« 2014年7月10日 | トップページ | 2014年7月12日 »

2014年7月11日

2014年7月11日 (金)

兵庫県議会、野々村県議を刑事告発 議長が辞職願受理(11日)朝日

野々村竜太郎・兵庫県議(47)=西宮市選出、無所属=の政務活動費をめぐる問題で、梶谷忠修・県議会議長は11日、野々村氏の辞職願を受理した。県議会の各派は同日、野々村氏を虚偽公文書作成・同行使容疑で県警に刑事告発し、受理された。県警は今後、立件に向け、野々村氏から事情聴取するとみられる。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASG7C5VHMG7CPIHB02K.html

| コメント (0)

代引き宅配の規制要請へ=脱法ドラッグ販売、日本郵便に-舛添都知事(11日)時事

東京都の舛添要一知事は11日の定例記者会見で、脱法ドラッグのインターネット通販を防ぐため、日本郵便に対し、配達員が料金を徴収する代金引換サービスを脱法ドラッグ販売者からは請け負わないよう求める意向を明らかにした。知事は「『ドラッグ(販売者)との代引きによる宅配はやらない』という方針を明確に出すよう、総務省と厚生労働省を通じて日本郵便に要請したい」と述べた。(2014/07/11-19:13)

Top_header_logo21_2
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0)

女性に散弾銃撃った男逮捕 弾当たらず、殺人未遂容疑(11日)共同

11日午後3時20分ごろ、東京都多摩市諏訪の住宅を訪ねてきた男が、住人の無職女性(38)に向けて、持っていた散弾銃を2発発砲した。弾は当たらず、駆け付けた警視庁多摩中央署員が殺人未遂と住居侵入の疑いで、男を現行犯逮捕した。女性は、男ともみ合った際に右手に軽いけがをした。
 同署によると、男は70歳ぐらいで、黙秘している。女性は両親と祖母の4人暮らしで「男とは面識がない」と話している。職場にいた父親が「娘からの電話で悲鳴が聞こえる」と110番した。

2010_0123_11120247newslogo1_4http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014071101001761.html

| コメント (0)

児童に包丁の刃先 教諭懲戒処分 広島(11日)NHK

広島県福山市の市立小学校で、特別支援学級の担任の教諭が調理の実習中に児童に包丁の刃先を向けたり、包丁の持ち方を指導する際に自分の腹を切るまねをしたりするなど、不適切な行為を繰り返したとして、広島県教育委員会は、この教諭を停職6か月の懲戒処分にしました。

懲戒処分を受けたのは、福山市の市立小学校で特別支援学級の担任をしていた59歳の男性教諭です。広島県教育委員会などによりますと、この教諭は去年9月ごろ、調理実習中の児童6人に対して「静かにせえ」と言いながら刃渡りおよそ16センチの包丁の刃先を向けたということです。
また、先月には、調理実習で包丁の持ち方を指導する際に児童の手を持ったまま刃先を自分の腹に向け、「こうやってやるんじゃ。切腹」と言って、自分の腹を切るまねをしたということです。
教諭はこのほかにも児童に対して「うっとうしい。視界から消えろ」などと発言したということで、県教育委員会は、教育的な指導を逸脱した不適切な行為だとして、11日付けでこの教諭を停職6か月の懲戒処分としました。
男性教諭は、「大変申し訳ない。みずからが起こした不祥事を重く受け止める」と話していて、11日付けで辞職したということです。広島県教育委員会は「不祥事の根絶に向けて取り組んでいるなかで、このような事案が起き残念だ。今後、校長会や研修の中で適切な指導をしていきたい」と話しています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140711/k10015949751000.html

| コメント (0)

検挙数不適切処理:書類送検の3警官を不起訴 大津地検(11日)毎日

滋賀、三重両県警が関わった犯罪検挙数の不適切処理事件で、大津地検は11日、処理に関与したとして公電磁的記録不正作出・同供用容疑で書類送検されていた3人の警察官を不起訴処分にした。
 3人は、滋賀県警大津北署の男性警部補(50)と男性巡査長(32)、三重県警松阪署の男性警部補(51)=肩書はいずれも当時。3人の容疑は、共謀し昨年11月、三重県松阪市内であった未解決の窃盗事件2件を大津北署員が検挙したように偽り、パソコン上で統計処理したとされる。
 地検は不起訴の内容について明らかにしていないが、統計だけの処理のため悪質性が低いことや、3人が容疑を認め、本部長訓戒や所属長注意などの処分を受けていることなども考慮したとみられる。【村松洋】

