« 2014年5月29日 | トップページ | 2014年5月31日 »

2014年5月30日

2014年5月30日 (金)

物置の遺体は91歳男性、北海道・函館 死体遺棄事件で捜査(30日)北海道

函館中央署は30日、函館市美原の団地敷地内にある物置で20日に見つかった遺体は、この団地に住む無職阪下義雄さん(91)と判明したと発表した。
 函館中央署によると、DNA型鑑定で身元を特定した。司法解剖したが、死因は不明という。遺体が複数の袋に分けて詰められていたことなどから、同署は死体遺棄事件として捜査している。
 団地管理人や同署によると、阪下さんは約6年前から姿が見えなくなっていたが、阪下さんの年金は、昨年12月まで口座から引き出されていたことが確認されている。同署が阪下さんの親族らから事情を聴いている。

Logo1http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/542524.html

| コメント (0)

被害者は東京の35歳=勝浦の刺殺事件-千葉県警(30日)時事

千葉県勝浦市の駐車場で男性が刺され死亡した事件で、県警勝浦署捜査本部は30日、被害者は東京都杉並区高円寺北、職業不詳で韓国籍の金政守さん(35)と確認したと発表した。
 捜査本部によると、事件は27日午前0時10分ごろ、勝浦市松野で発生。金さんは現場で落ち合った自称自営業の羽生主希容疑者(34)=殺人容疑で逮捕=に刺されたとみられ、捜査本部が詳しい状況を調べている。(2014/05/30-20:01)

Top_header_logo21_2http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

受け入れ拒否38回や5時間待機 埼玉県が救急搬送調査(30日)共同

埼玉県川口市で昨年2月、自宅で転倒し脚を骨折した50代女性が、複数の病院から計38回にわたり救急搬送の受け入れを断られていたことが30日、県の調査で分かった。悪性リンパ腫の既往歴があり「専門外」などの理由で拒否されていた。
 昨年1月には、同県春日部市の路上で倒れていた住所不定の80代男性が36回断られ、救急車内で5時間以上待たされたことも判明。身元引受人がいないことなどが影響したとみられる。
 調査によると、昨年1年間の救急搬送人数は、約25万4700人で、重症患者はうち約2万3100人。重症患者の約9%に当たる約2100人が受け入れを4回以上断られた。

2010_0123_11120247newslogo1_3http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014053001002072.html

| コメント (0)

ビルマホシガメ売買で書類送検(30日)TBS

絶滅のおそれがあるため、商取引が禁止されている『ビルマホシガメ』を売買したとして、警視庁は、東京・北区にあるペットショップの経営者の男(35)と、小平市に住む美容師の男(41)を書類送検しました。
 美容師の男は去年11月、『ビルマホシガメ』1匹をペットショップの経営者に、10万円で譲り渡した疑いが持たれています。
 美容師の男は、『ビルマホシガメ』が法律で規制される前に入手し、自らが経営する美容院で、飼っていましたが、警視庁の事情聴取に対し、『エサ代がかかるので、売ろうと思っていた』と話しているということです。
 『ビルマホシガメ』をめぐる摘発は全国で初めてです。(30日15:14)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2213805.html

| コメント (0)

ザックJ選手らの飛行機が事故 翼が消防車と接触(30日)テレビ朝日

ザックジャパンに思わぬトラブルです。
 ワールドカップサッカーの日本代表選手ら80人が乗る特別チャーター機がアメリカ・フロリダ州のタンパに着陸した後、消防車両と接触する事故を起こしていたことが分かりました。日本航空によりますと、当時、タンパ空港では、選手たちの到着を歓迎するために、消防車2台が放水でアーチを作る演出をしていましたが、チャーター機の右主翼が消防車の放水ノズルに接触したということです。ザッケローニ監督や選手らにけがはないということです。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000027928.html

| コメント (0)

