« 板橋区夫婦切り付け 長野のダムで自殺の男書類送検(19日)テレビ朝日 | トップページ | 乳児刺され死亡 母親を逮捕(19日)NHK »

2014年5月19日 (月)

PC遠隔操作事件、片山被告の“保釈取り消し”請求 (19日)TBS

パソコンの遠隔操作事件で先週、届いた「真犯人」を名乗るメールについて、東京地検は被告本人が送信したと判断し、裁判所に保釈の取り消しを請求しました。
 この事件はIT関連会社・元社員の片山祐輔被告(32)が、他人のパソコンを遠隔操作して9件の犯行予告を送ったとして、逮捕、起訴されたものです。先週、「真犯人」を名乗るメールが新たに報道機関などに送られてきましたが、東京地検は片山被告本人が送ったと判断し、証拠隠滅にあたるとして19日午後、保釈の取り消しを東京地裁に請求しました。請求が認められれば、片山被告は再び拘留されます。
 警視庁によりますと、先週木曜日、片山被告が東京・荒川の河川敷にスマートフォンを埋めるのを捜査員が目撃していて、スマートフォンからは片山被告のDNAも検出されたほか、同じ文言の送信済みメールが残されていたということです。警視庁は午後7時過ぎから自宅を家宅捜索するなど裏づけを進めています。(19日20:54)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2204858.html

« 板橋区夫婦切り付け 長野のダムで自殺の男書類送検(19日)テレビ朝日 | トップページ | 乳児刺され死亡 母親を逮捕(19日)NHK »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 板橋区夫婦切り付け 長野のダムで自殺の男書類送検(19日)テレビ朝日 | トップページ | 乳児刺され死亡 母親を逮捕(19日)NHK »