« 殺人未遂容疑、90歳の元警官逮捕=「将来悲観」妻の首絞める-警視庁(21日)時事 | トップページ | DVD店で26万円奪う 埼玉・川越(21日)産経 »

2014年6月21日 (土)

市職員かたる不審電話「注意を」 小樽・札幌、「給付金」で17件(21日)北海道

消費税増税の影響が大きい世帯に国が支給する「臨時福祉給付金」と「子育て世帯臨時特例給付金」に関して、行政の職員を名乗り口座番号などを尋ねる不審な電話が道内で相次いでいる。道が把握した情報を基に北海道新聞が主要市に取材したところ、20日までに少なくとも小樽、札幌の両市で17件が確認された。道などは「詐欺などに悪用される恐れがある」として注意を呼び掛けている。
 両給付金は、低所得や子育て中などの世帯を対象に、国の財源を基に市町村が申請窓口や支給業務を担う。道内でも、一部市町村で申請業務が始まっている。
 札幌市によると、対象世帯向けに関係書類の郵送が始まった19日、90代女性の自宅に区役所職員を名乗る人物から給付金の振込先として口座番号を聞き出そうとする電話があったという。
 小樽市でも、市職員をかたり申請用紙を取り寄せるためのはがきが届いたかどうかを確認したり、口座番号や住所、家族構成を聞いたりする電話が20日までに16件確認された。両市によると、現時点で口座番号を教えた人や実害があった事例はないという。
 このほか旭川、函館、釧路、帯広の各市は、取材に対し「不審電話は確認されていない」と回答した。<北海道新聞6月21日朝刊掲載>

Logo1http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/546658.html

« 殺人未遂容疑、90歳の元警官逮捕=「将来悲観」妻の首絞める-警視庁(21日)時事 | トップページ | DVD店で26万円奪う 埼玉・川越(21日)産経 »

振り込め詐欺」カテゴリの記事