしい。人間のすることでしょうか」と話した。【中田博維】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20140727k0000m040030000c.html

| コメント (0)

ナンペイ事件19年…射殺された女子高生の冥福祈る 母校で追悼礼拝(26日)産経

東京都八王子市のスーパー「ナンペイ大和田店」で平成7年7月、アルバイトの女子高生ら3人が射殺された強盗殺人事件から30日で19年を迎えるのを前に、被害者の桜美林高校2年、矢吹恵さん=当時(17)=の同級生らが26日、町田市常盤町の桜美林中学校で追悼礼拝を行い、冥福を祈った。
 矢吹さんの遺影を前に、約15人が賛美歌を斉唱。事件当時、矢吹さんの学年主任だった桜美林中の伊藤孝久教頭(63)は「毎年この時期になると、彼女の顔を思い出す。事件の歯車が止まっている気がしてもどかしくてならない」と沈痛な表情で語った。
 事件をめぐっては、実行犯を知る可能性があるとしてカナダから移送された何亮被告(43)=別の旅券法違反罪で公判中=は「八王子事件については何も知らない」と主張。新たな手かがりが見つからないまま9月18日に判決公判が開かれる。
 矢吹さんの中学・高校の同級生の鷹野めぐみさん(36)は「昨年の礼拝のころには『何亮被告が事件について何か知っていて、次の礼拝では矢吹さんに良い報告ができるかもしれない』と思っていた。何も進展がなく残念でならない」と肩を落としていた。

Msn_s1_4
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140726/crm14072616130011-n1.htm

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日単位・レベル)
新時代の犯罪対処
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

F1010227_2 警視庁はストーカーやDVだけでなく子どもや高齢者が虐待されたり、全国で1600人もいると言われている所在不明の子供などの事案に対し対応を強化することにした。
 報道によると、これまでの「ストーカー・DV総合対策本部」を拡充して「人身安全総合対策本部」を設置するもので、高綱直良警視総監は「事態が急展開して重大事案に発展する恐れが極めて高い」事犯に対する対処の拡充と言う。
 警察庁によると平成25年の児童虐待検挙件数は467件で、過去10年間で最悪だった前年より5件減少しただけだった。虐待の最も多いのは身体的虐待で334件もあった。
 近年はストーカー事案が増加しており、全国の警察が平成25年に認知した件数は2万1089件で過去10年で最悪となった。
 一方、警視庁によると平成24年のストーカー相談は1437件で前年を444件上回り過去5年間で最悪。DVの相談は2805件で前年を463件も上回った。
 児童虐待では、児童相談所が情報提供を受けて係員が訪問したにもかかわらず「教育です」と言われて引き揚げて事件に発展した事例もあった。
 子供の異常な泣き声など具体的な事実を元に情報提供しているのにもかかわらず、張り込みや監視もしないで親の言うがままに「あっ、そうですか」と引き揚げる児童相談所の係員は言語道断。
 それに近年は、身代金目的の誘拐事件は姿を消したが、「可愛から」と路上から児童を拉致して自宅に監禁するという事案が多くなっており、重大事案も疑われる18歳未満の所在不明の子供が1603人もいるなど(産経新聞)過去と比べて犯罪の形態が変わっているのが現状だ。
 中には「自分の妻にしようと思った」などとゲーム社会のアニメキャラクター感覚の犯罪であり、刑事にとっては「勘」が取れない事件が多くなっている。
 刑事の技量もさることながら、ひとつひとつ〝手作り〟の対処が求められており、警視庁の対処法に期待したい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります。
 http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

「パワハラ受け限界」遺書残し横手市職員自殺 派遣先で(26日)朝日

秋田県後期高齢者医療広域連合に派遣された横手市職員の男性(当時46)が6月、「上司のパワハラに追いつめられた」とする遺書を残して自殺していたことがわかった。横手市は24日、広域連合側に文書で調査を依頼し、連合側は事務局長と総務課長を除く全職員18人に聞き取りをして、9月末をメドに回答するとした。
 遺族によると、男性は6月16日午後、自宅で首をつって死亡している状態で見つかった。遺書には、離婚して別れて暮らす子どもらに向けた言葉がつづられていたが、末尾には「2カ月余り、上司にパワーハラスメントを受け、精神的に追いつめられました。もう居場所もなく、ここに至りました。もう、限界なんです」とあった。
 男性は今年4月、秋田市にある広域連合の総務課に2年の任期で派遣された。広域連合の事務局長や総務課長によると、男性が亡くなる約1週間前から、総務課内で入札の書類に記入する数字の取り違えなど業務上のミスが頻発。課長補佐だった男性が部下のミスも含めて、総務課長にたびたび注意されたり、叱られたりしていたという。