他人のIDでチケット購入、850万円相当換金 中国人少年ら6人逮捕(30日)産経

他人のIDとパスワードを使い、会員制の販売サイトでコンサートチケットを不正入手したとして、警視庁組織犯罪特別捜査隊は電子計算機使用詐欺容疑で、中国籍で東京都目黒区の高校1年の男子生徒(16)ら6人を逮捕した。いずれも容疑を認めており、同隊はIDとパスワードの入手方法を調べている。
 少年らは昨年9月~今年3月、「ぴあ」などの販売サイトに他人のIDとパスワード約100人分を使ってログインし、大相撲などの入場券計約400枚(販売価格約850万円相当)を購入し、換金していた。クレジットカード情報は事前に登録されており、IDとパスワードだけで購入できる仕組みだった。
 逮捕容疑は1月、他人のIDとパスワードで「ぴあ」にログインし、クラシックコンサートのチケット3枚(同約11万円相当)を不正に入手したなどとしている。

Msn_s1_3http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140530/crm14053015560010-n1.htm

| コメント (0)

「木が燃える臭い落ち着く」 民家への放火容疑で49歳会社員を逮捕 警視庁(30日)産経

解体中の民家に火をつけたとして、警視庁武蔵野署は30日、放火容疑で、東京都武蔵野市吉祥寺本町、会社員、大沢厚彦容疑者(49)=別の器物損壊容疑で逮捕=を再逮捕した。同署によると、「木が燃える臭いをかぐと、気持ちが落ち着いた」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は平成25年12月4日午後10時10分ごろ、自宅近くの民家で、解体中の1階床部分にライターで火をつけ、廃材や付近にあったショベルカーなどを燃やしたとしている。
 同署によると、同じ民家で今年3月25日に竹ぼうきが燃える不審火があり、周辺の防犯カメラの画像などから大沢容疑者の関与が浮上。この不審火を起こしたとして、5月10日に器物損壊容疑で逮捕されていた。

Msn_s1_2http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140530/crm14053017510013-n1.htm

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日単位・レベル)
あらゆる法令を駆使せよ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212_6F1010045_2 暴力団員を捕まえるのには刑法犯だけではない。今回はなんと路上でたこ焼きを売っていた暴力団員の男が警視庁に逮捕された。
 男は東京・板橋区の極東会系の69歳の暴力団員で、池袋の路上に止めた車を利用、保健所の許可を受けずに営業していた。
 警視庁は売り上げが暴力団に流れていたかを調べている。
 全国の警察は暴排条例などの活用による検挙活動を続けているが、オウム真理教などのような組織を潰すにはあらゆる法令の駆使と合わせて、警察だげでなく国税や保健所などが一丸となる必要がある。
 警察庁によると今年4月までに刑法犯、特別法犯で検挙した件数は6880件で前年より1306件減少しているものの検挙者は3739人で422人も増加している。
 検挙罪名の最も多いのは刑法犯・窃盗の3743件、特別法の覚醒剤取締法違反が2152件と続き、昔の〝任侠道〟が聞いてあきれるばかりだ。
 ちなみに検挙人員の最多は覚醒剤取締法違反の1470人。以下、傷害804人、詐欺617人、窃盗は615人で認知件数が多いものの検挙人員は少ない。
 首都東京体感治安は「レベル2(グリーン)」とする。
  別室に小説コーナーがあります。
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/
 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

市民の銃体験中止 全国の陸自に通達 (30日)共同

防衛省の陸上幕僚監部(陸幕)が、陸上自衛隊の駐屯地などを一般開放するイベントで実施してきた銃の操作体験を取りやめるよう全国約150の駐屯地に文書で通達していたことが29日、分かった。通達の昨春以降、駐屯地で開催された記念行事や祭りなどでの銃体験は事実上の中止が続いている。
 2012年4月に、陸自練馬駐屯地(東京都練馬区)の創立記念行事の武器展示会場で、一般来場者に小銃や機関銃の操作体験をさせた。これを問題視した地元住民を中心につくる「自衛隊をウオッチする市民の会」は13年4月、市民に小銃などを手に取らせていた行為が銃刀法違反に当たるとして、当時の田中直紀防衛相や君塚栄治陸上幕僚長らを東京地検に刑事告発した。
 これを受け、同幕僚長は同年4月に練馬駐屯地で予定していた記念行事での銃操作体験の取りやめを発表した。
 さらに陸幕は同じ時期、全国約150の駐屯地に対し、一般開放行事で来場者に銃に触れさせないよう指導する要領を文書で通達。以後、全国的に銃の操作体験コーナーは姿を消した。従来の銃の展示に関しては、鎖などで固定し隊員をそばに立たせるなどして来場者が近づけないよう配慮しているという。
 陸幕関係者は「市民感情を考慮して決まった」と経緯を説明。事実上の中止をいつまで継続するかについては、「われわれは訴えられている側であり、全面的に中止するのか、今後再開するか、今のところは不透明」と話す。
 横須賀市御幸浜の武山駐屯地では今月25日、東部方面混成団の創立記念行事が開かれた。同行事は12年は装備品展示場で銃の操作体験コーナーがあったが、13年は銃の展示のみとなり、今年は展示そのものがなくなった。「市民の会」事務局長の種田和敏弁護士は、「告発状はいまだに受理されていないが、告発したことにより一定の効果が出ている。今後も注視していきたい」と話している。【神奈川新聞】

