« 悪質な事故厳罰化法、20日施行 「危険運転」の適用拡大(19日)共同 | トップページ | 板橋区夫婦切り付け 長野のダムで自殺の男書類送検(19日)テレビ朝日 »

2014年5月19日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日単位・レベル)
再び拘留へ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20140414154742

「真犯人より」のメールの送信者はやはり、あの男だった。 

【産経新聞電子版】 片山祐輔被告は20日午前10時55分ごろ、佐藤博史弁護士の東京都港区赤坂にある事務所前に、東京地検の係官に連れ添われて姿を現した。黒い半袖のポロシャツ姿で笑みを浮かべ、報道陣の問いかけには無言で車に乗り込み、東京地検に向かった。
 事務所前には早朝から約150人の報道陣が詰めかけており、警視庁の機動隊員や赤坂署員ら数十人以上が警戒にあたり、大きなトラブルはなかった。
 片山被告と一緒に出てきた佐藤弁護士は「片山被告は、昨日は死のうと思って山の中などにいたと話している」と語った。
パソコン(PC)の遠隔操作事件で、威力業務妨害罪などに問われている片山祐輔被告(32)が弁護人に「私が真犯人です」と起訴内容を一転して認める説明を始めたことが分かった。現在の弁護団を解任し、国選弁護人の下で裁判を続ける意向を示したという。片山被告は「真犯人」を名乗るメールを16日に報道関係者らに送りつけたことについても認めており、東京地裁は20日、保釈の取り消し請求を認める決定を出した。直ちに勾留手続きに入った。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140520/crm14052013000013-n1.htm

 都内の河川敷で不審な行動をしているのを行動確認の刑事が見過ごさなかった。それはスマホを埋めているところで、そのスマホのDNAも一致したのだ。
 結局、最後はドタバタしての確保となったが、「自分がやった」と一連の事件への関与を認めており、同事件はようやく全容解明される。日本警察は初めて経験しただろう「遠隔操作による成りすまし」行為による誤認逮捕。これらの検証もしっかりして、強いサイバーポリスになってほしい。

  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります「NEW 小説・薬物捜査官」はここdownwardleftをクリックしてください。 
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

★【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 悪質な事故厳罰化法、20日施行 「危険運転」の適用拡大(19日)共同 | トップページ | 板橋区夫婦切り付け 長野のダムで自殺の男書類送検(19日)テレビ朝日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悪質な事故厳罰化法、20日施行 「危険運転」の適用拡大(19日)共同 | トップページ | 板橋区夫婦切り付け 長野のダムで自殺の男書類送検(19日)テレビ朝日 »