« 「知人のやくざが怒っている」 元同級生から恐喝容疑、被害額1千万円か(20日)産経 | トップページ | PC遠隔操作事件:片山被告、4事件すべての関与認める(20日)毎日 »

2014年5月20日 (火)

「真犯人メール」は自分が…片山祐輔被告が認める(20日)テレビ朝日

パソコンの遠隔操作事件を巡り、16日に報道機関に送られた「真犯人メール」について、片山祐輔被告が自ら送ったことを認めていたことが分かりました。
 パソコンの遠隔操作事件を巡っては16日、片山被告が裁判に出廷している時間帯に、真犯人を名乗る人物から「片山被告を犯人に仕立てた」とするメールが報道機関などに届きました。片山被告は、19日午前から連絡が取れない状態になっていましたが、片山被告の弁護人によりますと、19日に片山被告と連絡が取れて、このメールについて自ら送ったことを認めたということです。また、東京地検は、片山被告が真犯人を装ってメールを送って証拠隠滅を図ったとして、東京地裁に保釈の取り消しを請求していましたが、この請求が20日午前に認められ、片山被告は再び勾留されることになりました。片山被告は、東京都内の弁護士事務所にいるという情報があり、弁護団が今後の対応を協議しているものとみられます。弁護団はこの後、午前11時から記者会見を開く予定です。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000027221.html

« 「知人のやくざが怒っている」 元同級生から恐喝容疑、被害額1千万円か(20日)産経 | トップページ | PC遠隔操作事件:片山被告、4事件すべての関与認める(20日)毎日 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「知人のやくざが怒っている」 元同級生から恐喝容疑、被害額1千万円か(20日)産経 | トップページ | PC遠隔操作事件:片山被告、4事件すべての関与認める(20日)毎日 »