« 山口県警の男性職員、他職員らのデータに不正アクセス (4日)TBS | トップページ | 豪華寝台列車3年後運行へ JR東日本(4日)NHK »

2014年6月 4日 (水)

栃木女児殺害:母子で骨董売る…容疑者、台湾から移住(4日)毎日

栃木県日光市(旧今市市)で2005年12月、市立大沢小1年の吉田有希(ゆき)ちゃん(当時7歳)が行方不明になり、茨城県常陸(ひたち)大宮市で他殺体で見つかった事件で、栃木、茨城両県警の合同捜査本部は3日、栃木県鹿沼市西沢町、無職、勝又拓哉被告(32)=商標法違反などで公判中=を殺人容疑で逮捕した。勝又容疑者は容疑を認めており、動機や詳しい経緯を調べる。
 勝又容疑者は台湾出身で、3歳ごろから6歳ごろまで、今も台北近郊の新北市に住む祖父母に育てられたという。祖母(77)は3日、事件で逮捕されたことを聞くと「あの子が人を、しかも女の子を殺したなんて信じられない。何も考えられない」と声を詰まらせた。
 幼少の勝又容疑者について祖母は「公園で『お友だちと遊びな』と言っても『やだ』といって私の脇から離れないような人見知りだった」と振り返った。友だちは少なかったが、下のきょうだいの面倒見が良く、「頼れる兄ちゃん」だったという。
 祖母などによると、小学6年のころ、先に来日し、日本人男性と再婚していた母親の元に移り、有希ちゃんも通った栃木県日光市(旧今市市)の大沢小学校で6年生をやり直した。同級生は「日本語に不自由しており、登校を拒否していた」と当時の印象を語る。
 2000年ごろから、母子は偽ブランド品や骨董(こっとう)品を各地の骨董市などで売り歩き、生計を立てていたらしい。捜査関係者によると、主に母親が中国や日本国内の業者から偽ブランド品などを仕入れ、勝又容疑者が乗用車で商品を運んだ。祖母は「朝から晩まで働き、時には車で寝泊まりしていた」と語った。
 一方、捜査関係者によると、親子は茨城県那珂市での骨董市で、主催する古美術店の男性店主と偽ブランド品の露天販売を巡ってトラブルを起こし、02年ごろ出入り禁止になったという。勝又容疑者は09年5月に日本国籍を取得している。【加藤佑輔、台北・鈴木玲子】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20140604k0000m040130000c.html

« 山口県警の男性職員、他職員らのデータに不正アクセス (4日)TBS | トップページ | 豪華寝台列車3年後運行へ JR東日本(4日)NHK »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山口県警の男性職員、他職員らのデータに不正アクセス (4日)TBS | トップページ | 豪華寝台列車3年後運行へ JR東日本(4日)NHK »