« 市民の銃体験中止 全国の陸自に通達 (30日)共同 | トップページ | 「木が燃える臭い落ち着く」 民家への放火容疑で49歳会社員を逮捕 警視庁(30日)産経 »

2014年5月30日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日単位・レベル)
あらゆる法令を駆使せよ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212_6F1010045_2 暴力団員を捕まえるのには刑法犯だけではない。今回はなんと路上でたこ焼きを売っていた暴力団員の男が警視庁に逮捕された。
 男は東京・板橋区の極東会系の69歳の暴力団員で、池袋の路上に止めた車を利用、保健所の許可を受けずに営業していた。
 警視庁は売り上げが暴力団に流れていたかを調べている。
 全国の警察は暴排条例などの活用による検挙活動を続けているが、オウム真理教などのような組織を潰すにはあらゆる法令の駆使と合わせて、警察だげでなく国税や保健所などが一丸となる必要がある。
 警察庁によると今年4月までに刑法犯、特別法犯で検挙した件数は6880件で前年より1306件減少しているものの検挙者は3739人で422人も増加している。
 検挙罪名の最も多いのは刑法犯・窃盗の3743件、特別法の覚醒剤取締法違反が2152件と続き、昔の〝任侠道〟が聞いてあきれるばかりだ。
 ちなみに検挙人員の最多は覚醒剤取締法違反の1470人。以下、傷害804人、詐欺617人、窃盗は615人で認知件数が多いものの検挙人員は少ない。
 首都東京体感治安は「レベル2(グリーン)」とする。
  別室に小説コーナーがあります。
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/
 

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 市民の銃体験中止 全国の陸自に通達 (30日)共同 | トップページ | 「木が燃える臭い落ち着く」 民家への放火容疑で49歳会社員を逮捕 警視庁(30日)産経 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市民の銃体験中止 全国の陸自に通達 (30日)共同 | トップページ | 「木が燃える臭い落ち着く」 民家への放火容疑で49歳会社員を逮捕 警視庁(30日)産経 »