« 無許可キャバクラ、元経営者告発 1億円脱税疑いで大阪国税(3日)共同 | トップページ | 都内で母親の所在確認、聴取へ 厚木の男児遺棄致死、捜査員が面会(3日)産経 »

2014年6月 3日 (火)

コンクリ片や丸太、路上放置が相次ぐ 札幌・手稲で4月以降8件(3日)北海道

札幌市手稲区で4月末以降、路上にコンクリートブロックや丸太などが通行を妨げるように置かれ、通りかかったタクシーやトラックが衝突し、車体を損傷するなどの事件が8件相次いでいる。けが人は出ていないが、いずれも大事故につながりかねない状況だった。札幌手稲署は同一犯による犯行の可能性もあるとみて、道交法違反(禁止行為)の疑いで捜査している。
 5月4日午前2時15分ごろ、手稲区前田1の7の市道。「北星タクシー」(札幌市西区)の運転手、松坂誠さん(51)が運転する車のヘッドライトに突然、道路をふさぐ複数の白い塊が浮かび上がった。「危ない」。衝突は免れたが、対向車がはね飛ばし、タクシーのバンパー部分に当たった。
 松坂さんは「もはやいたずらとは言えない。もし対向車が乗り上げるなどして正面衝突したら、客も自分も大けがしていた」と憤る。その後も夜間乗務は「緊張を強いられている」。
 同署によると、現場は半径2・5キロの範囲内に集中しており、午前1時~午前4時半ごろの交通量の少ない時間帯に発生している。<北海道新聞6月3日朝刊掲載>

Logo1
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/543096.html

« 無許可キャバクラ、元経営者告発 1億円脱税疑いで大阪国税(3日)共同 | トップページ | 都内で母親の所在確認、聴取へ 厚木の男児遺棄致死、捜査員が面会(3日)産経 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無許可キャバクラ、元経営者告発 1億円脱税疑いで大阪国税(3日)共同 | トップページ | 都内で母親の所在確認、聴取へ 厚木の男児遺棄致死、捜査員が面会(3日)産経 »