« 2014年7月9日 | トップページ | 2014年7月11日 »

2014年7月10日

2014年7月10日 (木)

乗用車突っ込む 「脱法ハーブ吸った」(10日)山梨

今月、山梨県昭和町で乗用車の単独事故があり、運転していた男性が「ハーブを吸って運転していた」などと話していることから、警察は車内にあった植物片が脱法ドラッグに当たらないか、詳しく鑑定するとともに、運転の状況を調べています。

今月7日、山梨県昭和町の県道で、乗用車が道路脇の店舗の植え込みに突っ込む事故がありました。
事故によるけが人はいませんが、警察によりますと、運転していた27歳の男性は事故当時、意識がもうろうとしていて、車内から乾燥した植物片やパイプが見つかったということです。
警察に対して、「ハーブを吸って運転していた」などと話しているということで、警察は脱法ドラッグに当たらないか、植物片を詳しく鑑定するとともに運転の状況を調べています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140710/k10015912951000.html

| コメント (0)

ODA汚職:捜査に立ちはだかる証拠収集の難しさ(10日)毎日

政府開発援助(ODA)事業を受注する見返りにベトナム鉄道公社幹部にリベートを渡したとして、東京地検特捜部は10日、鉄道コンサルタント会社「日本交通技術」(JTC、東京都)の柿沼民夫前社長(65)▽海外業務を統括した和田達郎前常務(66)▽経理業務を統括した池田晃司役員(58)の3人を、不正競争防止法違反(外国公務員への贈賄)で在宅起訴、法人としてのJTCも同法違反で起訴した。
 外国公務員への贈賄を防ぐ機運は国際的に高まっている。各国は取り締まりを強化しており、日本も1998年に不正競争防止法に罰則を設けた。ただ、国内での立件は、愛知県の自動車部品メーカー元専務が昨年、中国の公務員に賄賂を渡したとして略式起訴されたのに続いて今回が4例目。表面化するケースは多くはない。
 理由の一つが証拠収集の難しさだ。リベートの受け渡しは主に外国で行われるため、立証には相手国への「捜査共助」が必要となる。収賄に死刑を科す国もあり、相手方公務員の供述を得るのも難しい。今回はJTCが自ら実態を明かしたうえ、ベトナム側が鉄道公社の副総裁らの身柄を拘束して事情を聴いたことが、早期立件につながったとみられる。
 政府と国際協力機構(JICA)は、ODA事業での腐敗情報を受け付ける窓口を設置している。だが、柿沼被告は第三者委員会の調査に「窓口の存在を知らなかった」と説明した。外務省の担当者は「改めて各業界に注意喚起したい」と語った。【吉住遊、近松仁太郎】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20140711k0000m040105000c.html

| コメント (0)

振り込め詐欺 受け取り役の男ら、現金だまし取った疑い(10日)TBS

振り込め詐欺の現金受け取り役のリーダーらが逮捕されました。
 逮捕されたのは住所不定・無職、松本雄介容疑者(39)ら4人です。
 警視庁によりますと、おととし7月、埼玉県の81歳の女性に別の男から「窃盗グループがあなたの金を口座から引き出すかもしれないので、金を預からせて欲しい」などとウソの電話がありました。その後、松本容疑者らは銀行員になりすまして、女性宅を訪れ、現金400万円をだまし取った疑いがもたれていて、警視庁が余罪を調べています。(10日18:34)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2245832.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日単位・レベル)
拳銃の押収丁数を増やせ?
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010211 拳銃を持った元暴力団員が病院に立て籠もったあげく自殺するという事件があった。
 9日午前、兵庫県の52歳の元暴力団員が岡山県美作市の医院に入院中、兵庫県警が組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕状を取り任意同行を求めようとしたところ、拳銃を取り出して立て籠もった。入院患者などは逃げて無事だったが、その後自殺した。
 男は同行に応じるため身支度をする振りをしてロッカーから拳銃を取りだしたもの。
 元々、姫路市に住んでいたもので拳銃を持っているのか否かは兵庫県警が持つべき情報。問題は令状を執行しない任意同行に気のゆるみはなかったのか?。令状を執行して身柄を確保してから捜査員の立ち会いで着替えをさせるなど緊張感にかけたのではないのか?
 それにしても、なんで病院にまで拳銃を持ち込めたのかだ。そんなに出回っているのだろうか?
 警察庁によると平成25年の拳銃押収丁数は471丁で前年に比べて98丁増えた。このうち暴力団からの押収は74丁で同21丁の減。暴力団からの押収丁数は平成6年の1242件以降、過去20年間で最も低い数字となっている。
 問題は、一般からの押収丁数が暴力団に比べ5倍もあるほど一般社会に浸透していることだ。
 減少傾向にあるのは押収丁であり、潜在丁数は把握できていないのである。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
   ★ 別室に小説コーナーがあります。
 http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

