« 2014年6月9日 | トップページ | 2014年6月11日 »

2014年6月10日

2014年6月10日 (火)

85歳男をストーカー容疑で逮捕 奈良県警、80歳女性に交際迫る(10日)西日本

交際を迫るために知人女性(80)宅に無断で押しかけたとして、奈良県警吉野署は10日、ストーカー規制法違反と住居侵入の疑いで、和歌山県橋本市隅田町、無職新田武雄容疑者(85)を逮捕した。奈良県警は女性に付きまとわないよう、口頭と文書で2回警告していた。
 逮捕容疑は5月2日、交際を迫ろうと奈良県下市町の女性宅に無断で侵入したほか、昨年11月、女性宅に約10回電話し、留守番電話に「待ってるで。出てこいよ」などと伝言を残した疑い。
 女性は昨年10月に被害を訴え、県警がストーカー規制法に基づき新田容疑者に口頭で警告した。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/93995

Logo1

| コメント (0)

うその電話で1800万円だまし取られる(10日)NHK

神奈川県大磯町の80代の女性が、証券会社の社員を名乗る男らから「あなたの名義で株を買ったことがばれたので、預金が没収されないようこちらで預かる」などという、うその電話を受けて、合わせて1800万円をだまし取られ、警察は詐欺事件として捜査しています。
ことし3月、大磯町の80代の女性の自宅に、証券会社の社員を名乗る男から「株に興味はないか。もし興味がなければ、名前だけでも貸してほしい」と電話があり、女性は名前を貸すことに同意しました。
数日後、同じ男から「あなたの名義で株を買ったことがばれた」という電話があり、さらに別の会社の社員を名乗る男から「金融庁の捜査が入り、あなたの預金が没収されるのでこちらで預かる」という電話もあったということです。女性はこれを信じて、現金合わせて1800万円を5回に分けて郵便局の宅配サービスで指定された住所に送りましたが、その後、連絡が取れなくなり、不審に思った女性が警察に相談したところ、だまされたことが分かったということです。
警察は詐欺事件として捜査するとともに、同じような手口に注意するよう呼びかけています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140610/k10015123321000.html

遺体は不明の女子高校生と確認 熊本(10日)NHK

熊本県人吉市で高校3年の女子生徒が行方不明になっていた事件で、別の事件で逮捕された男の供述に基づいて市内の山中で見つかった遺体は、行方不明になっていた女子生徒と確認されました。

熊本県人吉市の県立高校3年の荒川真侑子さん(17)は、先月4日に自宅を出たまま行方が分からなくなり、別の事件で逮捕された静岡県浜松市の無職、赤石弥容疑者(47)が「女子生徒を殺害した」と供述し、警察が人吉市の山中を捜索したところ、今月7日、シートに覆われた遺体が見つかりました。
警察がDNA鑑定を行った結果、遺体は行方が分からなくなっていた荒川さんと確認されたということです。
警察は今後、赤石容疑者を殺人や死体遺棄の疑いで再逮捕する方針です。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140610/t10015122911000.html

神奈川県所管の児童相談所、所在不明の子どもが51人(10日)TBS

先月30日、神奈川県厚木市のアパートで当時5歳だった男児の遺体が見つかり、父親が逮捕された事件を受け、県が所管する児童相談所で対応したおよそ3000人の子どもの調査をしたところ、10日午前中の段階で所在が確認できない子どもが51人いることが分かりました。
 「就学前の児童が住民登録を移動しないまま、家族と共に引っ越して所在確認できない(など含む)」(神奈川県の会見)
 県が所管する児童相談所の管轄には、横浜市や川崎市は入っていません。51人の中には住民登録する前に移動したとみられる児童や引きこもりの児童なども含まれますが、39人は虐待を受けていたと見られるとのことです。(10日17:15)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2222059.html

| コメント (0)

木曽川で不明の小学生が3人目の遺体として見つかる(10日)テレビ朝日

川遊びをしていた小中学生3人が行方不明となった岐阜県の木曽川で、10日午後、現場近くで3人の遺体が見つかりました。
 9日午後、岐阜県各務原市の木曽川で、川遊びをしていた愛知県一宮市の中学1年・岩田季久君(12)、小学4年・堀川悠音君(9)、高下一也君(9)の3人が流され、行方不明になりました。警察や消防は、ボートやヘリで大規模な捜索を行い、10日午後に3人の遺体を発見し、行方不明となっていた3人と確認しました。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000028577.html

