« 窃盗容疑で高校生ら4人逮捕(3日)NHK徳島 | トップページ | 無許可キャバクラ、元経営者告発 1億円脱税疑いで大阪国税(3日)共同 »

2014年6月 3日 (火)

認知症 身元不明18年に光明  情報公表…正吉さんでは(3日)共同

一九九六年に埼玉県狭山市で保護され、身元不明のまま市内の特別養護老人ホームで十八年間暮らしている認知症の男性が、九六年ごろから行方不明になっている東京都渋谷区の男性の可能性が高いことが二日、関係者への取材で分かった。県があえて男性の情報を広く公開したことが、それまで乏しかった手掛かりを一気に引き寄せた。 (上田融、堀祐太郎)
 複数の関係者によると、渋谷区の男性は野村正吉さん。保護された男性も「ノムラショウキチ」と名乗っている。野村さんは同区で親族と同居していたが、九六年秋ごろ行方不明になった。親族は警察や渋谷区に届け出たが、手掛かりはなかった。隣に住んでいた男性(87)によると、親族はその後、転居したという。
 狭山市によると、「ノムラ」さんは九六年十月二十二日、同市青柳の道路脇で倒れているところを県警狭山署員に保護された。当時は推定五十~六十歳。市は近隣自治体や都内の福祉事務所にも照会したが身元は分からず、以来、市内の特養ホームで保護を続けてきた。
 二〇〇七年に群馬県館林市で保護された東京都の認知症の女性が先月、家族と再会したのを受け、埼玉県は県内市町村に同様の事例の有無を照会。先月二十七日に「ノムラ」さんの情報を公表した。本紙などが報道したところ、野村さんの親族から県に連絡があったという。
 関係者によると、親族の説明などから県は「有力な情報」と判断。今後、面会をするかどうかを親族に確認するとみられる。
 渋谷区の野村さん宅の隣に住んでいた男性は「報道を見て、すぐにあの野村さんだと思った。本人だとすれば、隣人としては素直に喜びたい。ただ、長い間、離れていたので、親族としては複雑な思いがあるだろう」と話していた。

◆不明1万300人 家族の対応限界

 行方不明の高齢者は増加傾向にある。警察庁によると、認知症が原因で行方不明となった全国の高齢者は二〇一三年時点で約一万三百人。前年比約7%増えており、認知症予防に加え、行方不明者を防ぐ対策が急務となっている。
 警察庁によると、認知症による行方不明者の集計は一二年から始まり、同年は九千六百七人。このうち所在確認された三百五十九人は発見時にすでに死亡していた。
 自治体も対策を急いでいる。東京都によると、現在都内で保護された三人が身元不明のまま入院中。一〇年度から都内全区市町村などへの照会システムを運用しているが、このうちの一人は保護から二年が経過しても身元確認ができない。
 神奈川県では昨年度末時点で九人が保護され、七人の身元は判明したが、一人は身元不明のまま死亡。七十代とみられる女性の身元は依然分かっていない。千葉県や茨城県も先月から市町村とともに調査を開始。今月中に結果をまとめる。
 認知症の人と家族の会(京都市)の高見国生代表理事は、「家族が懸命に介護しても徘徊(はいかい)は防ぎきれない。社会全体で知恵を絞らなければ。警察や介護事業所、コンビニなどを巻き込んだ公的なシステムも必要だ」と話す。
 日本認知症ケア学会理事の繁田雅弘・首都大学東京教授は「道を行ったり来たりしたり、駅券売機の前でうろうろしているお年寄りには勇気を持って声をかけ、一人一人がよい意味で『おせっかい』になるべきだ」と話している。(東京新聞)

2010_0123_11120247newslogo1http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014060390070352.html

« 窃盗容疑で高校生ら4人逮捕(3日)NHK徳島 | トップページ | 無許可キャバクラ、元経営者告発 1億円脱税疑いで大阪国税(3日)共同 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 窃盗容疑で高校生ら4人逮捕(3日)NHK徳島 | トップページ | 無許可キャバクラ、元経営者告発 1億円脱税疑いで大阪国税(3日)共同 »