« 松本サリン事件20年:オウム 分派も含め信者1650人(27日)毎日 | トップページ | 「道教えて」少女の体触る=容疑の会社員逮捕-警視庁(27日)時事 »

2014年6月27日 (金)

中国人の不動産投資急増に豪にも広がる懸念、日本は無策でいいのか(27日)産経

中国人の不動産購入熱はとどまるところがない。オーストラリアでも都市部での中国人による不動産購入が急増しているが、最近は外国人が原則、買えないはずの中古物件にまで手を伸ばしているという。その結果、中古物件の価格が急騰。初めて家を買う若い層が購入を断念するケースもあるようだ。
   留学生名義で購入
 オーストラリアでは、外国人でも購入できるのは原則として新築物件だけで、中古物件を買うことはできない。購入する場合は、外国投資審査委員会(FIRB)の認可が必要だ。
 しかし、地元紙オーストラリアンによると、最近はFIRBの認可がないのに、外国人が中古物件を購入するケースが増えているという。
 なかでも多いのが留学生名義での購入だ。長期滞在ビザをもっている場合、居住用に中古物件を購入することが認められていることを利用し、中国本土に住む両親や親戚(しんせき)が、学生の名義で購入するという。滞在期間が終われば売却しなければならないが、実際にはFIRBが調査したり、罰則を適用したりすることはほとんどないため、そのまま保有し、賃貸に出すなどしているようだ。
 もともとオーストラリアでは、欧米を除くと中国系移民が最も多い。さらに東南アジアに住む華人や華僑らの間でも環境の良いオーストラリアへの移住を目指す人は多い。

Msn_s1_5

詳細は以下をクリック
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140627/chn14062710050002-n1.htm

« 松本サリン事件20年:オウム 分派も含め信者1650人(27日)毎日 | トップページ | 「道教えて」少女の体触る=容疑の会社員逮捕-警視庁(27日)時事 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松本サリン事件20年:オウム 分派も含め信者1650人(27日)毎日 | トップページ | 「道教えて」少女の体触る=容疑の会社員逮捕-警視庁(27日)時事 »