« コンクリ片や丸太、路上放置が相次ぐ 札幌・手稲で4月以降8件(3日)北海道 | トップページ | 67歳男、殺意を否定 女性殺害事件初公判(3日)産経 »

2014年6月 3日 (火)

都内で母親の所在確認、聴取へ 厚木の男児遺棄致死、捜査員が面会(3日)産経

神奈川県厚木市のアパートで斎藤理玖ちゃん=当時(5)=とみられる白骨遺体が見つかった事件で、神奈川県警が行方不明となっていた理玖ちゃんの母親と2日に連絡を取り、所在を確認したことが3日、捜査関係者への取材で分かった。東京都内で働いており捜査員が面会した。県警は3日にも、養育状況や死亡までの経緯を知っていたかどうかを聴く。
 捜査1課によると、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された理玖ちゃんの父、斎藤幸裕容疑者(36)は、母親が平成17年に家を出たのと同時期に別の女性と交際し「理玖よりも彼女に心が傾き、養育を怠った」と供述。当初は週5日ほど理玖ちゃんに弁当を与えていたが、徐々に部屋に帰る回数が減っていったという。
 逮捕容疑は、18年10月~19年1月ごろ、当時5歳だった理玖ちゃんを衰弱死させたとしている。厚木児童相談所は今年5月、中学校に入学していない子供がいると厚木署に通報、県警は同30日に遺体を発見した。

Msn_s1_2http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140603/crm14060310110002-n1.htm

« コンクリ片や丸太、路上放置が相次ぐ 札幌・手稲で4月以降8件(3日)北海道 | トップページ | 67歳男、殺意を否定 女性殺害事件初公判(3日)産経 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンクリ片や丸太、路上放置が相次ぐ 札幌・手稲で4月以降8件(3日)北海道 | トップページ | 67歳男、殺意を否定 女性殺害事件初公判(3日)産経 »