« 母親と子ども3人がマンションから転落、全員死亡(15日)テレビ朝日 | トップページ | 新婚旅行中の30歳日本人、ホノルル行きで客室乗務員殴り起訴 米当局(15日)産経 »

2014年6月15日 (日)

【衝撃事件の核心】暴れる息子に悩んだ末に取った行動は、殺害だった… 警察相談でも解消されなかった父親の悩み(15日)産経

息子の家庭内暴力に悩んだ父親は、自らの手で息子の命を奪った。三男を刃物で刺して殺害したとして、東京都八王子市の会社員、石井正郎容疑者(64)が6月7日、警視庁に殺人容疑で逮捕された。警視庁に再三、家庭内暴力の相談に訪れ、事件前日にも110番通報して三男からの暴力を訴え出ていた石井容疑者。なぜ、殺人という最低・最悪の手段を選ばなければいけなかったのか。(荒船清太)

「入院させられないか」 希望かなわず就寝中に…
 「息子を刺した」。7日午前9時55分ごろ、警視庁南大沢署に石井容疑者が1人で訪れ、こう伝えた。同署員が八王子市南大沢にある自宅に駆けつけたところ、1階和室の布団の上で、三男の博基さん(28)が胸に包丁が刺さった状態で死亡しているのが見つかった。
 石井容疑者は殺人容疑で逮捕され、「三男の家庭内暴力に悩んでいた」と話したという。
 南大沢署にとっても、博基さんの家庭内暴力問題は初耳ではなかった。石井容疑者は昨年7月に初めて同署を訪れ、「息子が大声で暴れる」と相談。殺害3日前の6月4日と前日の6日の夜にも110番通報し、5日には同署で改めて相談を持ちかけていた。

6日の通報後には、同署の地域課員3人が自宅を訪れ、石井容疑者は「入院させることはできないか」と相談したが、博基さんが落ち着きを取り戻したため、課員らは強制入院は困難と判断。「また何かあったら通報してください」と伝えて立ち去った。石井容疑者が台所から包丁を取り出し、和室で寝ていた博基さんの胸に突き刺したのは、この数時間後とみられる。
 石井容疑者は博基さんと長女、妻の4人暮らし。殺害時、妻と長女も自宅にいたという。

 「警察呼ぶなら呼べよ!」エスカレートした暴力

 博基さんは精神科に通院しており、5月ごろから暴力がエスカレートしたとみられる。近隣住民によると、自宅から男女の叫び声や罵声、物を床に投げつけるような音、昼間から階段を転げ落ちるような音が頻繁に聞こえるようになったという。
 5月中旬には、自宅前でバイクにまたがった博基さんが石井容疑者に写真を撮影させ、撮り方が気に入らないなどと言って、石井容疑者に暴行を加える様子が目撃されていた。
 さらに、殺害数日前の午後、「近所に迷惑だから」となだめる母親とみられる女性に向かい、博基さんがこう叫んでいたという。
 「誰が悪いんだよ! 謝れよ! 警察、呼ぶなら呼べよ!」
 詳細は以下をクリック
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140615/crm14061507000001-n1.htm

« 母親と子ども3人がマンションから転落、全員死亡(15日)テレビ朝日 | トップページ | 新婚旅行中の30歳日本人、ホノルル行きで客室乗務員殴り起訴 米当局(15日)産経 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母親と子ども3人がマンションから転落、全員死亡(15日)テレビ朝日 | トップページ | 新婚旅行中の30歳日本人、ホノルル行きで客室乗務員殴り起訴 米当局(15日)産経 »