« 2014年5月30日 | トップページ | 2014年6月1日 »

2014年5月31日

2014年5月31日 (土)

不明の小中学生、全国に705人 北海道内は11人(31日)北海道

子どもの居場所をつかめないケースは全国で相次ぎ、専門家は「子どもの安全のため行政機関の連携が必要だ」と指摘している。
 文部科学省の2013年5月時点の学校基本調査によると、1年以上居場所の分からない小中学校の「居所不明児童」は道内11人を含む705人に上る。
 文科省は13年3月、事件性が疑われる場合は警察に相談するよう、全国の教育委員会に通知。厚生労働省も今年2月、学校などで所在を確認できない18歳未満の子どもを対象に、面会を原則とする実態調査に乗り出した。近年は各自治体で児童相談所や病院、警察などが情報を共有する仕組みが整いつつある。花園大の津崎哲郎特任教授(児童福祉論)は「実態調査で異変を感じたら、行政や民間の機関が連携して子どもの安全を守ることが必要だ」と話している。

Logo1_3http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/542694.html

NPO元代表理事ら5人再逮捕 震災事業費の横領容疑(31日)共同

岩手県山田町から預かった2012年度の東日本大震災の緊急雇用創出事業費を横領したとして、岩手県警は31日、業務上横領容疑で、NPO法人「大雪りばぁねっと。」(北海道旭川市、破産手続き中)元代表理事岡田栄悟容疑者(35)=旭川市=ら5人を再逮捕した。岡田容疑者の逮捕は4回目。
 ほかの4人は、法人の経理担当だった岡田容疑者の妻光世容疑者(32)と、母かおり容疑者(53)、知人の介護職員井上ゆかり容疑者(34)と母幸子容疑者(67)=いずれも旭川市。
 再逮捕容疑は5人で共謀し、12年4月から同11月までの間、事業費数百万円ずつ横領した疑い。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014053101001750.html

| コメント (0)

児相、男児の所在不明把握も通報せず 厚木(31日)日本テレビ

30日、神奈川県厚木市のアパートから白骨化した男の子の遺体が見つかった事件で、警察は、父親を男の子に食事などを与えずに死亡させたとして逮捕した。
 保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは、トラック運転手の斎藤幸裕容疑者。警察によると、斎藤容疑者は2006年から2007年にかけて、厚木市のアパートで当時5歳の長男とみられる男の子に食事などを十分に与えず、死亡させた疑いが持たれている。
 児童相談所によると、男の子は2004年、迷子になったとして一度保護されていた。その後、児童相談所は家庭訪問や入学予定の小学校などに問い合わせるなどの調査を行い、男の子の所在がわからなくなっていることを把握していたが、警察などへの相談はしなかったという。そして、男の子が中学校にも入学していないことや、アパートの部屋に誰も住んでいる気配がないのに家賃が継続的に支払われていることを不審に思い、22日に警察に届け出たという。
 警察の調べに対し、斎藤容疑者は「2006年の秋頃に息子を死亡させてしまった」「息子が死んだ後、こわくて家を出た」などと話し、容疑を認めているという。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2014/05/31/07252192.html

熱中症:200人超病院搬送 千葉と茨城で死者も(31日)毎日

全国各地で真夏日となった31日、熱中症とみられる症状で病院に運ばれた人が200人を超えたことが共同通信の集計で分かった。千葉県と茨城県で計2人が死亡し、中学生やお年寄りらが救急搬送された。
 各地の消防によると、千葉県南房総市のビニールハウス内と茨城県小美玉市の住宅の庭先で、それぞれ女性が倒れているのが見つかり、病院に運ばれたが死亡が確認された。
 福井県勝山市では、中学校のグラウンドで体育祭に参加していた中3の男子生徒が気分の悪さを訴え、搬送された。同県敦賀市のスタジアムでソフトボールの練習試合中だった金沢市の高3男子生徒も軽度の熱中症で病院に運ばれた。(共同)

