« 元代表が2300万円着服か 「愛人の生活費に」 (28日)TBS | トップページ | 長崎・中3自殺:「読み飛ばし」町教育長が両親に謝罪(28日)毎日 »

2014年6月28日 (土)

脱法ドラッグいたちごっこ 摘発2年で25倍 鑑定に時間 規制強化へ新呼称募る(28日)産経

脱法ハーブを吸引した男の車が東京・池袋の歩道に突っ込み、8人が死傷した事故は27日、閣僚からも発言が相次ぎ、国を挙げての脱法ドラッグ対策が急務となっている。警察や行政当局は、脱法ハーブを含む脱法ドラッグの法規制を強化してきたが、続々と登場する新種に鑑定が追いつかず、摘発が進まないいたちごっこの状態が続く。当局は鑑定方法の改善などさらなる対策を打ち出すが、専門家からは手詰まりを指摘する声も上がる。
 ×  ×  ×
  「違法薬物に近いのに『脱法』というと、国民の誤解を招くことがある」
 古屋圭司国家公安委員長は27日、警察庁と厚生労働省のホームページで脱法ドラッグの新しい呼称を募集することを明らかにした。田村憲久厚生労働相も「さらなる規制、取り締まりを警察と協力していく」と法規制の強化を明言した。
 厚労省や警察庁は薬事法の改正を重ね、平成25年3月には類似物質を包括的に指定薬物に指定できるようにし、指定薬物は1378種に拡大。脱法ドラッグ関連事件の摘発は23年の5件から24年に76件、25年には125件と急増しているが、普及度合いからすれば、氷山の一角だ。

Msn_s1_2

詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140627/crm14062722440020-n1.htm

« 元代表が2300万円着服か 「愛人の生活費に」 (28日)TBS | トップページ | 長崎・中3自殺:「読み飛ばし」町教育長が両親に謝罪(28日)毎日 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元代表が2300万円着服か 「愛人の生活費に」 (28日)TBS | トップページ | 長崎・中3自殺:「読み飛ばし」町教育長が両親に謝罪(28日)毎日 »