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.kanaloco.jp/article/72185/cms_id/83563

逮捕写真が外部に流出 福岡、情報提供者が携帯で撮影(30日)朝日

福岡県警が覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕した容疑者の写真が県警外部に流出していたことが29日までにわかった。写真は逮捕時に撮影されたもので、情報提供者が警察署内で話を聞かれた際に写真を示され、署員が席を外した隙に携帯電話などで撮影し、この容疑者本人にメールで送っていた。県警は情報管理に問題があったとして謝罪し、署員らを厳重に注意した。
 流出した写真は北九州市内に住む女性を撮影したもの。女性は昨年6月に覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕され、同法違反の罪で懲役1年6カ月執行猶予3年の有罪判決を受けた。
 昨年末、女性のもとに届いた携帯電話のメールに自身の写真が添付されていた。送り主は、女性の知人で情報提供者だった人物。正面と右を向いた2枚組みの写真1枚だった。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASG5X5D8HG5XTIPE01N.html?iref=comtop_6_01

| コメント (0)

潜伏キリシタンの絵、帰郷 150年ぶり仏から長崎に(30日)西日本

201405300002_000_m1 江戸末期から明治初期にかけて、長崎・浦上の潜伏キリシタンからフランス人神父の手を介してフランスに渡っていた水彩画が29日、約150年ぶりに長崎市に返ってきた。聖母マリアなどが描かれており、浦上の信徒が禁教時代に人目を忍んで礼拝で使っていたとみられる。
 絵は縦63センチ、横40センチで、聖母マリア、聖フランシスコなどが描かれている。聖母マリアを囲む帯ひもには三つの結び目があり、日本で布教活動をしていたフランシスコ修道会の修道服の特徴という。カトリック長崎大司教区によると、制作時期は不明だが、日本画の要素があり、禁教令(1614年)以前に日本で描かれたと推測される。
 浦上の潜伏キリシタンは1865年、長崎の大浦天主堂でプチジャン神父に信仰を告白した「信徒発見」で知られる。絵は浦上で活動していた神父がプチジャン神父を介し、1869年ごろにフランスに送った。経緯はプチジャン神父の手紙に記され、その後、パリの修道会に保管されていたことが研究者の調査で明らかになっていた。
 浦上の信徒は江戸末期に「浦上四番崩れ」と呼ばれる厳しい弾圧に遭い、当時の信仰資料は少ない。原爆爆心地に近いこともあり、今回の絵は希少価値が高いとみられる。
 絵の返還式は29日、長崎市の中町教会で行われた。返還を要請していたカトリック長崎大司教区の高見三明大司教は「信徒発見から150年を前に長崎に戻ってきたのは奇跡のようだ」と喜びを語った。=2014/05/30付 西日本新聞朝刊=http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/91567

| コメント (0)

女性と飲食目的で捜査費詐取 北海道警が警部補を容疑で書類送検、懲戒免職(30日)北海道

捜査費など計4万円をだまし取ったとして、道警は29日、詐欺の疑いで、札幌中央署の40代の男性警部補を書類送検し、懲戒免職とした。
 送検容疑は2012年12月11日~13年10月1日、上司に「捜査協力者と会って情報を得たいので捜査費を執行してほしい」などとうそを言い、4回にわたって捜査費と捜査報償費計4万円をだまし取った疑い。
 道警監察官室によると、警部補は受け取った現金を飲食店従業員の女性との飲食代に使っており、「女性の気を引きたかった」などと供述。
 ほかにも記録が残る過去5年間で計43回、約25万6千円を不正に受け取っていたが、関係者から裏付けが取れず、立件を見送ったという。警部補は計47回分を弁済した。
 警部補は捜査協力者から飲食代計約22万円を借金するなどの不適切な付き合いもあったという。
 また、道警は29日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で旭川東署生活安全課巡査大森潤輝容疑者(24)を書類送検し、停職6カ月の懲戒処分とした。大森容疑者は辞職の意向を示しているという。<北海道新聞5月30日朝刊掲載>http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/542365.html

| コメント (0)