従業員引き抜いたと因縁、恐喝未遂容疑で山口組系組員ら6人逮捕 警視庁(10日)産経

キャバクラ店の従業員を引き抜いたと因縁をつけるなどして、飲食店経営者から現金を脅し取ろうとしたとして、警視庁組織犯罪対策4課は10日、恐喝未遂容疑で、指定暴力団山口組系組員、野尻悟(33)=東京都台東区日本堤=と松葉会系組員、萩原豊(33)=江戸川区篠崎町=の両容疑者ら男6人を逮捕した。同課によると、6人は容疑を否認している。
 野尻、萩原両容疑者の逮捕容疑は平成25年11月、ガールズバーの男性経営者(33)に「従業員を引き抜いた代償としてカネを用意しろ。用意できないなら店の営業権を譲れ」などと要求し、現金300万円を脅し取ろうとしたとしている。
 野尻、萩原両容疑者はキャバクラ店からみかじめ料などを受け取っていたという。男性経営者が同12月に警視庁に被害を相談して発覚した。

Msn_s1_3http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140610/crm14061013560010-n1.htm

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日単位・レベル)
人の尊厳を傷つける犯罪だ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010129 電車の中で体や股間などを女性に密着させたり、太ももを触るなどの行為は強制わいせつとして6か月以上10年以下の懲役と罪は重い。人の尊厳を傷つける犯罪として厳罰が求められているからだ。
これに対して性行為が伴う強姦罪は3年以上の懲役とこれまた厳罰だ。
 警察庁によると今年4月までの強制わいせつの認知件数は2007件で前年同期に比べて113件の増。検挙件数は1154件。全国平均検挙率は57.5%と意外に低い。
 認知件数の多いのは大阪の352件、東京の263件、埼玉の131件、神奈川の121件、愛知の107件の順。
 検挙率の低いワーストは富山の21.4%、奈良の23.5%、岩手の25.0%、岐阜の26.3%、福井の28.6%と続いた。
 多くは満員電車内での行為が多く、人相、着衣に加えて証拠が少ないので刑事が捜査しての逮捕が少ないため低いのかもしれない。
 これに対して強姦の認知件数は364件、検挙件数は338件で検挙率は92.9%と極めて高い。
 認知件数の多いのは東京の55件、大阪の35件、千葉の29件、神奈川の28件、埼玉の26件と続いた。検挙率が低いのは徳島が3件発生で検挙件数はゼロ。鹿児島は1件でゼロだった。ちなみに認知件数の多い東京は81.8%。
 これから夏本番、まだまだ薄着が続く。つい「出来心」では済まないので検挙率が低くても気を付けましょう。微物鑑定などという秘密兵器がある。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります。 http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/
                                    

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

ひったくり容疑で17歳逮捕=高齢女性狙い、十数件関与か-警視庁(10日)時事

高齢女性から現金約71万円入りの手提げ袋などをひったくったとして、警視庁高尾署は10日、窃盗容疑で、東京都八王子市、無職少年(17)を逮捕した。同署によると、容疑を認め「パチンコ代や友人との食事に使った」と話しているという。
 同署によると、八王子市内では2013年10月~今年3月、1人で歩く60~80代の高齢女性を背後から狙った同様の手口による被害が十数件発生。少年は「ほかにも3件くらいやった」と話しており、同署は関連を調べる。
 逮捕容疑は13年10月6日午後5時30分ごろ、八王子市明神町の路上で、近くに住む女性(82)の後方から自転車で追い抜きざまに、現金約71万円などが入った手提げ袋をひったくり、盗んだ疑い。(2014/06/10-15:50)

Top_header_logo21http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0)

新宿の路上で20歳女性と18歳少年が刃物で刺され…(10日)テレビ朝日

10日未明、東京・新宿区の路上で、20歳の女性と18歳の少年が男に刃物で刺されて大けがをしました。男は現在も逃走中です。
 午前2時すぎ、新宿区の路上で「男に刺された」と110番通報があり、警察官が駆け付けたところ、20歳の女性と18歳の少年が血を流して倒れているのが見つかりました。女性は胸など10カ所以上を包丁のような刃物で刺されていたほか、少年も腰などを刺されて大けがです。警視庁によりますと、刺したのは女性らの知人の50歳くらいの男で、事件の直前まで一緒に食事をしていました。警視庁は、けがの回復を待って女性らから事情を聴くとともに、殺人未遂事件として男の行方を追っています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000028534.html

| コメント (0)

