« GWの水難事故、死亡・不明19人=5年で最多、低気圧影響か-海保(9日)時事 | トップページ | 連続不審火か、乗用車6台燃える 北九州市、周辺ではぼやも(9日)西日本 »

2014年5月 9日 (金)

偽装結婚、新たな手口 在留資格取得後離婚、同胞と再婚(9日)朝日

 外国人女性が日本で在留資格を得るための偽装結婚に、新しい方法が使われ始めていることが愛知県警の調べでわかった。日本人と結婚して在留資格を得て離婚後、海外から来た同胞人と結婚、出産――。偽装結婚を足がかりに、国内で「偽装ではない」家庭を築くのだという。
 昨年8月16日夜、名古屋市中区栄地区のパブ「メンバーズLin」に県警国際捜査課の捜査員十数人が踏み込んだ。従業員に偽装結婚の疑いがあった。
 開店直後だった店内は日本人男性客らでにぎわっており、20代半ばから30代後半の中国人ホステス18人がいた。ホステス全員が日本人男性との結婚や留学目的で在留資格があり、違法性はなかった。うち3人は在留資格を更新し続け、すでに永住資格を得ていた。

« GWの水難事故、死亡・不明19人=5年で最多、低気圧影響か-海保(9日)時事 | トップページ | 連続不審火か、乗用車6台燃える 北九州市、周辺ではぼやも(9日)西日本 »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事