「娘殺した」自首の70代男逮捕 自宅で死亡女性を発見(10日)朝日

警視庁は10日、「娘を殺した」と自首してきた立川市若葉町4丁目、無職鑓水(やりみず)政一容疑者(76)を殺人の疑いで緊急逮捕し、発表した。鑓水容疑者は「娘のことで悩んでいた」と供述しているという。立川署は、殺害されたのは鑓水容疑者の娘(48)とみて、身元を確認している。
 発表によると、鑓水容疑者は10日午前4時ごろ、団地の自室で、女性の頭にビニール袋をかぶせ、口と鼻を押さえて窒息死させた疑いがある。鑓水容疑者は約2時間後に署に自首。署員が布団の上で死亡している女性を発見した。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASG7B3SDFG7BUTIL014.html

| コメント (0)

次男装い1000万円詐取、容疑の現金受け取り役を逮捕 (10日)TBS

振り込め詐欺の現金受け取り役の男が、警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、住所不定で自称・会社員の伊藤智大容疑者(21)です。警視庁によりますと、今年5月、東京・小平市に住む女性(73)の自宅に次男を装った男から電話があり、「株でお金を使い込み、会社にお金を返さないといけない」などとウソを言って現金を要求しました。その後、伊藤容疑者は、次男の知人を装い女性から1000万円をだまし取った疑いがもたれています。
 伊藤容疑者は容疑を否認していますが、警視庁は余罪があるとみて捜査しています。(10日11:31)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2245694.html

四国南に台風8号 北日本には梅雨前線 予報士解説(10日)テレビ朝日

000030407_6401

離れた地域にも大雨の影響をもたらしている台風8号は、10日午前7時前に鹿児島県に上陸しました。その後、九州を横断し、現在は高知県足摺岬の西南西の海上を東に進んでいます。気象予報士の鈴木勝博さんの解説です。

 (Q.今回の台風8号は、かなり広い範囲に大雨をもたらしているが?)
 今、日本列島はどこで大雨が降ってもおかしくない状況になっています。まず、四国の南には台風8号、そして、北日本には活発な梅雨前線、前線の南側には台風から供給される暖かく湿った空気、台風の東側では雨雲が発達しやすい状況になっています。
 (Q.この台風8号、速度が上がってきているようだが?)
 この後も、さらに速度を上げて東へ進む予想です。10日夜には紀伊半島付近、そして、11日朝には関東付近に進む予想です。これから台風が接近する四国から東の地域では、台風の中心が東へ離れるまで大雨に対する警戒を続けて下さい。今後の雨の予想です。紀伊半島、東海、関東は次第に雨が強まり、猛烈な雨の降る恐れもあります。また、北日本でも活発な前線の影響で雨脚が強まるところがありそうです。11日昼までに降る雨の量は、最大で東海で400mm、近畿や関東甲信で300mmが予想されています。大雨による土砂災害には引き続き警戒、また、台風接近に伴い、強い風にも警戒して下さい。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000030407.html

| コメント (0)

防犯カメラに拾った財布盗む姿 名古屋市交通局職員を停職処分(10日)産経

名古屋市は10日、他人の財布を盗んだとして、市交通局に勤める業務技師の男性職員(51)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。職員は同日付で退職した。
 市によると、職員は5月3日午後10時半ごろ、同市港区のパチンコ店で、店に落ちていた現金約9万円入りの財布を拾い、自宅に持ち帰った。財布を拾っている姿が店内の防犯カメラに写っており、同22日に来店した際、店員に呼び止められ、県警の事情聴取に窃盗の事実を認めた。現金を抜き取った後、財布を捨てたという。
 職員は書類送検され、6月12日に名古屋地検から市交通局に職員の身分についての問い合わせがあり発覚した。市の調べに「迷惑をかけて申し訳ない」と話したという。

Msn_s1_4http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140710/crm14071014040010-n1.htm

| コメント (0)