Logo_mainichi_s1_3http://mainichi.jp/select/news/20140601k0000m040041000c.html

読売テレビ:酒気帯び運転容疑チーフプロデューサー逮捕(31日)毎日

兵庫県警川西署は31日、奈良市あやめ池北2、読売テレビ放送(大阪市)の営業企画開発部チーフプロデューサー、松下泰紀容疑者(57)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。
 容疑は、31日午前11時45分ごろ、兵庫県川西市中央町の市道で、基準以上のアルコールを帯びて乗用車を運転した、としている。
 川西署によると、松下容疑者の車が、赤信号で停止中の乗用車に追突。署員が飲酒検知したところ、呼気1リットル当たり0.4ミリグラムのアルコールが検出された。自宅のある奈良市から川西市の実家に向かう途中だったとみられ、「朝、自宅でワインを飲んだ」と容疑を認めているという。
 読売テレビ広報部によると、松下容疑者はコマーシャル制作を担当。同社は「厳正に処分する」とのコメントを出した。【米山淳】

Logo_mainichi_s1_2http://mainichi.jp/select/news/20140601k0000m040049000c.html

| コメント (0)

熱海駅で現金授受…息子装い900万円詐欺容疑 さいたまの17歳逮捕(31日)

愛知県警岡崎署は31日、詐欺容疑で、さいたま市桜区の職業不詳の少年(17)を逮捕した。
 逮捕容疑は27日、愛知県岡崎市の無職女性(71)に、息子を装って「会社の金を使い込んだ」と電話をかけ、現金900万円をだまし取った疑い。岡崎署によると、JR熱海駅で女性から現金を受け取る少年の姿が防犯カメラに写っていた。
 同署には30日、岡崎市の別の男性(70)から、息子を装い現金をだまし取ろうとする電話があったと相談があった。
 男性が現金を持参するよう指示されたJR豊橋駅(同県豊橋市)に現れた少年を岡崎署員が見つけ、無職女性から現金をだまし取った容疑を認めたため逮捕した。少年は「知らない男に指示されてやった」と供述していhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140531/crm14053113450006-n1.htmる。

Msn_s1_4

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(31、1日単位・レベル)

自転車窃盗を防げ
2009_1228_22521931【治安つぶやき】

F1010144 自転車泥棒が増えている。盗まれても被害額は少ないうえ、盗むほうは手軽に手に入る-盗難などの刑事事件だけでなく道交法違反、無断駐輪、放置自転車と自転車はあらゆる方面から対策が必要のようだ。
 警察庁によると今年4月現在の自転車の盗難件数は8万0877件で前年同期より3981件も増えている。
 これに対して検挙件数は3784件で308件減った。よって検挙率は4.7%と極めて低い。
 東京が一番多く1462件増の1万5337件。次いで大阪は4647件も増え1万2896件だった。埼玉は303件減の5957件、神奈川は320件減の5108件、兵庫が551件増の4642件の順。
 検挙率の低いのは岩手の2.0%、大阪と京都が3.1%、埼玉3.2%、三重3.6%と続く。
 これに対して高いのは長崎の18.9%、島根の14.8%、秋田の11.2%、熊本8.5%、静岡と北海道が8.0%となっている。
 警視庁によると東京都内は今年3月末だが大田区が昨年の506件から915件とほぼ倍増したほか練馬区で625件から869件など一部で増加している。
 数字治安に大きな影響のある自転車盗。検挙活動もそうだが、なんと言っても国民ひとりひとりの盗難防止策が必要のようだ。
 「盗まれても、たかが自転車」と思う輩は、被害に遭っても届けるなと言いたい。

【事件】 1日午前1時すぎ、東京都江東区のコンビニに包丁を持った男が押し入り、11万円を奪って逃げた。また4時間半後には、8キロ離れた中央区銀座のコンビニでも3万円が奪われるなど江東区と中央区で強盗事件が相次いだことから体感治安を変える。
 首都東京体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります。 http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル3"

| コメント (0)

