« 2014年6月27日 | トップページ | 2014年6月29日 »

2014年6月28日

2014年6月28日 (土)

DV、恋人間に保護命令51件 1~4月、改正防止法で対象(28日)共同

1月施行の改正ドメスティックバイオレンス(DV)防止法で新たに対象となった同居する恋人間の暴力の被害申し立てを受け、全国の裁判所が4月末までに51件(速報値)の保護命令を発令していたことが28日、最高裁の集計で分かった。
 元恋人によるストーカー殺人が相次ぐ中、命の危険にさらされてきた未婚の被害者を守る“法の盾”が活用されるようになった。一方で、恋人同士の同居は立証が容易でないなど課題も浮かぶ。施行から7月3日で半年。支援者らからは「関係機関が連携して事例を共有し、迅速な発令につなげるべきだ」との声が上がっている。

2010_0123_11120247newslogo1_4
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014062801001689.html

| コメント (0)

飼い犬が反撃! 飼い主をクマから救う(28日)日本テレビ

石川県金沢市で28日午前9時過ぎ、妻と一緒に犬の散歩をしていた63歳の男性が、体長170センチほどのクマに頭などをかまれ、ケガをした。
 金沢市内の住宅地から、山の方にしばらく行った所にある遊歩道で2人はクマに襲われたという。現場にはほかにも子グマが2頭いたが、飼い犬がクマに立ち向かい、飛びかかるなどしたところ、3頭とも逃げたという。
 男性は病院に運ばれたものの、命に別条はないという。現場は、住宅地に近いところにあり、警察などは警戒を呼びかけている。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2014/06/28/07254002.html

| コメント (0)

リフォーム中の空き家が全焼、焼け跡から1人の遺体 (28日)TBS

28日午前、埼玉県越谷市でリフォーム中の空き家が全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
 28日午前8時半すぎ、越谷市南荻島にある木造平屋建ての空き家から火が出て全焼する火事があり、隣りの住宅4棟も焼けました。この火事で、全焼した住宅の焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
 警察によりますと、この住宅は、現在、リフォーム中でこの家に住む予定の73歳の男性と連絡が取れなくなっているということです。男性は、大工で雨漏りや床を修理するため、たびたびこの住宅を訪れていたということで、警察は遺体の身元の確認を急ぐとともに出火の原因を調べています。(28日17:27)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2236437.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(28、29日単位・レベル)
縄張り争いか?angry
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212_2F1010157なんと赤色灯を点灯してサイレンを鳴らして走行した京都府警のパトカーを兵庫県警が検挙したという。
 確かに赤色灯を点灯してサイレンを鳴らせばどんな行為も許される訳ではない。緊急車両はスピード、通行区分帯などの走行は道路交通法第7節(39条から41条)と道路交通法施行令の第13、14条で決められており、高速道路は100㌔、一般道路は80㌔だ。但しスピード違反の取締の速度制限はない。
 今回の問題は、高速道路上で発生した当て逃げ事故の通報を受け、事情を聴くために通報者が待機する場所に向かっていてオービスに記録されたものだという。
 スピード違反の取締ではないが、事故は「当て逃げ」。事情を聞いて、一刻も早く手配する必要がある。
 ところが兵庫県警は「現場に早く到達しなければならない緊急性があるなら、他府県警と連携すればよいことで、速度超過の正当性はない」と判断したという。
 京都府警のパトカーが兵庫県警管内を走行したからと言う縄張り意識は無かったのか?幸い、神戸区検は不起訴処分(起訴猶予)としたのだが…
 かつて、ストーカー規制法に「メール」の文言がないため適用をせずに神奈川県逗子市で33歳の女性が元交際相手の男に刺殺される事件があった。法規制にある「電話やファックス」と「メール」は違うと解釈して対応しなかったものだ。
 警察庁の幹部が「メールも含む」と解釈するべきだと指導しているにも関わらず頭の固い運用で被害者を出してしまった。
 例えば路上で襲われて生きるか死ぬかの重大事件で現場に向かう警察車両もやはり80㌔以上出せないのか?運用に知恵を出してほしい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  ★ 別室に小説コーナーがあります。
 http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