舞鶴女子高生殺害事件で無罪確定へ(10日)NHK

6年前、京都府舞鶴市で高校1年の女子生徒が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた男性について、最高裁判所は「犯人とするには合理的な疑いが残る」と判断して検察の上告を退け、1審の無期懲役を取り消した2審の無罪判決が確定することになりました。

無職の中勝美さん(65)は、平成20年、京都府舞鶴市の雑木林で高校1年生だった小杉美穂さん(当時15)を殺害した罪などに問われました。
事件への関わりを裏づける直接的な証拠がないなか、検察が現場近くでの目撃証言など状況証拠を積み重ねて起訴したのに対し、被告の男性は取り調べ段階から一貫して関与を否定していました。
1審は無期懲役を言い渡しましたが、2審は「目撃証言は信用できない」などとして、無罪を言い渡したため、検察が上告していました。
これについて、最高裁判所第1小法廷の横田尤孝裁判長は「目撃者は当初、『若い男を見た』と証言していたのに捜査が進むにつれて被告に特徴が一致するよう変遷していて、警察の情報などに影響された可能性があり、証言は信用できない。被告が取り調べで被害者の所持品の色などを言い当てたのも取調官が示唆や誘導をしたとみる余地があり、犯人とするには合理的な疑いが残る」と判断して、10日までに上告を退ける決定をしました。
5人の裁判官全員一致の決定で、これにより無罪が確定することになりました。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140710/t10015897101000.html

警察庁、トラック免許見直し 18歳、7・5トン未満まで (10日)西日本

 警察庁は10日、運転免許の区分を新設し、18歳で運転できるトラックの総重量を5トン未満から7・5トン未満に引き上げることを決めた。高校新卒者が運送業界に就職しやすくするためで、来年の通常国会に道交法改正案を提出する。
 貨物自動車の運転免許制度を考える警察庁の有識者会議が10日、免許の受験可能な年齢の引き下げなどを求める報告書をまとめた。警察庁は年齢制限の緩和に伴い、新たな安全対策を検討する。
 今回の改正では、普通で運転できる車の総重量を5トン未満から3・5トン未満に引き下げ、中型の5トン以上11トン未満を7・5トン以上11トン未満に変更する。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/100436

| コメント (0)

警視庁「脱法ドラッグ対策本部」を発足(10日)日本テレビ

「脱法ドラッグ」による事件や事故が相次ぐなか、警視庁は10日、販売実態の把握や取り締まりを強化するための対策本部を発足させた。
 高綱直良警視総監「今や脱法ドラッグの問題は都民の安全を脅かす深刻な社会問題となっており、脱法ドラッグ対策は警視庁が取り組むべき喫緊の課題です」
 警視庁は10日、副総監をトップに、組織を横断して対策にあたる「脱法ドラッグ」総合対策推進本部を発足させた。先月、池袋で車が歩道を暴走し8人が死傷するなど、脱法ドラッグの影響とみられる事件や事故が相次いでおり、警視庁は、販売実態の把握や取り締まりを強化するとともに、鑑定にかかる時間を短縮するため検査態勢の充実を図ることにしている。
 また、厚生労働省や東京都などとも連携して、さまざまな対策を進める方針。

2010_0318_173406banner011_2
http://www.news24.jp/articles/2014/07/10/07254836.html

| コメント (0)

他人の土地を勝手に売買 1億2000万円“詐取”(10日)テレビ朝日

他人の土地で勝手に売買契約を結んで代金1億2000万円をだまし取ったとして、会社経営者の男ら8人が逮捕されました。
 会社経営者の野口勝男容疑者(71)ら8人は2009年、東京・世田谷区の土地を所有者の男性(85)になりすまして不正に登記したうえで、嘘の売買契約を結んで都内のコンサル会社から代金1億2000万円をだまし取った疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、5月に土地を不正に登記したとして5人を逮捕していましたが、その後の捜査で、リーダー格の野口容疑者ら3人が新たに浮上したということです。野口容疑者は「知らなかった」と容疑を否認しています。野口容疑者らは、書類などを偽造して他人の土地を不正に売買する「地面師」グループとみられ、警視庁が余罪を調べています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000030396.html

| コメント (0)

市道上にコンクリや石一列に並べ交通妨害 道交法違反 札幌(10日)産経

10日午前2時40分ごろ、札幌市手稲区曙4条3丁目の市道で、コンクリートブロックや土台のような石など計13個が並べられていると110番があった。事故はなかった。手稲署は置き石とみて道交法違反(道路における禁止行為)の疑いで調べている。
 同署によると、コンクリートブロックは10個あり、大きさは縦約40センチ、横約20センチ、高さ約10センチ。土台のような石は3個で、縦約30センチ、横約30センチ、高さ約10センチだった。片側1車線の市道の端から端まで横一列に並べられていたという。
 手稲区の路上では4月下旬以降、夜間に丸太やブロック、物干し台座など障害物が置かれる事件が続発している。