Logo_mainichi_s1_2
http://mainichi.jp/select/news/20140712k0000m040065000c.html

| コメント (0)

クレジットカード狙い連続窃盗か、32歳男を逮捕 (11日)TBS

クレジットカードばかりを狙い、夜間に住宅に侵入し窃盗を繰り返していたとみられる男が、警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、住所不定・無職の加藤信容疑者(32)で、10日未明、東京・豊島区の住宅に侵入し、この家に住む男性(53)が寝ている間に、クレジットカード12枚などが入ったリュックサックを盗んだ疑いが持たれています。
 警視庁の取り調べに対し、加藤容疑者は、『遊ぶ金と生活費が欲しかった』『ほかにも十数件やった』と容疑を認めているということです。
 豊島区内では今年5月から夜間にカギがかかっていない玄関から住宅に侵入し、クレジットカードばかりを狙う手口の窃盗事件が相次いでいて、警視庁は、いずれも加藤容疑者の犯行とみて裏づけを進めています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2246542.html

| コメント (0)

「バイト終わりに脱法ドラッグを吸った」車追突の男(11日)テレビ朝日

車から脱法ドラッグとみられる植物片が見つかりました。
 11日午前、東京・新宿区で、信号待ちをしていたタクシーに軽自動車が追突しました。警視庁によりますと、車を運転していた30代の男性が「バイト終わりに脱法ドラッグを吸った」と話しているほか、車の中から袋に入った脱法ドラッグとみられる植物片が見つかったということです。警視庁は、男性が脱法ドラッグを吸って車を運転したとみて、詳しい経緯を調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000030506.html

詐欺の疑いで高校2年の少年逮捕 神奈川県警(11日)産経

次男を装って川崎市多摩区の60代のアルバイト女性から現金70万円をだまし取ったとして、神奈川県警多摩署は10日夜、詐欺の疑いで、高校2年の少年(16)=東京都足立区=を逮捕した。
 逮捕容疑は、10日に別の人物と共謀し、女性宅に次男を装い「会社の金を株で使い込んでしまった。お金を用意してくれないか。部下を行かせる」などと電話をかけ、現金をだまし取ったとしている。
 少年は現金を受け取る「受け子」役とみられ、女性とJR登戸駅(川崎市多摩区)で待ち合わせており、「お金は取りに行ったけれど(詐欺とは)知りません」と容疑を否認しているという。  帰宅途中だった同署の20代の男性巡査長と男性巡査が、同駅の南北自由通路で少年と女性が一緒にいるのを不審に思い、職務質問をしたところ少年が逃走。身柄を取り押さえて事情を聴いたところ、事件が判明した。

Msn_s1_3http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140711/crm14071117450015-n1.htm

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(11、12日単位・レベル)
泥棒の検挙率上げよ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010219 犯罪抑止策が功を奏してか今年上半期の刑法犯認知件数が前年同期より3万2277件減って59万1321件だったことが警察庁のまとめで分かった。
 日本警察は平成14年の認知件数が285万3739件と300万件に迫る数字だったが、平成16年を初年とする犯罪抑止策を実施した結果、この年は256万2767件と1年間で19万件も減らし、以来10年間で最も少なかった25年よりさらに下回るペースで減少し続けている。
 中でも窃盗犯は2万7476件も減らして43万6123件だった。減少した要因は非侵入盗の-2万1700件。
 また殺人や強盗、強姦などの凶悪犯も93件減の3301件だった。大きな要因は強盗事件の減少で23件も減らしている。
 逆に増加したのは知能犯で1965件増の2万1787件。罪種別では詐欺犯が最も多く+1969件の1万9500件だった。
 また検挙率は全刑法犯が30.2%と低く、前年同期より0.7ポイントも下げている。しかし、殺人は91.9%を誇るなど凶悪犯は強い。これに対して窃盗犯が26.5%で大きな要因は乗物盗がわずか7.5%なのが影響しているようだ。
 このように数字治安を悪化させているのは自転車やオートバイ盗などの非侵入等であり、皆が心に鍵をかけましょう。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
   別室に小説コーナーがあります。
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

偽装結婚の疑いでブローカーら逮捕 富士署など(11日)共同

富士署や県警国際捜査課の合同捜査班は10日までに、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで偽装結婚のブローカーの男2人、富士市内のパブで働くフィリピン人ホステスの女3人、夫となった日本人の男2人を逮捕した。
 ブローカーの男2人の逮捕容疑は2011年5月、フィリピン人の女の在留資格を取得しようと共謀して、それぞれ結婚の意思のない男女の婚姻届を富士市役所に提出した疑い。両容疑者は「偽装とは知らなかった」などと否認している。
 女3人の逮捕容疑は、審査の厳しい興行ビザを取得せずに日本人の配偶者を装って入国するため、11年5月〜12年5月に、富士市役所に虚偽の事実を記載した婚姻届をそれぞれ提出した疑い。