熊本県警:傷害容疑で逮捕の19歳少年、一時実名で発表(31日)毎日

熊本県警荒尾署は31日、傷害容疑で逮捕した同県荒尾市内の自称鉄筋工の少年(19)を誤って実名で報道発表した。25分後に県警本部がミスに気付いて匿名で発表し直した。同署は「単純ミスで今後はチェック体制を強化し再発防止に努める」と話している。
 同署によると、少年は30日午後10時半ごろ、同市本井手の路上で元妻の市内の女性店員(19)の顔を殴るなどして転倒させ、唇や左肘に軽傷を負わせたとして、31日午前10時20分ごろに逮捕された。
 同署が少年を実名で記載した報道発表文を作成し、県警本部が内容を確認し午前10時29分に県内の報道機関13社に一斉ファクス。その後、県警本部の担当者がミスに気付いて午前10時54分に匿名に切り替え再度ファクスした。【松田栄二郎】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20140531k0000e040187000c.html

| コメント (0)

栃木のパチンコ店2店全焼、漏電の可能性も (31日)TBS

30日夜、栃木県・栃木市でパチンコ店2店舗が全焼する火事がありました。
 30日午後9時20分ごろ、栃木市・箱森町のパチンコ店で「クーラーの後ろから煙が出ている」と、店の女性従業員から119番通報がありました。
 消防が駆けつけ、火はおよそ7時間半後に消し止められましたが、隣のパチンコ店にも燃え移り、2店舗あわせて1750平方メートルが全焼しました。
 「黒い煙が出ていた。『遊技をやめて避難してください』と(言われた)」(パチンコ店の客)
 この火事で、従業員の男性1人が軽いけがをしました。調べによりますと、フロアの天井に設置されているクーラーから突然、煙が出てきたということで、警察は漏電の可能性があるとみて、出火の原因を調べています。(31日11:41)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2214282.html

六本木でタクシー蹴る 産経新聞政治部次長を逮捕(31日)テレビ朝日

東京・六本木で、事故を起こして実況見分中だったタクシーに乗車できなかったことから、タクシーのドアを蹴ったとして産経新聞の政治部次長の男が逮捕されました。
 赤地真志帆容疑者(44)は31日午前0時ごろ、港区六本木の路上で、タクシーの後部座席のドアを蹴り、へこませたとして現行犯逮捕されました。警視庁によりますと、赤地容疑者は同僚とタクシーに乗り込みましたが、このタクシーは直前に交通事故を起こして警察官が実況見分をしている最中でした。赤地容疑者は、乗車できなかったことに腹を立てたとみられていますが、当時、酒に酔った状態で「蹴った記憶は無い」と容疑を否認しています。産経新聞は、「社員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、事実関係を確認し、厳正に対処する」とコメントしています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000027960.html

| コメント (0)

児相、男児確認は10年前…県警に相談せず 所長会見、厚木の遺棄致死(31日)産経

神奈川県厚木市のアパートで男児の白骨遺体が見つかり、父親の斎藤幸裕容疑者(36)が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された事件で、同県厚木児童相談所の井上保男所長は31日、記者会見し、男児の所在を最後に確認したのは平成16年で、小学校に通っていないことを把握しながら、今年春まで県警に相談しなかったと明らかにした。
 井上所長によると、16年10月7日午前4時半ごろ、アパートの近くで通行人が男児を発見し、児相が保護。その際、男児は裸足で、Tシャツと紙おむつ姿だったといい、翌8日、母親に引き渡した。
 児相が男児の姿を確認したのはこの時が最後だったという。その後、男児が小学校に通っていないことを把握していたが、今年に入って事件性もあると判断し、今月22日に県警に相談していた。
 遺体が見つかったアパートは閑静な住宅街にあり、近くに住む大学3年の男性(20)は「3年前に越してきてから、雨戸が開いているのも洗濯物を干しているのも見たことがない」と話した。

Msn_s1_3http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140531/crm14053111240004-n1.htm

| コメント (0)

