« 悪質交通事故、厳罰化へ 20日施行、遺族ら要望(17日)共同 | トップページ | アスパラガス数万本、刈り取られ盗まれる (18日)TBS »

2014年5月18日 (日)

【ASKA容疑者逮捕】海外から大量流入、芸能界も汚染(18日)産経

覚醒剤は、日本で海外より高値で売買されるため、国際的な麻薬密売組織の標的になっているとされる。昨年は警察当局が大量密輸を相次いで摘発した一方、末端価格は下落傾向で、薬物汚染の拡大が危惧される。芸能人の摘発も後を絶たず、業界内の浄化活動の甘さが改めて露呈した形となった。
 警察庁によると、平成25年に全国で押収された覚醒剤は約832キロで、統計が始まった13年以降では3番目の多さだった。4月に警視庁が製粉機に隠された約240キロ、6月には兵庫県警が鉄鉱石を装った約200キロを押収し、密輸グループが一斉摘発された。
 大量押収の密輸元は、いずれも世界一の製造拠点とされるメキシコ。近年は、インドやアフリカなどでも製造拠点が確認され、世界的に生産量・消費量ともに伸びているとされる。

国内での末端価格は21年の1グラムあたり9万円がピークで、24年以降は7万円。これまで主流だった路上での売買に加え、ネット上の取引も定着し、薬物まん延に拍車をかけている。覚せい剤取締法違反容疑での摘発者は18年以降、1万1000~2000人台で推移。25年も1万909人で、薬物事件全体の8割超を占めた。
 芸能界では21年に元女性タレント(28)や女優(43)が逮捕された。主要な芸能事務所が加盟する「日本音楽事業者協会」は同年、対策本部を設置して研修会を開くなど浄化活動に取り組んだが、人気歌手が逮捕されたことで、対策の不十分さが浮き彫りになった。
 警察関係者は「芸能人の薬物使用は一般市民への悪影響が大きい。資金があり、交友関係が広い芸能人は覚醒剤を入手しやすい環境にあり、依存体質は変わらない」と指摘した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140517/crm14051722020010-n2.htm

« 悪質交通事故、厳罰化へ 20日施行、遺族ら要望(17日)共同 | トップページ | アスパラガス数万本、刈り取られ盗まれる (18日)TBS »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悪質交通事故、厳罰化へ 20日施行、遺族ら要望(17日)共同 | トップページ | アスパラガス数万本、刈り取られ盗まれる (18日)TBS »