« 振り込め詐欺に注意して 子どもたちから祖父母へ 赤歌署などが防犯はがき(4日)北海道 | トップページ | スクールゾーンで危険運転 厳罰化後初検挙(4日)日本テレビ »

2014年6月 4日 (水)

女児殺害 「所持品や刃物は廃棄物に」(4日)NHK

9年前、栃木県の旧今市市、今の日光市で小学1年生だった女の子が連れ去られて殺害された事件で、殺人の疑いで逮捕された男は「女の子のランドセルや衣服、それに凶器の刃物は廃棄物の収集に出して処分した」などと供述していることが分かり、警察は供述の裏付けを進めています。

この事件は9年前の平成17年12月、栃木県の旧今市市、今の日光市で小学1年生だった吉田有希ちゃん(当時7)が下校途中に連れ去られ、翌日、およそ65キロ離れた茨城県内の山林で刃物で刺されて殺害されているのが見つかったもので、警察は3日、栃木県鹿沼市の無職、勝又拓哉容疑者(32)を殺人の疑いで逮捕しました。
警察によりますと、勝又容疑者は容疑を認め、「女の子と面識はなかった」としたうえで、「車で連れ去ったあと、いったん自宅に連れて行き、そのあと騒がれたので刃物で刺して殺害した」などと供述しているということです。
さらに、「女の子のランドセルや衣服、それに凶器の刃物は、廃棄物の収集に出して処分した」などと供述していることが、警察への取材で分かりました。
警察はこの供述を基に捜査を進めましたが、いずれも今のところ見つかっていないということで、引き続き裏付けを進めることにしています。

勝又容疑者の卒業文集には

勝又容疑者は、中学校の卒業文集で「人生」というタイトルの文章を書いていました。
この中で、勝又容疑者は「僕はこれからの人生を楽しみにしています。これから先のことを考えるとわくわくします。しかし、未来にはいろいろな挫折が出てくると思います。でも、人生は自分で選ぶしかありません」と将来への期待や不安をつづっています。
そして、文章の最後を「僕の未来はどうなっていくのか、コンピューターの中のような世界か、それともゲームの世界か・・・」と締めくくっています。

保護者付き添いの下校続く

有希ちゃんが通っていた日光市の大沢小学校では、事件のあと保護者に車で迎えに来てもらい下校する取り組みが今も続いています。
大沢小学校では下校する時間になると、授業を終えた児童と保護者の車がグラウンドに集まってきて、児童は一斉に保護者の車に乗って帰宅します。
こうした保護者に迎えにきてもらい下校する取り組みは事件をきっかけに始まり、8年以上にわたって続けられてきました。
5年生の息子を迎えにきた母親は「事件のあと子どもを取り巻く状況にずっと怖さを感じていたので、容疑者の逮捕は多少なりとも安心につながりました。それでもまだ不安は残るので、今後も地域全体で子どもを見守る姿勢は続けていきたいと思います」と話していました。
大沢小学校の元PTA会長で、事件の直後から見守り活動を続けてきた阿久津陽司さんは「もう二度と同じ事件を繰り返してはいけないという思いで見守り活動を続けてきました。地元の人たちの不安は簡単には拭い去れないので、これからも見守り活動を続けていきますが、いつかこうした活動が必要なくなり、安心して暮らせる社会になることを願っています」と話していました。

News_pic1_6http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140604/t10014973771000.html

« 振り込め詐欺に注意して 子どもたちから祖父母へ 赤歌署などが防犯はがき(4日)北海道 | トップページ | スクールゾーンで危険運転 厳罰化後初検挙(4日)日本テレビ »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 振り込め詐欺に注意して 子どもたちから祖父母へ 赤歌署などが防犯はがき(4日)北海道 | トップページ | スクールゾーンで危険運転 厳罰化後初検挙(4日)日本テレビ »