2010_0123_11120247newslogo1_3
http://www.at-s.com/news/detail/1103582215.html

| コメント (0)

コンビニ強盗:ナイフ?男が2万円奪う 福岡・久留米(11日)毎日

11日午前1時55分ごろ、福岡県久留米市中央町のコンビニエンスストア「セブンイレブン久留米市役所前店」で、男が男性店員(30)に無言で果物ナイフのような物を突き付けた。店員がカウンターに現金約2万円を置くと、奪って逃げた。店員にけがはなかった。
 県警久留米署によると、同店では5月3日にも同様の強盗事件があり、久留米署は同一犯の可能性もあるとみて捜査している。
 久留米署によると、男は身長170センチ程度で、オレンジ色の目出し帽をかぶり、灰色のジャンパーに青いズボン姿。5月の事件の容疑者の男もオレンジ色の目出し帽をかぶっていた。【福永方人】

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/select/news/20140711k0000e040179000c.html

| コメント (0)

拳銃で脅しカバン奪った疑い、無職の男ら逮捕 (11日)TBS

拳銃で脅す手口の連続強盗犯の男らを逮捕です。
 警視庁に再逮捕されたのは、無職の小瀬仁容疑者(42)ら2人で、今年4月、埼玉県草加市にあるパチンコ店の景品交換所で景品を運んできた男性に拳銃を突きつけ、実弾1発を男性の足元に発砲したうえ、「金を出せ」と脅してカバンを奪った疑いがもたれています。
 小瀬容疑者らは別の強盗事件ですでに逮捕されていて、警視庁は余罪についても捜査しています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2245834.html

| コメント (0)

部活動の女子生徒に抱き付く 秋田県立高教諭を停職1年 「感謝の気持ちで」(11日)産経

顧問を務める運動部の女子生徒に抱き付いたとして、秋田県教委は県北部の県立高に勤務する30代の男性教諭を停職1年の懲戒処分にした。
 県教委によると、教諭は6月中旬、女子生徒を休日に登校するよう呼び出し、校舎内で約50分間、部活動について話した後、別れ際に抱き付いたという。
 翌日、生徒と保護者が学校に申し出て発覚した。教諭は「部活動での活躍に感謝する気持ちで抱き付いた。申し訳ない」と話しているという。

Msn_s1_2http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140711/crm14071111520005-n1.htm

| コメント (0)

午後7~11時に多発=高校生の強制わいせつ被害-小中学生は7、8月増加・警察庁(11日)時事

強制わいせつ事件の起きた時間帯や季節を警察庁が調べたところ、高校生の被害は午後7時からの4時間に多発していることが10日、分かった。小中学生の被害は夏休みがある7月と8月に増えることも判明した。
 刑法犯の認知件数は11年連続で減ったが、強制わいせつは2009年を境に増加傾向にある。警察庁は「警察の体制強化もあり、被害が積極的に申告されるようになった」とみているが、防犯に役立てるため発生状況を調査した。
 13年の強制わいせつは前年比5.6%増の7672件を把握。被害者の97%が女性だった。職業は勤め人が36%で最も多く、高校生20%、小学生12%、大学生11%、中学生8%などと続いた。
 ただ、同年代10万人当たりの女性被害者数は高校生が91人と突出して多く、勤め人を含む20代の43人、中学生の32人、小学生の26人を大きく上回った。
 時間と場所を特定できた高校生の被害1510件を分析したところ、事件は午後6時台から増え、同7~11時に半数以上の822件が発生していた。場所は道路上が847件で56%を占め、次いで住宅209件、乗り物内138件など。
 3件に1件が「午後7~11時の路上」で起きており、警察庁は被害防止策として▽暗い道を1人で歩かず、時々後ろを振り返る▽歩行中は両耳のイヤホン装着や携帯電話の操作をしない▽防犯ブザーを持つ-よう呼び掛けている。
 また、乗り物内の被害は、通勤ラッシュの午前7時と8時台の2時間に67%が集中していた。
 一方、月別の認知件数を13年までの5年間分調べたところ、小中学生の被害は夏場に増加。小学生は7月、中学生は8月が最も多かった。小中学生もやはり道路上が多く、警察庁は「夏休みになると監視する親や教師の目が少なくなるためではないか」とみている。(2014/07/11-06:10)