Msn_s1_3http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140710/crm14071010040006-n1.htm

| コメント (0)

身支度装い、拳銃用意か 岡山の医院立てこもり事件(10日)共同

岡山県美作市の医院立てこもり事件で、自殺した元暴力団組員の職業不詳、吉岡進容疑者(52)=兵庫県姫路市東今宿3丁目=が、兵庫県警の任意同行の求めに応じて身支度を整えるように装い、病室のロッカーから拳銃を取り出したとみられることが10日、捜査関係者への取材で分かった。
 兵庫県警は、組織犯罪処罰法違反容疑の逮捕状を取っていたが、医院内では執行しなかった。吉岡容疑者が拳銃を所持しているとの情報は把握しておらず、結果的に不意を突かれた格好だ。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014071001000584.html

| コメント (0)

子どもを守れ!警察が被害防止キャンペーン(10日)日本テレビ

不審者による声かけや、わいせつ事案など子どもに対する犯罪が増える夏を前に、子どもたちの防犯意識を高めようと、警視庁・福生警察署は9日、「被害防止キャンペーン」を開き、注意を呼びかけた。
 キャンペーンには市内の小学生およそ80人が参加し、福生警察署は「大声を出す」「すぐ逃げる」など、不審者に対する防犯対策が書かれたパネルを参加した小学生に贈呈し、「知らない人とは片手を広げてぶつからない距離をとる」などの対策も教えていた。
 警視庁によると、都内で小学生が不審者に声をかけられたり、体を触られるなどした事案は、4月から7月に約150件発生しており、夏に向けてさらに増える可能性があるということで、注意を呼びかけている。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2014/07/10/07254801.html

| コメント (0)

脱法ドラッグ 規制までの期間短縮を都が検討(10日)NHK

脱法ドラッグを使った事件や事故が相次いでいることを受けて、有害な薬物を条例で独自に規制している東京都は今後、最新の検査機器を購入するなどして脱法ドラッグに規制をかけるまでの期間を短縮することを検討しています。

東京都は、市場に出回る脱法ドラッグを入手し都の研究機関で成分を分析していて、法律などで規制の対象になっていない薬物については人体への影響などを詳しく調べ、有害であることが確認できれば条例で指定薬物として独自に規制しています。
しかし、これまでは規制をかけるまでに数か月から1年以上かかり、その間に規制を逃れるように新たな脱法ドラッグが出回り、事件や事故が相次ぐ要因となっています。こうした事態を受けて東京都は今後、最新の検査機器を新たに購入するなどして今よりも成分の分析を短時間で終え、脱法ドラッグに規制をかけるまでの期間を短縮することを検討しています。
また、現在、都が分析を行っている脱法ドラッグは年間100種類余りですが、数をさらに増やし、次々に出回る脱法ドラッグへの監視を強める方針です。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140710/k10015884201000.html

| コメント (0)

台風・大雨の被害 2人死亡43人けが(10日)NHK

台風8号や前線の影響による大雨や強風などの被害について、NHKが各地の放送局を通じて午前6時現在でまとめたところ、2人が死亡し、合わせて43人がけがをしました。

長野県南木曽町では9日夕方に国道沿いで土石流が発生し、家族4人が巻き込まれ、このうち12歳の男の子が死亡しました。
また福島県郡山市では9日午後に83歳の男性が用水路で死亡しているのが見つかり、警察は大雨で増水した用水路の様子を見に行って流されたのではないかとみて調べています。
このほか、宮崎県で10日日午前2時半過ぎ、88歳の女性が強い風にあおられて転倒して足の骨を折る大けがをするなど、沖縄県、宮崎県、鹿児島県、福岡県、長崎県、大分県の6つの県で合わせて43人がけがをしました。
住宅の被害も相次ぎ、沖縄県と長野県で合わせて3棟が全壊したほか、長野県と沖縄県で8棟が半壊、沖縄県で19棟の一部が壊れました。
また、床上・床下の浸水被害は、沖縄県、新潟県、山形県、福島県、長野県、山梨県、埼玉県の7つの県で392棟にのぼっています。
避難指示は、山形県の26世帯に出されているほか、避難勧告が熊本県、宮崎県、鹿児島県、山形県、長野県、沖縄県の6県で合わせて12万4682世帯に出されています。
停電も各地で続き、鹿児島県、沖縄県、徳島県、長崎県、宮崎県の5つの県でおよそ6000世帯が停電しています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140710/k10015885831000.html