バス車内で女子高生に放尿 成田空港行き、容疑の21歳男を逮捕(31日)産経

千葉県警成田国際空港署は31日、リムジンバスの車内で女子高校生に放尿したとして暴行の疑いで、自称福岡県那珂川町松木、会社員、法華津浩人容疑者(21)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、31日午前3時ごろ、東京駅から成田空港に向け走行中のリムジンバスの車内で、座席に座っていた鳥取市に住む高校3年の女子生徒(17)に放尿したとしている。
 同署によると、法華津容疑者は酒酔いの状態で「覚えていない」と供述。放尿の直前に女子生徒の太ももを触るなどしていたとみられ、千葉県迷惑防止条例違反(痴漢)などの疑いでも調べる。
 女子生徒は、31日午後に米国から来日予定の人気女性歌手を見るため、友人と一緒に成田空港に向かっていたという。
 バスには乗客約60人が乗っており満席だった。

Msn_s1_2http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140531/crm14053111540005-n1.htm

| コメント (0)

鍵やスマホ見当たらず 厚別女性遺体 犯人が持ち去った可能性(31日)北海道

 札幌市厚別区の東部緑地で28日、行方不明になっていた福祉施設職員伊藤華奈さん(25)の遺体が見つかった事件で、現場付近から伊藤さんが所持していた自宅の鍵が見つかっていないことが30日、捜査関係者への取材で分かった。失踪直前まで使っていたスマートフォンなどの所持品も見当たらないことから、札幌厚別署捜査本部は犯人が身元判明を遅らせるため、持ち去った可能性があるとみて調べている。
 遺体は28日夕、自宅から約700メートル離れた緑地の遊歩道脇の茂みで発見された。木の根元のくぼみに押し込まれ、うつぶせの状態で、大量の落ち葉に覆われていた。下着姿で靴下をはき、指輪とブレスレットを身に着けていたが、付近から衣服や靴、鍵、スマートフォンなどの所持品は見つかっていない。
 捜査本部は30日で現場検証を終えたが、31日も遺留品の捜索を続けるとともに、不審な車や人の目撃情報の収集や、防犯カメラとタクシーのドライブレコーダーに記録された映像の分析などを進める。<北海道新聞5月31日朝刊掲載>

Logo1_2http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/542579.html

 

適切な110番通報呼びかけ(31日)NHK

ことしに入ってうその110番通報が急増している徳島北警察署の管内の北島町で適切な通報などを呼びかけるキャンペーン活動が行われました。
30日は徳島北警察署の警察官や地元のボランティアなどおよそ15人が、北島町のショッピングセンターに集まりました。
そして、「いたずら110番が増えています。少年の非行防止に協力をお願いします」などと呼びかけながら適切な通報について説明するチラシを買い物客に配りました。
徳島北警察署の管内では、いたずらなど無効な110番通報の件数が、ことしに入って4月までで、300件と去年の同じ時期と比べて71件も増えています。
このうち、うその110番通報をして警察官から逃げる行為を繰り返した16歳の少年6人や、うその事件を届け出た17歳の高校生の少年が、いずれも軽犯罪法違反の疑いで家庭裁判所に送られるなど、110番に関係する少年の摘発も相次いでいます。
徳島北警察署の山田真吾生活安全課長は、「いたずら110番のせいで重大な事件への対応が遅れる可能性があり、絶対にやめて欲しい。非行の防止のため一般の人とも協力し、地域全体で指導を徹底したい」と話していました。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/8024749471.html?t=1401489837557

刺傷事件 漁協の父親に脅迫文(31日)NHK北九州

5月26日、北九州市で歯科医師の男性が2人組の男に刺されて大けがをした事件で、漁協の役員を務める被害者の父親に、事件のあと、「家族を殺す」という脅迫文が届いていたことがわかりました。
警察は、背景に漁協の役員選挙をめぐるトラブルがあるとみて調べています。
この事件は、5月26日、北九州市小倉北区で、29歳の歯科医師の男性が2人組の男に刺されて大けがをしたもので、警察は、手口などから暴力団が関与した疑いがあるとみて殺人未遂事件として捜査しています。
刺された男性の父親は、漁協の役員を務めていますが、事件のあと、この父親宛てに「家族を殺す」などと書かれた脅迫文が届いていたことが関係者への取材でわかりました。
北九州市の漁協をめぐっては、去年12月に父親の親族で、組合長を務めていた男性が拳銃で撃たれて殺害され、5月から6月にかけてその後任を選ぶ手続きが進められています。
警察は、事件の背景に、多額の漁業補償に関わる漁協の役員選挙をめぐるトラブルがあるとみてさらに詳しく調べています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20140530/4843151.html

| コメント (0)