Top_header_logo21
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0)

街頭犯罪、大阪がワースト 自転車盗が4割増加(11日)共同

大阪府で1~6月に発生したひったくりや路上強盗など、街頭犯罪7種類の認知件数が合計3万6529件で、全国最多だったことが10日、大阪府警の集計で分かった。府警犯罪対策室は「一刻も早くワーストを返上するよう対策を進めたい」としている。
 7種類は府警が重点的に対策に取り組んでいるひったくり、路上強盗、オートバイ盗、車上狙い、部品狙い、自動車盗、自転車盗。府警によると、このうち自転車盗は前年同期比で46・6%増の2万376件だった。
 約半数は無施錠だったといい、府警の担当者は「少しでも自転車から離れるときは鍵を掛けてほしい」と注意を呼び掛けている。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014071001001692.html

| コメント (0)

半グレ?集団リンチで600万奪う 容疑で男7人逮捕 神戸(11日)共同

女性トラブルをめぐって男性を集団で暴行して脅し、600万円を奪ったとして、兵庫県警暴力団対策課と神戸西署などは10日までに、強盗の疑いで、神戸市西区伊川谷町有瀬の建設業、寺田和也容疑者(36)ら男7人を逮捕した。
 捜査関係者によると、容疑者の一部は地元で粗暴な行動を取るグループとして知られ、暴力を背景に反社会的行為をする「半グレ」の可能性もあるという。県警は実態解明を進める。
 ほかに逮捕されたのは建設業、棚橋直也容疑者(34)=同町潤和▽とび職、井尻雄大容疑者(29)=同区玉津町新方=ら。
 同課によると、井尻容疑者は「間違いない」と認め、ほか6人は否認している。
 逮捕容疑は1月9日未明、県内の男性(32)に言いがかりをつけて西区のコンビニ店駐車場で暴行。5日後、おびえる男性を喫茶店に呼び出し「金を用意しないと殺す」と迫り、同15日ごろ棚橋容疑者の事務所で600万円を支払わせた疑い。
 県警は6月、コンビニ店駐車場での暴行で男性に重傷を負わせたとして、今回の7人中5人を逮捕。うち寺田、棚橋容疑者が傷害罪で起訴された。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201407/0007132566.shtml

| コメント (0)

運転事故死の男性 財布に脱法ドラッグか(11日)日本テレビ

 10日午後、東京・立川市で乗用車が電柱に衝突し、運転していた男性が死亡した。男性の財布からは脱法ドラッグが入っていたとみられる袋が見つかり、警視庁が調べている。
 警視庁によると、10日午後3時40分頃、立川市錦町の住宅街で乗用車が電柱に衝突した。乗用車は30代とみられる男性が運転していたが、全身を強く打っており、まもなく死亡した。男性の財布の中からは脱法ドラッグが入っていたとみられる袋が見つかったが、開封されていなかったという。
 警視庁は袋の中身の鑑定を進めるなどして捜査している。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2014/07/11/07254913.html

| コメント (0)

自動ブレーキ車試乗で事故 書類送検へ(11日)NHK

去年、埼玉県深谷市で開かれた車の試乗会で自動ブレーキ機能がついた乗用車がフェンスに衝突し、2人がけがをした事故で、警察は販売会社の担当者らが運転していた客にブレーキの仕組みを十分に説明しなかったことなどが事故の原因だったとして11日、客も含めて合わせて4人を書類送検する方針です。

去年11月、深谷市の駐車場で開かれた自動車販売会社の試乗会で、自動ブレーキ機能がついた乗用車が障害物に見立てたマットの前で止まらず、その先のフェンスに衝突し、運転していた客と助手席に乗っていた販売会社の従業員がけがをしました。
この自動ブレーキは時速30キロまでの低速で走行する際に作動するよう、メーカー側で設定されていましたが、警察が調べたところ、事故当時は30キロを超えていた可能性が高いことが分かりました。
さらに関係者から話を聞いた結果、販売会社がブレーキの仕組みを十分に説明していなかったほか、客のほうも理解が不十分なまま運転していたことが分かったということです。
このため警察は11日、販売会社の37歳の営業部長ら3人を業務上過失傷害の疑いで、また運転していた客を自動車運転過失傷害の疑いで、それぞれ、書類送検する方針です。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140711/k10015917721000.html

| コメント (0)