Logo2_2http://www.asahi.com/articles/ASG7T55W8G7TUBUB00H.html

指定薬物も複数種製造 能登島の危険ドラッグ工場 (26日)共同

 七尾市能登島半浦(はんのうら)町の倉庫で危険ドラッグが製造されていた事件で、東海北陸厚生局麻薬取締部が押収した薬物の中に、「5F―AKB48」の名称で販売されていた「アピナカ」と呼ばれる指定薬物があったことが25日、捜査関係者への取材で分かった。麻薬取締部は、ほかにも指定薬物の可能性がある製品を押収しており、工場となった倉庫は複数種の薬物を製造する拠点だった疑いがあるとみて鑑定を急いでいる。
 麻薬取締部は6月26日、七尾市後畠町、映像クリエーター岡田実容疑者(43)=麻薬取締法違反(麻薬の輸入)などの容疑で逮捕済み=の実家近くにある能登島半浦町の倉庫などを家宅捜索。「XLR―11」と呼ばれる麻薬約430グラムや指定薬物「4―フルオロメトカチノン」約20グラムのほか、複数種の薬物を押収した。その後の鑑定の結果、その中の一つが指定薬物のアピナカだったことが判明した。
 アピナカは化学物質の構造などから「5F―AKB48」と呼ばれている。国内では2012年7月に指定薬物として規制され、販売、使用が禁止となった。英国など海外では現在も購入できるという。
 東京都内のハーブ販売店によると、数年前までは国内でも「AKB48」という危険ドラッグが販売されていた。男性店員は「よく売れるハーブは指定薬物に規制された後も、成分の化学式を変えて流通するケースが多いが、『AKB48』は規制後は目にすることが少なくなった」と話した。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20140726101.htm

| コメント (0)

脱法ドラッグ所持 容疑の警察官逮捕 愛知(26日)産経

愛知県警は26日、危険ドラッグを所持していたとして、薬事法違反の疑いで、同県扶桑町、津島署交通課巡査部長、北折学容疑者(44)を逮捕した。
 逮捕容疑は25日午後2時半ごろ、岐阜県羽島市内で「MN-18」と呼ばれる指定薬物を所持したとしている。県警によると、容疑を認めているという。
 県警は「危険ドラッグが社会的に大きな問題となっている中、警察官が逮捕されたことは誠に遺憾で深くおわびする」とのコメントを出した。

Msn_s1_3http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140726/crm14072615520010-n1.htm

| コメント (0)

映画プロデューサーを再逮捕=1億5000万円詐取容疑-警視庁(26日)時事

映画プロデューサーで映画制作会社「ビーワイルド」代表取締役の若杉正明容疑者(49)が逮捕された事件で、警視庁渋谷署は26日、海外で制作された映画への投資名目でも現金1億5000万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で若杉容疑者を再逮捕した。同容疑者は「だますつもりはなかった」と否認しているという。
 逮捕容疑は、海外で制作された映画の日本国内での配給権がないのに、「配給権を持っている。間違いなく大ヒットし、投資額の3~4倍になる」などとうそを言い、2008年9~12月、東京都港区の会社役員男性(48)から現金計1億5000万円を詐取した疑い。
 同署によると、配給権契約の合意はあったが、若杉容疑者側が代金を支払わなかったため成立しなかった。同署は、詐取した現金は個人的な負債の返済に充てられたとみている。(2014/07/26-11:56)

Top_header_logo21_2
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0)

北九州で女性会社員襲われけが 漁協組合長殺人の関連捜査(26日)共同

25日夜、北九州市で女性会社員(48)が2人組の男に刃物で刺されけがをした。昨年12月に何者かに銃撃され殺害された市漁業協同組合長(当時)の上野忠義さん=当時(70)=の親族が経営していた会社に女性が勤務していたとの情報もあり、福岡県警が、暴力団の関与も視野に関連を捜査している。
 県警によると、女性は25日午後10時10分ごろ、同市八幡西区折尾の駐車場で、2人組の男に背後から突き飛ばされた後、腰と肩を刃物で刺された。傷の深さは浅く軽傷。2人のうち1人は身長160~165センチくらいで、黒のニット帽にマスクをしていたという。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014072601001427.html

| コメント (0)

旅客機内で男が爆破と騒ぎ引き返す カナダ(26日)NHK

カナダのトロントを出発した旅客機の機内で、乗客の男が「カナダを爆破する」などと騒いだため旅客機は引き返して緊急着陸し、武装した警察官が機内に突入して男を取り押さえました。