100台超のPCがウイルス感染 警視庁、サイバー攻撃で注意喚起(10日)産経

中央省庁や防衛関連企業など30余りが2009年以降、サイバー攻撃を受けていた問題で、コンピューターウイルスに感染したパソコン(PC)は国内で100台以上に上り、うち約9割が中国のサーバーやサイトに強制接続されていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。
 警視庁は同日、東京都内で「サイバー攻撃対策セミナー」を開き、出席した企業の担当者ら約150人に、不審なメールなどに注意するよう呼び掛けた。
 警視庁公安部によると、国内の独立行政法人や欧州にある日本大使館も攻撃対象になっていた。機密の流出は確認されていないが、ウイルス感染したPCはキーボードでどのキーを打ったかの情報が盗まれた可能性があるという。メールが送れなかった際に自動返信される「送信エラーメール」に酷似したメールを送りつけ、本文中のURLをクリックすると感染する手口も新たに確認された。

Msn_s1_2http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140610/crm14061016410013-n1.htm

| コメント (0)

とうもろこし1300本盗難(10日)NHK山梨

9日未明、中央市の畑でおよそ1300本のとうもろこしが盗まれていたのが見つかり、警察は窃盗事件として調べています。
9日午前3時半ごろ、中央市下河東のとうもろこし畑で、持ち主の農家の男性が収穫に行ったところ、とうもろこしがなくなっているのに気づき、警察に届け出ました。
警察によりますと、盗まれたのは、「ゴールドラッシュ」という品種のとうもろこし1300本ほどで金額にしておよそ22万円相当だということです。
被害にあった17アールの畑では、とうもろこしが引きちぎられていました。
JAによりますと「ゴールドラッシュ」は糖度が高く甘いのが特徴で、県内有数の産地の中央市では、5月末から収穫作業が始まったばかりでした。
警察では、男性が畑を確認した6月6日夜から9日未明にかけ何者かが盗んだとみてくわしく調べています。
被害にあった農家の男性は「ことしは大雪で大変な目にあって、ようやくおいしいとうもろこしが収穫できるところだったのにがっかりです。農協や町で協力して盗難防止に力を入れてもらえれば」と話しています。
農作物の盗難は例年相次ぎ、ことしも、7日、南アルプス市のさくらんぼ畑で、収穫前の「佐藤錦」およそ50キロが盗まれているのが見つかりました。
南アルプス市内では、警察が今月末まで毎日パトロールを行うほか、今回被害があった中央市などでも今月12日からとうもろこしの盗難防止のパトロールを始める予定でした。
警察では、引き続き、地域の巡回などを行い被害を防止したいとしています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/1045072331.html?t=1402368184659

| コメント (0)

高砂署の押収車壊した疑い 兵庫県警、男を逮捕(10日)共同

高砂署の駐車場で窃盗事件の証拠品として保管されていた車の窓ガラスを割ったなどとして、兵庫県警捜査3課と同署は9日、器物損壊と建造物侵入の疑いで、高砂市曽根町、塗装工西森大容疑者(21)を逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は5月18日午前2時40分~同4時40分ごろ、同市荒井町紙町の同署駐車場に侵入、車の窓ガラス1枚を割った疑い。同署によると、車内には消火剤がまかれ、工具や懐中電灯がなくなっていたという。
 車は17日深夜、盗まれたナンバープレートが付けられて同市内で放置されているのを同署員が見つけ、署に移動させていた。
 車に付着していた指紋から西森容疑者を特定。車は同容疑者の知人名義といい、同署は証拠隠滅を図った可能性があるとみて調べている。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201406/0007038006.shtml

