« ASKA容疑者「暴力団から覚醒剤」 所持容疑再逮捕へ(17日)朝日 | トップページ | 所在不明:就学前の20人 東京・足立区独自調査で把握(17日)毎日 »

2014年6月17日 (火)

逮捕の元従業員 事件と同じ薬剤購入か(17日)NHK

ことし4月、埼玉県羽生市にある県営水族館の庭の池で大量の魚が死んだ事件で、逮捕された元従業員の男が事件に使われたものと同じ薬剤を購入していたとみられることが警察への取材で分かりました。
警察によりますと、容疑を否認しているということです。

ことし4月、埼玉県羽生市にある県営の「さいたま水族館」の庭の池で、400匹余りの魚が死んでいるのが見つかった事件では、事件の前に水族館を退職した元従業員の柳澤正孝容疑者(24)が毒性の強い薬剤を混入させたとして、威力業務妨害などの疑いで16日、逮捕されました。
警察によりますと、薬剤の分析や現場の状況などから、使われた薬剤は魚に対する毒性が強く、土に含ませてだんご状にして投げ込まれた疑いがあるということです。
さらにこの薬剤を購入するには本人確認が必要で、販売の記録から柳澤容疑者が事件の前に同じ薬剤を購入していたとみられることが警察への取材で新たに分かりました。
調べに対し、「認められない」と容疑を否認しているということです。
警察は事件のいきさつを詳しく調べています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140617/k10015270221000.html

« ASKA容疑者「暴力団から覚醒剤」 所持容疑再逮捕へ(17日)朝日 | トップページ | 所在不明:就学前の20人 東京・足立区独自調査で把握(17日)毎日 »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ASKA容疑者「暴力団から覚醒剤」 所持容疑再逮捕へ(17日)朝日 | トップページ | 所在不明:就学前の20人 東京・足立区独自調査で把握(17日)毎日 »