« 「安全優先」届かぬ現場 JR子会社虚偽報告 日常的に検査手抜きか(31日)北海道 | トップページ | 適切な110番通報呼びかけ(31日)NHK »

2014年5月31日 (土)

刺傷事件 漁協の父親に脅迫文(31日)NHK北九州

5月26日、北九州市で歯科医師の男性が2人組の男に刺されて大けがをした事件で、漁協の役員を務める被害者の父親に、事件のあと、「家族を殺す」という脅迫文が届いていたことがわかりました。
警察は、背景に漁協の役員選挙をめぐるトラブルがあるとみて調べています。
この事件は、5月26日、北九州市小倉北区で、29歳の歯科医師の男性が2人組の男に刺されて大けがをしたもので、警察は、手口などから暴力団が関与した疑いがあるとみて殺人未遂事件として捜査しています。
刺された男性の父親は、漁協の役員を務めていますが、事件のあと、この父親宛てに「家族を殺す」などと書かれた脅迫文が届いていたことが関係者への取材でわかりました。
北九州市の漁協をめぐっては、去年12月に父親の親族で、組合長を務めていた男性が拳銃で撃たれて殺害され、5月から6月にかけてその後任を選ぶ手続きが進められています。
警察は、事件の背景に、多額の漁業補償に関わる漁協の役員選挙をめぐるトラブルがあるとみてさらに詳しく調べています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20140530/4843151.html

« 「安全優先」届かぬ現場 JR子会社虚偽報告 日常的に検査手抜きか(31日)北海道 | トップページ | 適切な110番通報呼びかけ(31日)NHK »

脅迫・恐喝・略取・誘拐」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「安全優先」届かぬ現場 JR子会社虚偽報告 日常的に検査手抜きか(31日)北海道 | トップページ | 適切な110番通報呼びかけ(31日)NHK »