私服で続く客引き攻防 迷惑防止条例改正1週間の片町 (10日)共同

性風俗店やキャバクラの客引き行為を禁止した1日施行の改正石川県迷惑防止条例で、石川県警は9日までに、金沢市片町地区で客引き5人を摘発した。私服警官が警戒に当たり、スーツ姿で堂々と客引きする「カラス族」が消えた半面、客引き側も私服に着替えて通行人に紛れるほか、居酒屋店員を装うなどして「営業」を続ける。夜の街では、条例で長年のいたちごっこに終止符を打ちたい県警と、規制をかいくぐろうとする客引きのせめぎ合いが見えた。
 百万石行列が行われ、いつもより県外客が目立った7日夜の片町スクランブル交差点。一角に私服でたむろする客引きたちの姿があった。
 「以前のように、擦れ違う客に片っ端から話し掛けることは怖くてできませんよ。私服警官に声を掛けたら終わりだからね」。風俗店を経営する30代男性は、常連客や知り合いだけに声を掛けるよう、従業員に指導しているという。「それにしても、1週間でこんなに捕まるなんて」と、条例に戦々恐々としていた。
 居酒屋の服を着た40代男性も、実は客引きだった。声を掛ける相手が私服警官かどうかを見極めるため、まずは居酒屋を紹介した後、反応を見てから客引きが禁止されているキャバクラなどを勧めていると打ち明けた。
 警官らしい人が巡回しているかどうか確認するため、従業員にスクランブル交差点の見張りをさせる店も出てきた。
 県警によると、スクランブル交差点付近で最大約80人確認された黒服の客引きは、改正条例施行後は交差点から消えたが、少し離れた路地に数人見受けられるという。県警は条例改正後、波状的な取り締まりを実施し、ほぼ連日の摘発につながっている。
 県警は取り締まり中の私服警官に声を掛けたとして5人を逮捕したが、一般客への客引き行為で逮捕に至ったケースや、客引きのために路上でたむろする「客待ち」で、再発防止命令を出した事例はない。捜査関係者は「私服を着た客引きたちは、一般客と見分けが付きにくい場合もある。相手の出方を見ながら、臨機応変に取り締まりを進める」としている。

続きを読む "私服で続く客引き攻防 迷惑防止条例改正1週間の片町 (10日)共同"

| コメント (0)

「メダカが欲しかった」 事後強盗容疑で男を逮捕(10日)共同

多摩署は8日、事後強盗の疑いで、自称川崎市の無職の男を逮捕した。
 逮捕容疑は、同日午後1時ごろ、川崎市に住む男性会社員(53)宅の敷地内でメダカ35匹(時価計3万5千円相当)を盗んだ上、取り押さえようとした男性と妻の首を引っかいた、としている。
 同署によると、同容疑者は「メダカが欲しかった」と供述、容疑を認めている。同署によると、同容疑者はプラスチック製のコップでメダカをすくって盗み、物音に気付いた男性らが逃走しようとした同容疑者を取り押さえた。

【神奈川新聞】

2010_0123_11120247newslogo1http://www.kanaloco.jp/article/72739/cms_id/85348

厚木5歳男児死亡、亡くなる直前 か細い声で「パパ」 (10日)TBS

神奈川県厚木市のアパートで当時5歳だった男の子の遺体が見つかった事件で、逮捕された父親が最後に会った際、男の子が『パパ』と、か細い声で父親に呼びかけるなど、亡くなる直前の様子が分かってきました。
 この事件は、先月30日、神奈川県厚木市のアパートで、当時5歳だった齋藤理玖ちゃんの白骨化した遺体が見つかったもので、父親の齋藤幸裕容疑者(36)が、2006年から翌年にかけ、理玖ちゃんに食事などを与えず、衰弱死させたとして逮捕されました。
 警察へのその後の取材で、齋藤容疑者が「最後に見た時は理玖は立ち上がることもできず、おにぎりなどの袋も開けられなかった」などと、死亡する直前の理玖ちゃんについて供述していることが新たにわかりました。そして、「最後に『パパ』とか細い声で呼ばれ、1時間も部屋にいることができずに立ち去った」とも供述しているということです。
 また、齋藤容疑者は、「病院に連れて行くとばれてしまう。怖くて行けなかった」などとも話していて、警察は、死亡した経緯についてさらに詳しく調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2221255.html

| コメント (0)

