« 准看護師死亡前、元同級生訪問か 被害者「帰ってくれない」(12日)西日本 | トップページ | 禁止鎮静剤、投与後12人死亡 東京女子医大が因果関係を調査(12日)産経 »

2014年6月12日 (木)

W杯観戦 邦人の犯罪被害相次ぐ(12日)NHK

サッカーワールドカップの開幕直前のブラジルで、日本人の旅行者や駐在員が相次いで犯罪の被害に遭い、現地の日本総領事館では、旅行者などに警戒するよう呼びかけています。

ブラジル最大の都市サンパウロにある日本総領事館によりますと、日本からワールドカップ観戦のために訪れていた男性が10日、サンパウロ市内の繁華街で、通りがかりの人に声をかけられて服が汚れていることに気付き、リュックサックを地面に置いて服の汚れを取っていたところ、リュックサックがなくなったということです。中にはワールドカップの試合のチケット10枚のほか、パスポートやクレジットカード、それに現金1000ドルなどが入っていたということです。
男性にけがはありませんでした。また、同じ10日、サンパウロ郊外の都市で、日本人の駐在員が乗用車に乗ろうとした際に、拳銃を持った3人組に一緒に車内に押し入られて脅され、その後、銀行に連れて行かれ、ATM=現金自動預け払い機で日本円にして4万6000円を引き出させられたあと、その現金や車などを奪われたということです。
この男性や一緒に乗っていた子どもにけがはありませんでした。
ブラジルでは、ふだんから犯罪が多発しているため、現地の日本総領事館では、ワールドカップの観戦に訪れる日本人の旅行者などに警戒するよう呼びかけています。

News_pic1_3

« 准看護師死亡前、元同級生訪問か 被害者「帰ってくれない」(12日)西日本 | トップページ | 禁止鎮静剤、投与後12人死亡 東京女子医大が因果関係を調査(12日)産経 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 准看護師死亡前、元同級生訪問か 被害者「帰ってくれない」(12日)西日本 | トップページ | 禁止鎮静剤、投与後12人死亡 東京女子医大が因果関係を調査(12日)産経 »