« 女子児童わいせつ誘拐などの疑い、61歳男を逮捕 (13日)TBS | トップページ | 認知症の女性 県警が異なる名前で把握(13日)NHK »

2014年5月13日 (火)

バスジャック:「育ての親ふびんだ」…佐藤容疑者知る男性(13日)毎日

11日夜に宮崎県で発生したバスジャック事件で、監禁容疑で現行犯逮捕された住所・職業不詳、佐藤成一容疑者(45)。宮崎県警によると、佐藤容疑者は同県えびの市に育ての親がおり「事件を起こさないと会えないと思った。自暴自棄で死ぬにしても最後に話をしたかった」と供述しているという。
 佐藤容疑者を知る男性によると、佐藤容疑者は小学校入学前、男性の親戚でえびの市内に住む夫婦と暮らすようになった。しかし「10年ほど前から姿を見ていない」と話す。この夫婦が佐藤容疑者の「育ての親」だという。
 男性の話では、佐藤容疑者は幼い頃は素直な性格で作文が上手だったが、高校卒業の前後に生活が荒れ始めた。飲食などで派手に浪費するようになり、定職に就く様子もなく、夫婦宅にも債権の取り立てが来るようになった。それでも育ての母は佐藤容疑者を可愛がり、田畑を売るなどして用立てていたらしい。
 育ての父は既に他界し、母は高齢で施設に入所しているという。今回の事件に男性は「育ての親がふびんでならない」と話した。【平川哲也】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20140513k0000m040149000c.html

« 女子児童わいせつ誘拐などの疑い、61歳男を逮捕 (13日)TBS | トップページ | 認知症の女性 県警が異なる名前で把握(13日)NHK »

一般犯罪(暴行、傷害、監禁、特別法、公妨など犯罪全般)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女子児童わいせつ誘拐などの疑い、61歳男を逮捕 (13日)TBS | トップページ | 認知症の女性 県警が異なる名前で把握(13日)NHK »