ホテルで20代女性はさみで刺され死亡 殺人未遂容疑で43歳男逮捕 神奈川・横須賀(28日)産経

神奈川県警横須賀署は28日、知人とみられる女性をはさみで刺したとして、殺人未遂の現行犯で、自称・横浜市戸塚区戸塚町の塗装工、大谷登志雄容疑者(43)を逮捕した。女性は搬送先の病院で間もなく死亡が確認され、同署は殺人容疑で送検する方針。
 逮捕容疑は、同日午前9時ごろ、同県横須賀市公郷町にあるホテルの従業員控室で、20代女性の顔や首、背中などをはさみで刺して殺害しようとしたとしている。「刺したことは間違いない」と容疑を認めているが、動機については話さないという。

Msn_s1_4http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140628/crm14062816200011-n1.htm

| コメント (0)

「交際を知られたくなくて…」長男が身代わり出頭(28日)テレビ朝日

福岡県那珂川町で4月、追突事故を起こした57歳の男が、27日にひき逃げなどの容疑で逮捕されました。男は、27歳の長男を身代わりに出頭させていました。
 警察によりますと、ひき逃げなどの容疑で逮捕された村中美照容疑者は4月13日の午後2時半ごろ、那珂川町で停車中の普通乗用車に追突し、そのまま逃走した疑いが持たれています。追突された車に乗っていた59歳の女性と当時4歳の女の子が軽いけがをしました。事故の3時間後、村中容疑者の長男が警察に出頭しましたが、その後の調べで、長男は事故発生当時、別の場所にいたことが分かりました。村中容疑者は「同乗していた女性との交際を知られたくなかった」と話しています。警察は、犯人隠避の疑いも視野に長男を調べています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000029675.html

| コメント (0)

ラーメン店店長襲い48万円強奪 埼玉・越谷市(28日)テレビ朝日

28日未明、埼玉県越谷市のラーメン店で、店長の男性(29)が男に襲われ、売上金約48万円が入ったバッグを奪われました。
 午前2時ごろ、越谷市のラーメン店の店長の男性から「店を出たら後ろから蹴られ、売上金が入ったバッグを取られた」と110番通報がありました。警察によりますと、店長の男性が閉店後に事務所から出たところ、突然、男に後ろから背中を蹴られて倒れ、さらに頭を数回蹴られました。その後、男は店の売上金約48万円の入ったバッグを奪って逃走したということです。男性は軽傷です。男は年齢が20代くらい、身長約180cmの痩せ形で、白いマスクをつけ、白いヘルメットをかぶっていたということです。警察は、強盗傷害事件として男の行方を追っています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000029672.html

| コメント (0)

「なりすまし詐欺」相次ぐ いわき200万円、石川郡170万円(28日)共同

いわき市小名浜と石川郡で製薬会社や石油関連会社を名乗る男からの電話を信じた高齢者女性2人が現金計370万円をだまし取られていたことが27日、分かった。いわき東、石川両署は「なりすまし詐欺」事件とみて捜査している。
 同市小名浜では24日から25日にかけ、無職女性(78)宅に製薬会社の「サカモト」や「マツオカ」を名乗る男から「あなたの名義を借り1000万円を貸していた」「1000万円があなたの口座に振り込まれるが、金融庁に不審に思われないように多額取引の実績をつくる。200万円をレターパックで送ってほしい」「27日には200万円が口座に入金される」などと電話があった。電話の内容を信じた女性は25日、指定された東京の住所にレターパックで200万円を郵送した。27日に口座の残高を確かめたが入金されておらず、家族に相談して被害に気付いた。
 石川郡の女性(69)宅には4月下旬ごろ、石油関連会社の社長を名乗る男から「証券を購入するのに名義を貸してほしい。迷惑料は支払う」と電話があった。さらに証券会社を名乗る男から「あなたが購入する証券の支払いをきちんとしてください」と電話があり、話を信じた女性は5月初旬ごろ、2回にわたり指定された東京の住所にレターパックで現金計170万円を送金した。現金郵送後、証券会社の社員を名乗る男から「名義貸しは罪になる。あなたは調べられるようになる」などと言われたことから不審に思い、石川署に相談したため被害が分かった。
(2014年6月28日 福島民友ニュース)

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.minyu-net.com/news/news/0628/news3.html

| コメント (0)

“手渡し型”の詐欺事件 1500万円被害(28日)NHK

27日、さいたま市の76歳の女性が、親族を装った男から「会社でミスをした。金を払わなければならない」などと、うその電話を受けて現金1500万円をだまし取られ、警察は手渡し型の詐欺事件として捜査しています。

27日午前、さいたま市岩槻区の一人暮らしの76歳の女性の携帯電話に、男から「会社でミスをした。今週中にどうしても金を払い込まなければならない」と電話がありました。
女性は、おいからの電話だと思い込み、およそ15分後、家にあった現金500万円を自宅の近くに来たおいの代理人を名乗る男に手渡したということです。その後も「さらに金が必要になった」と電話があり、女性は金融機関で1000万円を下ろして、再び同じ男に手渡したということです。
女性は、おいの自宅に確認の電話をしてだまされたことに気が付いたということです。
警察によりますと、金を受け取りに来た男は年齢が35歳くらい、身長170センチくらいの痩せ形で、上下黒のストライプのスーツを着ていたということです。
警察は、犯人側が被害者の女性の住所や携帯電話の番号などの個人情報をあらかじめ入手していたものとみて、手渡し型の詐欺事件として捜査しています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140628/k10015579181000.html

業務中のバス運転席から女子高生盗撮疑い 元運転手を書類送検 三重(28日)産経

バスの運転業務中に乗客のスカート内を盗撮したとして、三重県警伊勢署は27日までに、県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで三交伊勢志摩交通(同県伊勢市)の元運転手の男性(42)を書類送検した。書類送検は20日付。
 送検容疑は3月下旬、伊勢市内のバス停でバスを停車させた際、運転席から手を伸ばしてカメラ付き携帯電話で、降車中の女子高校生のスカート内を盗撮した疑い。
 女子高校生が4月上旬、伊勢署に相談した。容疑を認めている。
 三交伊勢志摩交通によると、元運転手は家庭の事情を理由に4月1日付で退職した。早川正素伊勢営業所長は「再発防止に全力を挙げる」と話している。

Msn_s1_3http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140628/crm14062811180005-n1.htm

| コメント (0)

FXでトラブル急増 「利益引き出せない」(28日)共同

海外業者を通じて、外国の通貨を売買する外国為替証拠金取引(FX)に投資した人から「利益が出ているはずなのに口座から引き出せない」といった苦情が全国の消費生活センターに寄せられ、2013年度は過去最多の132件に上り、国民生活センターが注意を呼び掛けた。
 国内業者がFXの自動売買ソフトを顧客に売り、海外業者との取引を指示するのが典型的な手口。苦情のあった国内外の業者はFXに必要な金融商品取引業者の登録がなく、詐欺の疑いもある。
 同センターによると、海外業者を通じたFX関連相談件数は09年度が34件。口座に6千万円を入金し、全く引き出せなくなった人もいる。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014062801001085.html

| コメント (0)

同居女性遺体を1年半放置 容疑で名古屋の67歳逮捕(28日)共同

名古屋市千種区千種2の住宅で27日未明にミイラ化した遺体が見つかった事件で、名古屋・千種署は同日、死体遺棄の疑いで、住人の無職成瀬徳二容疑者(67)を逮捕した。
 逮捕容疑では2012年12月ごろ、自宅で、同居の女性が死亡しているのを確認し、遺体を埋葬する義務があったのに、今年6月27日までの間、毛布で包むなどして隠し、放置したとされる。
 署によると、女性は成瀬容疑者と同居していたとみられる。成瀬容疑者は「死んだことは分かっていたが、どこにも届けなかった」と容疑を認めている。
 司法解剖の結果、遺体は70歳以上で、死後1~2年程度経過していると推定されるが、死因などは分からなかった。  (中日新聞)

2010_0123_11120247newslogo1http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014062790194453.html

マネーロンダリング対策 日本に改善促す(28日)NHK

犯罪などで手に入れた資金を、金融機関の口座を転々とさせて出所を分からなくするといった「マネーロンダリング」の防止に取り組んでいる国際機関は、27日、日本の対策の現状に懸念を示し、改善に必要な法整備を求める異例の声明を発表しました。

34の国と地域が参加して「マネーロンダリング」の防止に取り組んでいる国際機関、「金融活動作業部会」は27日、声明を発表しました。
この国際機関は、2008年に日本に対しマネーロンダリング対策の改善を求めていましたが、今回の声明では「日本が多くの深刻な不備を改善してこなかったことを懸念している」としています。
そして口座間の不審な資金のやり取りを継続的にチェックする体制を整備するよう金融機関に義務づけたり、国内でのテロリストへの送金を防止する措置を講じたりするなど、4つの項目を挙げて改善に必要な法整備を求めています。
そのうえで、日本の取り組みの状況を継続的に監視するとしています。
この国際機関が特定の国に関する声明を出すのは異例のことです。
声明を受けて政府は、金融庁や警察庁など関係する省庁で協議し「犯罪収益移転防止法」の改正を検討するなど、「マネーロンダリング」の封じ込めに向けた法整備に取り組むことにしています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140628/k10015576091000.html

スピード違反:145キロで緊急走行…パトカーに赤切符(28日)毎日

赤色灯を点灯しサイレンを鳴らしてもスピード違反で赤切符−−。京都府警高速隊員が運転するパトカーが兵庫県内の高速道路で緊急走行中、速度違反自動監視装置(オービス)に速度45キロ超過と測定され、兵庫県警に道路交通法違反(速度超過)容疑で検挙されていたことが27日、分かった。府警は5月中旬、このパトカーを運転していた20代の男性巡査長を所属長訓戒、同乗の40代の男性巡査部長を本部長注意とした。警察庁によると、緊急走行中のパトカーが速度違反で検挙されるのは極めて異例という。
 ◇兵庫の高速道路で
 府警などによると、2人は2月2日午後2時50分ごろ、高速道路上で発生した当て逃げ事故の通報を受け、事情を聴くために通報者が待機する中国自動車道西宮名塩サービスエリアに向けて急行。その際、高速道での緊急時最高速度が時速100キロ(取り締まり地点の法定速度は80キロ)だったのに145キロで走行した。府警高速隊は「被害の全体像が見えない中、一刻も早く通報者の元に到着しようとしてしまった」と説明している。
 道交法では、交通違反車両の取り締まりや凶悪犯の追跡など、警察車両の緊急時最高速度の超過を例外的に認めているが、検挙した兵庫県警では「現場に早く到達しなければならない緊急性があるなら、他府県警と連携すればよいことで、速度超過の正当性はない」と判断。3月14日に神戸区検に書類送検し、同区検は同25日に不起訴処分(起訴猶予)とした。府警監察官室は「再発防止に努める」とコメントした。【岡崎英遠、土本匡孝】

Logo_mainichi_s1_2http://mainichi.jp/select/news/20140628k0000m040133000c.html

| コメント (0)

長崎・中3自殺:「読み飛ばし」町教育長が両親に謝罪(28日)毎日

長崎県新上五島町で1月、いじめを受けていた町立奈良尾中3年の松竹景虎(かげとら)君(当時15歳)が自殺した問題で、道津利明・町教育長が27日、自殺から16日後に両親に調査報告書を読み上げた際、いじめを示唆する部分を意図的に読み飛ばしたことについて両親に謝罪した。
 ◇父親「理解できない」
 道津教育長は同校で両親と面会し「不愉快な思いをさせ、心からおわび申し上げます」と陳謝。「お子さんが亡くなられてから日にちがたっていないご遺族の心情に配慮し、あまりにも生々しい内容だったので意図的に飛ばした。報告書を手渡すつもりだったが、渡す機会を失ってしまった」と釈明した。
 松竹君の父裕之さん(50)は「理解できない。読み飛ばしのせいでいじめがあったと気づくのが大幅に遅れた」と抗議した。
 松竹君は1月8日に自殺した。道津教育長は同24日、学校側が実施した生徒へのアンケートや聞き取りを受けてまとめた調査報告書を両親に読み上げた際、「(松竹君が無料通信アプリ『LINE=ライン』で自殺の)用意ができていると友人に伝え、ビニールひもの写真を見せている」などの記載があったのに読み飛ばした。報告書は両親に渡されず、自殺から1カ月以上後に開示され、両親の問い合わせで読み飛ばしが発覚した。【樋口岳大】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20140628k0000m040131000c.html

| コメント (0)