カナダやアメリカのメディアによりますと、25日午前、カナダ東部のトロントの空港を出発してパナマに向かっていたカナダの航空会社「サンウィング航空」の機内で、カナダ人の男が「カナダを爆破する」などと騒ぎました。
旅客機は機長の判断でトロントに引き返して緊急着陸し、武装した警察官が機内に突入して男を取り押さえました。
乗客乗員およそ180人にけがはありませんでした。
現地のテレビ局は乗客が撮影した映像を放送し、武装した複数の警察官が乗客らに対して「頭を下げて手を挙げろ」と叫びながら機内に突入する様子を伝えました。
今月に入ってウクライナ東部でマレーシア航空の旅客機が撃墜されたのに続いて、アルジェリア航空の旅客機が西アフリカのマリで墜落するなど、旅客機を巡る事件や事故が相次ぐなか、カナダのメディアは今回の騒ぎを大きく取り上げています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140726/t10013311871000.html

| コメント (0)

玄関先のバイクから火 大阪・八尾で住宅火災 放火か(26日)朝日

26日午前1時ごろ、大阪府八尾市南本町9丁目の住宅付近から出火。八尾市消防本部によると、木造2階建て住宅延べ80平方メートルのうち1階30平方メートルが焼けるなどした。府警によると、住人ら男女4人が病院に搬送されたが、いずれも命に別条はないという。
 八尾署によると、住宅の玄関先に止めてあったバイク1台が燃え、住宅に燃え移ったとみられるという。署は放火の疑いがあるとみて調べている。http://www.asahi.com/articles/ASG7V0SPCG7TPTIL03X.html

Logo2

| コメント (0)

詐欺容疑でも告発=野々村元県議問題、3市民団体-兵庫(26日)時事

兵庫県内の三つの市民団体は25日、政務活動費の不明朗な支出が判明し辞職した野々村竜太郎元県議(47)について、詐欺などの疑いで県警に提出した告発状が受理されたと発表した。県議会も既に、虚偽公文書作成などの疑いで告発している。
 新たに告発したのは、市民オンブズマン兵庫など3団体。告発状は元県議の政務費収支報告書について、2013年9月2日の城崎温泉(同県豊岡市)への日帰り出張は、悪天候でJRの特急列車が運休したため不可能と指摘した。
 また、12年度に神戸市内のチケットショップで135回に分け、計28万7720円分の切手やはがきを購入したとの収支報告を調査。領収書に品名が書かれていない上、領収書の額面で販売されていた切手などはなく、切符や商品券などを買った可能性があると主張している。(2014/07/25-21:32)

Top_header_logo21http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

田辺市臨時職員を監禁容疑で逮捕 元交際相手を連れ去る (26日)共同

和歌山県の田辺署は24日、田辺市内に住む元交際相手の女性(25)を監禁した容疑で、田辺市新庄町の田辺市臨時職員山本裕一郎容疑者(31)を現行犯逮捕した。女性にけがはなかった。
 田辺署の調べによると、山本容疑者は同日午後7時すぎ、女性の現交際相手が住む市内のマンション1階ベランダの窓ガラスをゴルフクラブで割って侵入。室内にいた女性を軽乗用車に無理やり乗せて走り去り、逮捕されるまで女性を拘束して不法に監禁した疑い。
 マンションにいた女性の交際相手が軽乗用車のナンバーを覚えていて110番通報。同署が緊急配備を敷いて捜索し、マンションから約700メートル離れた場所で軽乗用車を見つけた。山本容疑者は説得に応じず軽乗用車のドアの施錠を解除しなかったため、署員が後部窓ガラスを割り、助手席に同乗していた女性を保護した。
 ◇ 田辺市によると、山本容疑者は今年1月1日付で市中辺路行政局が採用。集落支援員として、管内に住む高齢者の生活をサポートしていた。
 市総務部の中瀬政男部長は「臨時職員が逮捕されたことは誠に遺憾。市民の信頼を損なうことになり、おわび申し上げる。事実関係を調査し、厳正に対処したい。より一層、服務規程の徹底に努めたい」と話した。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=277762

| コメント (0)

熱中症か 全国で1224人搬送3人死亡(26日)NHK

NHKが各地の消防などに取材してまとめたところ、25日、熱中症とみられる症状で病院に運ばれた人はすべての都道府県で合わせて1200人を超え、3人が死亡し、8人が意識不明の重体となっています。

NHKが各地の消防や警察に取材して午後8時現在でまとめたところ、25日、熱中症とみられる症状で病院に運ばれた人は▽愛知県が108人、▽大阪府が93人、▽兵庫県が72人など、すべての都道府県で合わせて少なくとも1224人に上っています。
▽香川県琴平町では、25日午後、屋外で祭りの準備作業にあたっていた40代の男性が死亡するなど、熱中症の疑いで病院に運ばれた2人が死亡しました。
▽山形県大江町では、25日夕方、畑で農作業をしていた80代の男性が不調を訴え、病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。
▽また北海道と宮城、静岡、大阪、兵庫、香川、大分の7つの道府県で合わせて8人が意識不明の重体となっています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140725/k10013297531000.html