「安全優先」届かぬ現場 JR子会社虚偽報告 日常的に検査手抜きか(31日)北海道

JR北海道が発注した枕木の交換工事で子会社の現場責任者がレールの仕上がり検査を行わず、数値を捏造(ねつぞう)した問題は、JRグループの保線現場で線路の安全を守る意識がなお欠如し、最低限のルールさえ守られていない実態を明らかにした。現場からは「検査の手抜きが日常的だった」との声も漏れる。検査データの改ざんなどの不祥事を踏まえ、安全を最優先とする鉄道会社としての原点に立ち返ったばかりのJRは、問題の根深さと対策の難しさに直面している。
 「枕木の交換箇所でレールに高低差が生じ、こぶのようになっていた」。JRの西野史尚副社長は30日の記者会見で、子会社「北海道軌道施設工業」が今月10日に釧路市の根室線音別駅で行った枕木交換で、レールの高さ設定を誤ったミスを説明。レールの異常値は運行停止の社内基準を超えたが、今年4月までの旧基準では「15日以内の補修」が認められており、「ただちに脱線するわけではないが、最悪の場合、脱線の危険がないわけではなかった」と述べた。<北海道新聞5月31日朝刊掲載>

Logo1http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/542575.html

「第三国での聴取応じる」 拉致事件でよど号メンバー(31日)共同

1970年の日航機よど号ハイジャック事件で北朝鮮に渡った元赤軍派メンバー、若林盛亮容疑者(67)は31日までに、日朝両政府が合意した拉致被害者らの再調査に関連し「北朝鮮や第三国であれば日本の捜査当局の事情聴取に応じる」との意向を明らかにした。平壌の事務所で、共同通信の電話取材に応じた。
 北朝鮮には若林容疑者らメンバー4人と、若林容疑者の妻佐喜子容疑者(59)、故田宮高麿・元赤軍派幹部の妻森順子容疑者(61)が滞在。メンバーの魚本公博容疑者(66)と日本人妻2人は、有本恵子さんら3人が欧州で拉致された事件の結婚目的誘拐容疑で国際手配されている。http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014053101001034.html

2010_0123_11120247newslogo1

| コメント (0)

生徒に頭突き 教諭を減給処分 千葉(31日)NHK

千葉市の中学校の52歳の男性教諭が部活動の指導中、生徒に頭突きをして鼻の骨を折るけがを負わせたとして減給の懲戒処分を受けました。

減給処分を受けたのは千葉市中央区にある中学校の52歳の男性教諭です。
千葉市教育委員会によりますと、この教諭は先月11日、顧問を務めていたサッカー部の練習に遅れてきた3年生の生徒に頭突きをして鼻の骨を折る全治およそ3週間のけがを負わせたということです。また生徒のひざを蹴ったり胸ぐらをつかんで地面に押しつけたりする体罰もしていたということです。教諭は「肉体的にも精神的にも苦痛を与えてしまい申し訳なかった」と話していて、千葉市教育委員会は30日付けで、来月から2か月間、10分の1の減給処分にしました。
千葉市教育委員会は「体罰はあってはならないことで再発防止に努めたい」と話しています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140530/k10014868191000.html

| コメント (0)