脱法ドラッグいたちごっこ 摘発2年で25倍 鑑定に時間 規制強化へ新呼称募る(28日)産経

脱法ハーブを吸引した男の車が東京・池袋の歩道に突っ込み、8人が死傷した事故は27日、閣僚からも発言が相次ぎ、国を挙げての脱法ドラッグ対策が急務となっている。警察や行政当局は、脱法ハーブを含む脱法ドラッグの法規制を強化してきたが、続々と登場する新種に鑑定が追いつかず、摘発が進まないいたちごっこの状態が続く。当局は鑑定方法の改善などさらなる対策を打ち出すが、専門家からは手詰まりを指摘する声も上がる。
 ×  ×  ×
  「違法薬物に近いのに『脱法』というと、国民の誤解を招くことがある」
 古屋圭司国家公安委員長は27日、警察庁と厚生労働省のホームページで脱法ドラッグの新しい呼称を募集することを明らかにした。田村憲久厚生労働相も「さらなる規制、取り締まりを警察と協力していく」と法規制の強化を明言した。
 厚労省や警察庁は薬事法の改正を重ね、平成25年3月には類似物質を包括的に指定薬物に指定できるようにし、指定薬物は1378種に拡大。脱法ドラッグ関連事件の摘発は23年の5件から24年に76件、25年には125件と急増しているが、普及度合いからすれば、氷山の一角だ。

Msn_s1_2

詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140627/crm14062722440020-n1.htm

| コメント (0)

元代表が2300万円着服か 「愛人の生活費に」 (28日)TBS

社の金を着服したとして、東京・台東区にあるコンピューター関連会社の代表取締役だった男が警視庁に逮捕されました。横領の額は2300万円に上るとみられます。
 業務上横領の疑いで逮捕されたのは、コンピューター関連会社「アルファメリット」の元代表取締役・今村猛容疑者(54)です。今村容疑者は、2008年1月から3月にかけて、会社の口座から5回に分けて現金300万円を引き出し、着服した疑いが持たれていて、同様の手口での横領は合わせて2300万円に及ぶとみられています。
 警視庁によりますと、今村容疑者は容疑を認めていて、金は愛人の生活費などに使ったということです。
 また、個人的な飲食費をつけ払いにするなどして会社に1億円以上の損害を与え、それが原因で会社は経営が傾き、現在、清算中だということです。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2236181.html

| コメント (0)

3歳娘押し倒した疑いで32歳母親逮捕、娘死亡(28日)TBS

埼玉県草加市のアパートで、3歳の長女を押し倒したとして母親が警察に逮捕されました。長女は死亡しました。
 逮捕されたのは草加市の無職・福島麻里子容疑者(32)で、27日午前10時半ごろ、自宅アパートで長女の舞風ちゃん(3)を押し倒した暴行の疑いが持たれています。舞風ちゃんは搬送先の病院で死亡しました。
 警察によりますと、福島容疑者は夫(33)と舞風ちゃんの3人で暮らしていましたが、当時、夫は仕事で外出していたということです。
 福島容疑者が自ら「子どもを押したらけいれんした」などと119番通報し、事件が発覚しました。舞風ちゃんにあざなどはなく、福島容疑者は調べに対し、「イライラして長女を払いのけた」と容疑を認めているということです。(28日00:42)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2236265.html

| コメント (0)

群馬・女性射殺 容疑者に拳銃譲り渡した男逮捕(28日)テレビ朝日

群馬県館林市で2月、26歳の女性が射殺され、その後、元交際相手の男が拳銃で自殺した事件で、警察は、男に拳銃を譲り渡したとして暴力団組員を逮捕しました。
 館林市の駐車場で2月、鈴木千尋さんが頭を拳銃で撃たれて殺害されているのが見つかり、2日後、元交際相手の永井隆央容疑者(当時39)が頭を銃で撃って自殺しているのが見つかりました。警察は、永井容疑者に拳銃を譲り渡したとして、山口組系暴力団組員の舛谷康之容疑者(67)を逮捕しました。舛谷容疑者は「関係ない」と容疑を否認しています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000029655.html

| コメント (0)

« 2014年6月27日 | トップページ | 2014年6月29日 »