中学生死亡の土石流 町が被害状況調査へ(10日)NHK長野

9日夕方に長野県南木曽町で土石流が発生し、母親と男の子3人の家族4人が巻き込まれ、このうち中学1年生の12歳の男の子が死亡しました。
町は10日朝からおよそ30人の職員を現場周辺に出して、被害の状況を詳しく調べることにしています。

9日午後5時40分ごろ、長野県南木曽町読書の梨子沢で土石流が発生しました。
この土石流で住宅1棟が流され、家の中にいた母親と男の子3人の家族が外に押し出され、このうち中学1年生の榑沼海斗くん(12)が死亡しました。
現場の梨子沢は木曽川に流れ込む支流で、南木曽小学校付近から木曽川にかけて500メートルほどの間で土砂があふれ出し、幅は100メートルほどまで広がったということです。
町によりますと、土石流が発生した梨子沢のほかにも、周辺の4つの沢で土砂があふれるなどし、複数の住宅で全壊や半壊などの被害が出ているということです。
このため町ではさらに詳しい被害状況を把握する必要があるとして、10日朝からおよそ30人の職員を現地に派遣して、住宅などの被害や土石流の規模などを調べるとともに新たな土砂災害の危険がないか国道19号線の脇の斜面などを確認することにしています。

詳細は以下をクリックdownwardleft
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140710/t10015885211000.html
 

【ベネッセ大規模情報流出】「グループ社員以外の内部犯行」とベネッセ誰が、どんな手口で? アクセス履歴解析で容疑者特定へ(10日)産経

子供の個人情報が狙われたベネッセコーポレーションの情報流出。誰がどんな手口で持ち出したのか。ベネッセは「グループ社員以外の人間」による「内部犯行」を示唆しており、警視庁は、不正競争防止法違反などの疑いで、社内データベースのアクセス履歴の解析や情報が転売されたとみられる名簿業者への聞き取りなど、容疑者や手口を特定するための捜査を進めることになる。
 ベネッセは流出元を「特定のデータベース」としており、被害が確認された「こどもちゃれんじ」や「進研ゼミ」の小中高校各講座などの商品・サービスの顧客情報を個別に管理し、「営業秘密」として外注していたとみられる。
 社内調査では、問題のデータベースの情報にアクセスされた履歴を確認。流出時期や手口の特定を進めているとみられる。データベースへのアクセス権限が外注先など一部の関係者だけに与えられていたのであれば、容疑者を絞り込める可能性はある。
 販売されていた名簿には、ベネッセしか保有していない個人情報が含まれていた。さらに、同業他社からベネッセの顧客にダイレクトメールや電話が相次いでいることから、容疑者から名簿業者、同業他社と転売された情報が利用された疑いが強まっている。警視庁は転売ルートからも捜査を進める。
 「情報を流出させた側も、利用した側も明らかに悪意がある」。記者会見した親会社のベネッセホールディングスの原田泳幸会長兼社長はこう強調した。 

Msn_s1_2http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140710/crm14071000440002-n1.htm

| コメント (0)

死体遺棄容疑で男逮捕 同僚女性か、大分(10日)産経

大分県警は9日、身元不明の女性の遺体を川に捨てたとして、死体遺棄の疑いで、同県別府市上人仲町の会社員、松島裕容疑者(32)を逮捕した。県警によると、容疑を認めており殺人容疑でも捜査する。
 県警によると、女性は別府市に住む40代の会社の同僚とみられ、2人の間に何らかのトラブルがあったとみて調べている。8日に女性の母親から「娘が昨日から帰ってこない」と別府署に届け出があった。
 女性の交友関係などから松島容疑者が浮上し、事情を聴いたところ「川に遺体を捨てた」と供述。これを受け9日午後4時ごろ、捜査員が大分県由布市の川底から裸の遺体を見つけた。損傷が激しく、県警は身元の特定を急いでいる。
 逮捕容疑は7日ごろ、由布市の由布川に女性の遺体を遺棄した疑い。

Msn_s1http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140710/crm14071001040003-n1.htm

| コメント (0)

« 2014年7月9日 | トップページ | 2014年7月11日 »