« 【衝撃事件の核心】拳銃自殺の蒲田署巡査長が遺書で訴え 前日にも辞職を強要 上司の度を超えたパワハラとは…(4日)産経4ページ | トップページ | 交差点で女性はねられ重体 車は対向車に次々衝突(4日)テレビ朝日 »

2014年5月 4日 (日)

東京・国立市で3日夜、骨董商殺害 胸に刺し傷 警視庁が強殺容疑で捜査(4日)産経

3日午後8時50分ごろ、東京都国立市中の骨董品(こっとうひん)店「孤董館」の1階事務所で、経営者の田代正美さん(73)の妻から「夫が倒れている」と110番通報があった。警視庁立川署員が駆けつけたところ、田代さんが胸から血を流して死亡しているのが見つかった。田代さんの左胸には刃物で刺されたような傷があり、妻が「店からなくなっているものがある」と説明していることなどから、警視庁捜査1課と立川署は強盗殺人事件とみて捜査している。
 捜査関係者によると、妻が同日午後8時10分ごろに田代さんに電話したがつながらず、不審に思って店を訪れ、田代さんがあおむけに倒れているのを見つけた。胸の傷から出ていた血は乾いた状態だった。凶器は見つかっていない。
 現場は、JR中央線国立駅から西に約250メートルの住宅街。孤董館のホームぺージによると、店は昭和50年に開業。唐津焼や伊万里焼などの陶磁器のほか、茶道具や掛け軸、書画、絵画などを取り扱っているという。近くの衣料品店の男性は「祖母が店を閉めようとしたら、骨董品店から人が出てきて、車に乗って走り去っていくのを見たといっていた」と話した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140503/crm14050323280018-n1.htm

« 【衝撃事件の核心】拳銃自殺の蒲田署巡査長が遺書で訴え 前日にも辞職を強要 上司の度を超えたパワハラとは…(4日)産経4ページ | トップページ | 交差点で女性はねられ重体 車は対向車に次々衝突(4日)テレビ朝日 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【衝撃事件の核心】拳銃自殺の蒲田署巡査長が遺書で訴え 前日にも辞職を強要 上司の度を超えたパワハラとは…(4日)産経4ページ | トップページ | 交差点で女性はねられ重体 車は対向車に次々衝突(4日)テレビ朝日 »