帰宅直後、部屋にいた見知らぬ女に刺される (11日)テレビ朝日

島根県松江市で、帰宅した女性がアパートの自分の部屋にいた見知らぬ女に胸を刺されるという事件がありました。
 10日午後6時前、松江市のアパートに住む40歳の女性から「見知らぬ女に刺された」と110番通報がありました。警察の調べによりますと、女性が9歳の娘と一緒に帰宅すると部屋に見知らぬ女がいて、この女に胸を刺されたということです。女性は命に別状はなく、娘にもけがはありませんでした。
 「アパートの方から叫び声が聞こえて、『ギャー』みたいな感じで女性が駆け込んだ。(女性が)脇腹押さえながら来て、『警察を呼んで』と」(女性が駆け込んだガソリンスタンド店員)
 事件直前に不審な女がアパートの部屋の前にいるのを、近所の人が目撃していました。
 「白いマスクをしていた。顔が分からないくらいの。女性は女性。訪ねて来てピンポンしながら何回もあそこ(部屋の前)で待っていた」(近所の人)
 女は20歳から30歳くらい、上下とも白い服を着ていたということで、警察が行方を追っています。(11日01:37)

| コメント (0)

刑法犯罪12年連続減少も詐欺被害は大幅増加 (11日)TBS

今年1月から6月までに警察が把握した殺人や窃盗などの刑法犯罪は59万件余りで、12年連続で減少したことが警察庁のまとめで分かりました。
 警察庁によりますと、今年の上半期に全国の警察が把握した殺人や窃盗などの刑法犯罪は59万件余りで去年の同じ時期に比べて3万件以上減り、12年連続の減少となりました。ただ、このうち詐欺については1969件増加していて、“振込め詐欺”などの詐欺被害が後を絶たないことが要因だということです。
 特に、インターネットオークションで購入者が代金を振込んだのに商品が届かない「売りつけ詐欺」などの被害が去年の同時期に比べて大幅に増えていて、警察庁は注意を呼びかけています。(11日05:01)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2246362.html

| コメント (0)

複数の詐欺グループを“運営” 21歳男を逮捕(11日)テレビ朝日

横浜市の83歳の女性に嘘の電話を掛けて現金100万円をだまし取ったとして、複数の詐欺グループを運営するリーダー格の男が逮捕されました。
 川口航輝容疑者(21)は4月、横浜市の女性の甥(おい)を装って「会社の決算で帳簿が合わないので、何とかしてほしい」などと嘘の電話を掛け、現金100万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、川口容疑者は、複数の詐欺グループの管理や運営を任されていて、嘘の電話を掛ける拠点や高齢者の名簿などを調達していたということです。警視庁は、川口容疑者がだまし取った金の一部を暴力団に上納していたとみて調べています。川口容疑者は、取り調べに対して黙秘しています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000030468.html

| コメント (0)

ベトナム当局に贈賄、コンサル元社長ら在宅起訴 東京地検、不正競争防止法違反罪(11日)産経

 鉄道コンサルタント会社「日本交通技術」(JTC、東京都台東区)がベトナムでの政府開発援助(ODA)事業をめぐり現地公務員らにリベートを提供した問題で、東京地検特捜部は10日、不正競争防止法違反(外国公務員への贈賄)罪で、同社の柿沼民夫前社長(65)、和田達郎元国際部長(66)ら3人を在宅起訴、法人としての同社を起訴した。
起訴状によると、柿沼被告らは平成21年12月上旬~今年2月中旬、ベトナムの「ハノイ市都市鉄道建設事業」のコンサルタント業務などをめぐり、有利な取り計らいを受けようと、15回にわたり計6990万円を現地鉄道当局の関係者に提供したとされる。
 東京国税局が昨年4月にJTCを税務調査し、リベート提供が発覚。JTCの第三者委員会の調査で、ベトナム、インドネシア、ウズベキスタンの3カ国で総額約1億6千万円の資金提供が判明している。特捜部は残る2カ国での贈賄についても捜査を進める。
 和田被告は在宅起訴前の6月、産経新聞の取材に「(リベート提供は)悪いことだと思っている」と釈明していた。
 外国公務員への贈賄罪 
 経済協力開発機構(OECD)加盟国が外国公務員への贈賄防止条約に署名したのを機に1998年、不正競争防止法を改正して新設された。国際的な商取引で不正な利益を得ることを目的とし、外国の政府関係者らに職務上の便宜を図ってもらうために賄賂を渡すことを禁じている。渡した個人は5年以下の懲役または500万円以下の罰金、法人は最高で3億円の罰金が科される。

Msn_s1http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140710/crm14071021330018-n1.htm

| コメント (0)

« 2014年7月10日 | トップページ | 2014年7月12日 »