遺体男性の義娘を生活保護費詐取の容疑で再逮捕 北海道・函館(10日)北海道

 【函館】函館中央署は9日、詐欺などの疑いで、函館市美原4、無職秋元裕美子容疑者(56)=大麻取締法違反の罪で起訴済み=を再逮捕した。
 逮捕容疑は、2010年9月、同市内のアパートに転居したように装い、市に転居届けを提出して生活保護の申請を行い、同年10月から14年4月にかけて生活保護費計約580万円をだまし取った疑い。
 秋元容疑者は5月、居室がある共同住宅の物置から遺体で発見された無職阪下義雄さん(91)と同居していた義理の娘。同署は秋元容疑者が、年金の支給を受けている阪下さんと同居していると生活保護が申請できないため、転居を装ったとみている。<北海道新聞6月9日夕刊掲載>http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/544323.html

捜査幹部のDNAで「シロ」 栃木小1殺害、初動にミス(10日)朝日

8年半の歳月を経て、容疑者を逮捕した栃木県今市市(現日光市)の小1女児殺人事件。物証が少ないながら、容疑者は当初から捜査線上にあがっていた。現場を混乱させる一因になったのが、初期捜査のミスだった。男の逮捕から10日で1週間になる。
 9日、茨城県常陸大宮市三美(みよし)の山林。栃木、茨城両県警の合同捜査本部は無職勝又拓哉容疑者(32)=殺人容疑で逮捕=を立ち会わせて現場検証をした。被害女児を遺棄したとされる場所の詳細や運んだ方法などを確認した。
 凶器も、被害女児の着衣や所持品も見つからないなか、事件が起きた当初から、捜査本部が頼りにしたのがDNA型だった。この山林で2005年12月2日に見つかった女児の遺体から検出された。
 「不審者」として捜査線上に浮かんだ人たちから提供を受けた試料とDNA型を照合。型が合わない人を捜査対象から外していった。勝又容疑者も当初、「シロ」に分類した。06年ごろに複数回実施した任意の事情聴取でも、勝又容疑者は関与を否定した。
 ところが、事件から3年後、捜査は大きく軌道修正を迫られた。09年にこのDNA型が発生当時の捜査幹部のものだったと判明したのだ。捜査の過程の不手際で、あやまって遺体と接した可能性が高いと考えられた。一度は「シロ」と判断した不審者たちへの捜査が振り出しに戻った。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASG687HLZG68UTIL01H.html

| コメント (0)

アパートの男性死亡 同居の男逮捕 東京(10日)NHK

9日朝早く、東京・足立区のアパートの室内で、69歳とみられる男性が倒れその後死亡した事件で、男性に暴行してけがをさせたとして、同じ部屋に住む61歳の男が傷害の疑いで警視庁に逮捕されました。
調べに対し、容疑を否認しているということです。

9日午前5時前、足立区一ツ家のアパートの2階の部屋で、この部屋に住む69歳とみられる男性が、意識のない状態で倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。
警視庁は、男性の顔や胸に殴られたような痕があったため、傷害致死事件などの疑いがあるとみて調べるとともに、男性が病院に運ばれた際に付き添い、その後、立ち去った男の行方を捜査していました。
その結果、病院に付き添っていた、男性と同じ部屋に住む松岡剛容疑者(61)が、8日から9日朝にかけて、男性に暴行してけがをさせた疑いが強まったとして傷害の疑いで逮捕しました。
警視庁は、男性の身元の確認を進めるとともに、死因やいきさつを捜査する方針です。
調べに対し松岡容疑者は、「男性が自分で転んでけがをした」などと容疑を否認しているということです。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140609/k10015097081000.html

| コメント (0)