千葉県、危険ドラッグ店に立ち入り調査 (26日)TBS

危険ドラッグをめぐる事件や事故が相次いでいる中、千葉県などは25日、県内の危険ドラッグ店に立ち入り調査に入りました。
 立ち入り調査に入ったのは、県が把握している全ての危険ドラッグの販売店合わせて9店舗です。県などによりますと、今回の調査では、販売店の経営者から危険ドラッグの販売の実態について事情を聞いたほか、危険ドラッグに指定薬物が含まれていないか分析するために数点を買い上げたということです。
 危険ドラッグによる事件や事故が全国で相次いでいるため、千葉県は今後、危険ドラッグの取締りを強化していく方針です。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2259343.html

| コメント (0)

警戒中のパトカーに投石か 千葉・市原市(26日)テレビ朝日

25日未明、千葉県市原市で、警戒中のパトカーに石が投げ付けられ、フロントガラスの一部が破損しました。
 午前2時ごろ、市原市の国道で、走行中のパトカーに「ドン」という鈍い音とともに拳大の石がぶつかり、フロントガラスに10cmほどのひびが入りました。乗っていた警察官にけがはありませんでした。現場のすぐ近くでは、2時間前にも走行中の乗用車に石が当ってボンネットに傷が付く被害があり、パトカーが警戒にあたっていました。警察は、同一犯による犯行とみて捜査する方針です。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000031400.html

2009_1229_211958annlogo1_2

| コメント (0)

警視庁 ストーカーや虐待事案など一元対処(26日)テレビ朝日

ストーカーやDVに加え、子どもや高齢者が虐待されたり、行方不明になったりするケースへの対応を強化するため、警視庁が対策本部を立ち上げました。
 「人身安全総合対策本部」は、これまでの「ストーカー・DV総合対策本部」を拡充させて新たに発足させたもので、組織を挙げて被害の防止に取り組むということです。
 高綱直良警視総監:「虐待事案や特異な行方不明事案などについても、事態が急展開して重大事案に発展する恐れが極めて高い」
 高綱警視総監は、虐待や行方不明などの相談を受けた段階から「生活安全部門と刑事部門が連携して、被害者の安全確保のために最も効果的な手段を取ることが重要」としました。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000031399.html

わいせつ略取未遂で24歳男を逮捕 小3女児の連れ去り狙う 千葉・松戸(26日)産経

25日午前8時40分ごろ、千葉県松戸市内の小学校の校長から、「小学3年の女子児童が学校に向かっている途中、男に車に連れ込まれそうになった」と県警松戸署に通報があった。女子児童が叫んだため男は逃走。女子児童にけがはなかった。県警は同日夜、わいせつ略取未遂の疑いで、同市古ケ崎、自称契約社員、松崎武士容疑者(24)を逮捕した。
 逮捕容疑は、25日午前8時15分ごろ、同市古ケ崎の市道で、学校のプールに行こうと歩いていた女子児童にわいせつな行為をしようと考え、女児の顔を両手で触るなどし、付近に止めたワゴン車に連れ込もうとしたとしている。
 松戸署によると、女児がワゴン車のナンバーの一部を覚えており、署員が市内を走行中のワゴン車を発見。松崎容疑者から事情を聴いていた。「小学生に興味があった」などと供述しているという。

Msn_s1_2http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140726/crm14072601020002-n1.htm

| コメント (0)

「ASKA被告と覚醒剤使った」別の交際女性供述 警視庁捜査(26日)産経

覚せい剤取締法違反(所持・使用)罪などで起訴された歌手のASKA=本名・宮崎重明=被告(56)と交際していた女性が警視庁組織犯罪対策5課の任意の事情聴取に対し、「ASKA被告に勧められ、一緒に覚醒剤を使ったことがある」などと供述していることが25日、捜査関係者への取材で分かった。 女性は、ASKA被告と一緒に覚醒剤を使用したとして同法違反(使用)罪で公判中の栩内(とちない)香澄美被告(37)とは別人。ASKA被告もこの女性と交際中に覚醒剤を使ったことを認めているといい、組対5課は女性についても同法違反(使用)容疑で捜査しているが、物証などが見つかっておらず、慎重に裏付けを進めている。
 ASKA被告が栩内被告と同時期に女性と交際していたことが分かり、組対5課が事情を聴いたところ、覚醒剤使用などを認めたという。

Msn_s1http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140725/crm14072521300018-n1.htm

| コメント (0)

« 2014年7月25日 | トップページ | 2014年7月27日 »