« 車解体ヤード6カ所を一斉捜索 被害30億円、不正輸出か(23日)共同 | トップページ | 東京・町田市で高齢夫婦が無理心中か (23日)NHK »

2014年6月23日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日単位・レベル)
背景があるはずだsign03
 【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

F1010196今月初め、東京・江戸川区内などでオヤジ狩りなどをしていた18歳の少年ら3人のグループが警視庁に逮捕された。少年らはグループを「裏社」と名乗り、強盗やひったくりなどを繰り返していた。
 〝オヤジ狩り〟は平成9年の警察白書で登場。「オヤジ狩り=路上強盗」と言われていた。それが平成11年には路上強盗で1111人、ひったくりで2420人が検挙されている。当時、警察庁担当記者のなかにも「昨夜、オヤジ狩りに遭いそうになった」などと話題になったことがあった。その犯罪が今でも健在だとすれば、「裏社」の裏には何らかの人物なり、組織が絡んでいるのでないか。中国人残留孤児2、3世を中心に結成された「怒羅権(ドラゴン)」を思い出してならない。
 警察庁によるとこのところ少年犯罪は、一部を除き減少しつつある。今年5月までの刑法犯検挙人員は1万8782人で前年に比べて3375人の減少。最も大きいのは窃盗犯の減少で検挙人員は1万1276人で同2007人も減っている。この検挙人員の中で最も多いのは依然として万引犯で半数以上の5742人が検挙されている。
 一方、増加したのは詐欺で検挙人員は366人。人数こそ少ないが前年に比べて56人も増加した。やはり振り込め詐欺の影響か?詐欺犯が多い。
 何事も「行動には結果が伴う」もので、犯罪は「前科」として一生付きまとうものだという怖さを教えることだ。「万引は犯罪です」と言わなければならないほど程度が落ちているのだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 ★ 別室に小説コーナーがあります。 http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 車解体ヤード6カ所を一斉捜索 被害30億円、不正輸出か(23日)共同 | トップページ | 東京・町田市で高齢夫婦が無理心中か (23日)NHK »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車解体ヤード6カ所を一斉捜索 被害30億円、不正輸出か(23日)共同 | トップページ | 東京・町田市で高齢夫婦が無理心中か (23日)NHK »