身元不明:判明まで1年費やす 軽装から近隣と判断され(10日)毎日

記憶障害の疑いで昨年6月に松山市で保護された高齢男性について、警察が近隣署にのみ照会して身元不明とし、今年4月に男性の存在が報じられた後で再調査したところ、5月に身元が判明していたことが分かった。男性が軽装だったことなどから当初、警察は近隣住民と判断したが、実際は遠方に住み、身元判明まで1年近くかかった。遠方まで出歩くケースは認知症でもみられ、こうした特性を考慮して認知症の行方不明者に対応するよう警察庁は5日、全国に通達した。【山田泰蔵、銭場裕司】
 愛媛県警松山東署などによると、男性は昨年6月29日昼ごろ、松山市内の交番に座っていたところをパトロールから戻った警察官に保護された。「私は誰ですか? 家はどこですか?」と話し、記憶障害があるとみられ、氏名や住所が分かる所持品はなかった。
 男性がポロシャツにサンダル履きの軽装で歩調もあまり確かでなかったことなどから同署は近隣住民と判断。行方不明者届が出ていないかを調べる「迷い人照会」を市内の他の2署にしか出さず、該当者がいなかったことから身元不明とし、松山市に保護を引き継いだ。男性はその後、仮名を付けられ市内の老人施設で過ごし、昨年10月以降は脳梗塞(こうそく)で病院に入院している。
 しかし、今年4月19日に毎日新聞が大阪市で身元不明のまま保護されている男性について報じ、松山市の男性の存在も22日に報道。大阪市の男性の身元が判明したことをきっかけに、県警が県内の身元不明者の再調査を指示した。松山東署員が5月、男性が入院する病院を訪ねたところ、仮名とは異なる氏名を語っていたことを病院側から聞き、調べてみると、その氏名は本名で身元が判明した。
 男性は県東部に住む78歳で、行方不明者届は保護の4日前に同居の知人女性が最寄りの警察署に出していた。男性の自宅から保護された場所まで70キロ以上あるが、行方不明者届には写真が添付されており、保護時に松山東署が県内全域に照会していれば、すぐに身元が判明していた可能性が高い。同署の白田(しらた)英樹副署長は「どこまで照会するかの判断は難しいが、今後の教訓にしたい」と話す。http://mainichi.jp/select/news/20140610k0000m040125000c.html

Logo_mainichi_s1

| コメント (0)

遮断機のない踏切で列車と乗用車衝突 男性死亡(10日)テレビ朝日

茨城県下妻市の遮断機や警報機のない踏切で、列車と乗用車が衝突し、乗用車を運転していた男性が死亡しました。
 9日午後6時前、下妻市の関東鉄道常総線の踏切で、1両編成の列車が乗用車にぶつかり、約100m引きずって止まりました。この事故で、乗用車を運転していた会社員の男性(25)が死亡、列車の乗客ら10人にけがはありませんでした。列車は、踏切の20mほど手前で乗用車が進入してきたためブレーキを掛けましたが、間に合わなかったということです。現場の踏切は遮断機や警報機はなく、警察は、乗用車の男性が列車に気付かなかった可能性もあるとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000028511.html

| コメント (0)

刺殺事件で手配の男逮捕 大阪府警に出頭(10日)産経

大阪市浪速区の路上で3日、男性(40)が刺され死亡した事件で、浪速署は9日、殺人の疑いで指名手配していた現場近くのマンションに住む無職藤田将己容疑者(46)を逮捕した。南署に出頭したという。
 浪速署によると、藤田容疑者は3日午前4時5分ごろ、浪速区恵美須西2の2の1の路上で住所、職業ともに不詳の岡田堅さんの胸を包丁で刺し、殺害した疑い。

Msn_s1

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140610/crm14061000140001-n1.htm

| コメント (0)

【栃木小1女児殺害】「粘着テープで口ふさいだ」 容疑者逮捕1週間 足取りほぼ解明(10日)産経

平成17年に栃木県今市市(現日光市)の小学1年、吉田有希(ゆき)ちゃん=当時(7)=が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された勝又拓哉(たくや)容疑者(32)が、「(有希ちゃんの口を)粘着テープでふさぎ、手足を縛って刺した」などと供述していることが9日、捜査関係者への取材で分かった。10日で逮捕から1週間。勝又容疑者の足取りが明らかになる一方、具体的な殺害場所や、猟奇的な殺害方法を取った理由など「謎」も残る。
 ■「道間違えた」供述
 栃木、茨城両県警の合同捜査本部が力を注いだのは勝又容疑者が有希ちゃんを連れ去り、殺害、遺棄するまでの経路の特定だった。
 勝又容疑者は、車で有希ちゃんを連れ去り自宅に寄った後、国道を通って茨城入りし、遺体を遺棄。その後に常磐自動車道の那珂インターチェンジに入ったなどと説明している。自宅とは逆方向だが、「道を間違えた」と供述している。
詳細は以下をクリックdownwardleft http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140610/crm14061001070002-n1.htm

| コメント (0)

« 2014年6月9日 | トップページ | 2014年6月11日 »