パワハラの相談件数 過去最多(31日)NHK

全国の労働局に寄せられた職場でのいじめや嫌がらせ、いわゆる「パワハラ」の相談は昨年度、5万9000件余りに上り過去最多を更新しました。

厚生労働省によりますと昨年度、全国の労働局に寄せられた労使間のトラブルの相談は、24万5783件で前の年に比べて8900件余り減りました。
ただ、相談の内容を見ますと、職場でのいじめや嫌がらせ、いわゆる「パワハラ」については7500件余り増えて、5万9197件に上り(+14.6%)、過去最多を更新しました。
そのほか、解雇に関する相談が4万3956件(-14.7%)、賃金カットなどの労働条件の引き下げが3万0067件(-11.5%)、退職を勧められたという相談が2万5041件(-3.1%)などとなっています。
厚生労働省は、「景気の改善傾向で解雇や労働条件を巡る相談が減る一方、パワハラだけは増えている。雇用形態が多様化して職場の人間関係が複雑になったことに加え、パワハラは社会問題だという認識が定着したことで泣き寝入りせず相談する人が増えている」と分析しています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140531/k10014872161000.html

| コメント (0)

アパートに子どもの白骨遺体、父親を逮捕 神奈川・厚木市 (31日)TBS

30日、神奈川県厚木市のアパートで子どもとみられる白骨化した遺体が見つかり、警察は、31日朝、保護責任者遺棄致死の疑いで30代の父親を逮捕しました。
 今月22日、厚木市の児童相談所から「中学校に入学予定の男の子が入学して来ないため、行方不明届を出したい」と警察に相談がありました。警察によりますと、30日になって男の子の父親と連絡が取れたことから、厚木市下荻野のアパートを訪れたところ、部屋から男の子とみられる幼い子どもの白骨化した遺体が見つかりました。遺体は、死後、長期間経過しているとみられ、部屋もゴミだらけで、長時間使用された形跡がないということです。
 「いつもシャッターが閉まっている感じ。空き家だと思っていた」(近隣の人)
 警察は、保護責任者遺棄致死の疑いで捜査していましたが、31日朝、男の子の父親でトラック運転手の齋藤幸裕容疑者(36)を逮捕しました。(31日06:24)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2214137.html

| コメント (0)

ヘルメット姿に刃物… 2人組強盗の画像公開(31日)テレビ朝日

000027935_6401茨城県つくばみらい市のコンビニ店に2人組の男が押し入り、現金を奪って逃げました。警察は2人組の画像を公開し、行方を追っています。
 30日午前3時ごろ、つくばみらい市の「セブン-イレブン谷和原台店」に2人組の男が押し入りました。防犯カメラには、犯行の様子をとらえていました。2人組の男は、レジで男性店員(34)に果物ナイフのような刃物をちらつかせて「金を出せ」と脅し、現金約6万5000円を奪って逃走しました。店員にけがはありませんでした。2人組の男は20歳くらいで、赤いヘルメットの男は身長約165cmで小太り、黒いニット帽の男は身長170cmくらいだったということです。

映像提供:茨城県警http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000027935.html

2009_1229_211958annlogo1

| コメント (0)

ブラジル側に処罰要請 静岡、死亡女児の両親(31日)産経

2005年10月に静岡県湖西市で女児=当時(2)=が死亡した交通事故で、事故直後に帰国しブラジルで過失致死罪に問われた日系人女性パトリシア・フジモト被告の時効を認めた控訴審判決を不服として、女児の両親が30日、検察による上告を求める嘆願書をコレアドラゴ駐日ブラジル大使に提出した。
 両親は湖西市の山岡宏明さんと理恵さん。大使館で嘆願書を受け取った大使は「できる限りのことをする。検察に嘆願書を渡す」と述べた。山岡さんは提出後、報道陣に「被告に罪を認めさせ、娘に良い報告をしたい」と語った。
 事故は05年10月17日午前、湖西市の市道交差点で、フジモト被告の軽乗用車と理恵さんの乗用車が衝突、同乗の長女理子ちゃんが頭を打ち死亡した。フジモト被告は日本政府の代理処罰(国外犯処罰規定による訴追)の要請に基づき、ブラジルで起訴された。

Msn_s1http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140530/crm14053022360015-n1.htm

| コメント (0)

« 2014年5月30日 | トップページ | 2014年6月1日 »