無銭飲食で誤認逮捕=立て替え確認せず-静岡県警(30日)時事

静岡県警は29日、御殿場署が無銭飲食の疑いで同県御殿場市の30代男性を誤認逮捕したと発表した。別の客が立て替えていたことが分かり、約50分後、男性に謝罪し釈放した。
 県警によると、同日午後3時15分ごろ、同市新橋の飲食店から通報があり、駆け付けた署員が住所や氏名を名乗らず立ち去ろうとした男性を、焼酎1杯の代金400円を支払わなかったとして詐欺容疑で現行犯逮捕した。
 しかし、別の客が「男性におごった」と話し、代金が支払われていたことが判明した。3人いた署員のうち1人が立て替えの話を聞いたが、店の外で男性と応対していた2人に伝わらなかったという。

Top_header_logo21http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0)

酒臭いまま車で交番に、逮捕 「通報したのは誰だ!」(30日)共同

佐賀県警唐津署は29日、飲酒運転の疑いがあると連絡されたことに逆上し、通報者を聞き出そうと酒臭いまま車で交番に乗り付けたとして、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、農業青木高広容疑者(43)=唐津市半田=を現行犯逮捕した。
 県警によると、29日午前1時ごろ唐津署鏡交番に「ふらふらしている車がある」と匿名で通報があった。車のナンバーから署員が青木容疑者宅を訪問。飲酒運転の確認は取れず、引き上げた。
 ところが午前2時40分ごろ、容疑者が鏡交番に車を乗り付け、「誰が通報したんだ」と詰め寄ってきた。酒の臭いを感じ検査すると、基準値を超えるアルコールが検出された。http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014052901001829.html

2010_0123_11120247newslogo1

| コメント (0)

再会できること願ってます~横田早紀江さん(30日)日本テレビ

日本人拉致被害者の全面調査で日朝が合意したことについて、被害者の家族が取材に応じた。
 横田めぐみさんの父・滋さん「これが最後の機会と我々も思っておりますが、ぜひ成果を上げていただきたいと思っております」
 横田めぐみさんの母・早紀江さん「みんなが年をとって体力もなくなってきていますので、『ああ、良かったね』と言って再会ができる、そのことを願っております」
 田口八重子さんの兄・飯塚繁雄家族会代表「千載一遇のチャンスですから、(日本政府は)これを無にすることなく、確実にこの展開をリードしてもらいたい」
 拉致被害者・有本恵子さんの両親も取材に応じた。
 母・嘉代子さん「この交渉は、前進したと思っています。私たちが生存中にこの問題が解決して、拉致された人が帰国してほしい」
 鳥取県米子市出身の拉致被害者・松本京子さんの兄は―。
 兄・猛さん「安倍首相が記者会見したとなれば、いい加減なことでは終わらないだろうし、だから決着はつくだろうなと思いますよ。数名の方はおそらく帰ってくると思います」
 一方、拉致された可能性があるとされながら、これまで日朝交渉のテーブルに上がることがなかったのが特定失踪者だ。
 中でも拉致された可能性が高いとされている一人が41年前、当時18歳の時に千葉県内で行方不明になった古川了子さん。姉の珠路さんは、北朝鮮が死亡したとする拉致被害者8人以外にも行方が分からない全ての日本人に関する全面的な調査を約束したことに期待感を示した。
 姉・珠路さん「(北朝鮮が)特定失踪者も含めて全面調査すると言ったのは初めてと思う。私にとっては、まずすごい大きな一歩だなと」
 その一方で不安も―。
 姉・珠路さん「(北朝鮮の調査に)期待はしたいところですが、危惧の念の方がすごく強くて、『何人かが死んでいましたよ。後は(北朝鮮に)入境していません』と言われるような調査では、とても私は納得できない」
 多くの人が期待を寄せる北朝鮮による全面的な調査。日本はその調査についてどう確認するのか。
 菅官房長官「調査の進捗(しんちょく)状況について、随時報告を受けて協議すると。そして、その中で調査結果を直接確認できる、そういう仕組みを担保しているということです」

