« 出水でパチンコ店数百万円強盗 刃物男3人逃走(11日)共同 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2014年5月11日 (日)

後絶たぬ鉄道自殺 ホームドア普及でも歯止めかからず(11日)産経

ホームからの飛び込みなどによる鉄道での自殺が後を絶たない。国土交通省によると、平成24年度は全国で631件(30分以上の遅延などを生じる)で前年より30件も増えた。自殺の抑止効果もあるとされるホームドアの普及も進むが、歯止めがかからない状態だという。「根本的な策は見えない」。鉄道関係者らは頭を痛めている。
 今月8日午前、首都圏の鉄道担当者は人身事故の一報に時計を確認し、思わずため息をついた。事故が起きたのは埼玉県ふじみ野市の東武東上線踏切。男性が遮断機をくぐり抜け準急電車にはねれ、死亡した。自殺とみられるという。午前10時28分。「以前は影響の大きくなるラッシュ近辺の自殺はなかった。最近は一般論も通用しないくらい頻繁に起きる」(担当者)
 国交省によると、輸送障害のうち、自然災害や車両故障など鉄道会社内部の要因を除いた、自殺を含む「部外要因」の件数は増加傾向にある。平成4年度は636件だったが、14年度は1096件。24年度は2千件を突破し、2231件に達した。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140511/dst14051110010004-n1.htm

« 出水でパチンコ店数百万円強盗 刃物男3人逃走(11日)共同 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出水でパチンコ店数百万円強盗 刃物男3人逃走(11日)共同 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »