« 暴力団組長「芸能人の客、複数いる」 後絶たぬ薬物事件(19日)朝日 | トップページ | 死体遺棄:沼津の海岸 放置の袋の中に包まれた乳児遺体(19日)毎日 »

2014年5月19日 (月)

PC遠隔操作事件:「真犯人メール」は保釈中の被告自身か(19日)毎日

4人が誤認逮捕されたパソコン(PC)の遠隔操作事件で、今月16日に報道関係者らに届いた「真犯人」を名乗る人物からのメールについて、捜査当局が、威力業務妨害罪などで公判中の元IT関連会社員、片山祐輔被告(32)が送信した疑いがあるとみていることが分かった。片山被告は保釈中で、東京地検は取り消しの申請を検討するとみられる。
 関係者によると、片山被告の行動や、メール送信状況などを調べた結果、関与した疑いが強まったという。
 16日に届いたメールは、「真犯人」と名乗ったうえで「片山氏をスケープゴートにした」と記載していた。被告のPCをウイルス感染させて遠隔操作し、罪をかぶせたとする経緯や、犯人しか知り得ない「秘密の暴露」として、脅迫文の内容なども書かれていた。
 片山被告は16日の公判後の記者会見で、「私の知らない秘密の暴露があり、信ぴょう性が高い。保釈された後、私のPCは弁護人の管理下で使用しており、私はメールを送っていない。これで裁判を終わりにしてほしい」などと話した。【松本惇】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20140519k0000e040134000c.html

« 暴力団組長「芸能人の客、複数いる」 後絶たぬ薬物事件(19日)朝日 | トップページ | 死体遺棄:沼津の海岸 放置の袋の中に包まれた乳児遺体(19日)毎日 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暴力団組長「芸能人の客、複数いる」 後絶たぬ薬物事件(19日)朝日 | トップページ | 死体遺棄:沼津の海岸 放置の袋の中に包まれた乳児遺体(19日)毎日 »