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2014/05/29/07252094.html

| コメント (0)

よど号グループ最新状況明らかに(30日)NHK

日本と北朝鮮の政府間協議で、北朝鮮は拉致問題の全面的調査を行うことを約束しました。
日朝間に残る課題の1つが、昭和45年にハイジャック事件を起こし北朝鮮に渡ったあと、ヨーロッパでの日本人の拉致に関わった疑いがあるよど号グループの引き渡しですが、グループの最新の状況が明らかになりました。

よど号ハイジャック事件は、昭和45年3月、日航機の「よど号」が赤軍派のメンバー9人に乗っ取られたもので、メンバーは乗客を解放したあと北朝鮮に渡りました。現在もメンバー4人とその妻2人が北朝鮮にとどまっていますが、先月下旬にかけて、グループに面会した映画監督や編集者らが許可を得て最新の様子を撮影しました。グループの拠点は「日本人村」と呼ばれ、ピョンヤンの中心部から車で40分ほどの大同江(てどんがん)という川のほとりにあり、敷地内にはメンバーらが暮らすアパートや食堂、来客用の宿舎などもあります。
また、北朝鮮の一般市民が見ることが難しいとされる衛星放送の受信用アンテナが設置されているほか、料理などを提供する専属のスタッフも居るということで、依然として北朝鮮当局の厚遇ぶりがうかがわれます。
よど号グループを巡っては、ハイジャック事件のほか、▽ヨーロッパで起きた有本恵子さんの拉致事件でメンバーの1人魚本、旧姓、安部公博容疑者が、▽石岡亨さんと松木薫さんの拉致事件でメンバーの妻の森順子容疑者と若林佐喜子容疑者の3人が国際手配されています。
いずれも拉致事件への関与を否定していますが、日本政府は北朝鮮に6人の引き渡しを求めており、警察当局は帰国すれば逮捕する方針です。

続きを読む "よど号グループ最新状況明らかに(30日)NHK"

| コメント (0)

白バイ隊員殴られる、逃走の車に発砲 (30日)TBS

横浜市で、交通違反で止められたことに腹を立てた男が、白バイ隊員の巡査部長に突然殴りかかりました。巡査部長は拳銃を2発発砲し、男は逃走しましたが、その後、逮捕されました。
 29日午後1時すぎ、横浜市港南区で、軽乗用車を運転していた男を白バイ隊員の男性巡査部長(42)が交通違反で止めたところ、男は腹を立て、巡査部長を殴ったうえ、白バイの鍵を持ち去り、軽乗用車で逃走しました。その際、巡査部長は警告したうえで拳銃を上空に発砲し、さらに車に向けて発砲しました。
 およそ40分後、警察は現場近くで男を発見し、公務執行妨害などの疑いで逮捕しました。
 逮捕された自称会社員・山本祐太朗容疑者(21)は、取り調べに対し「手が顔に当たっただけ」と容疑を否認しています。(30日01:05)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2213387.html

| コメント (0)

遺体は25歳不明女性 殺人事件で捜査本部 北海道警(30日)産経

札幌市厚別区の東部緑地で成人女性の遺体が見つかった事件で、北海道警は29日、遺体の身元を4日から行方不明になっていた同区の養護施設職員、伊藤華奈さん(25)と確認したと明らかにした。死因は不詳としたが、現場や遺体の状況から殺人・死体遺棄事件と判断、厚別署に捜査本部を設置した。
 道警は、身元は指紋で特定したとしている。
 伊藤さんは婚約者と口論して、4日午前0時40分ごろ「散歩に出る」と徒歩で外出。直後から、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で友人2人とやりとりしていたが、午前0時56分に途絶えた。その4分後の午前1時ごろ、婚約者に携帯電話で「助けて。警察呼んで」と伝えた後、連絡が取れなくなっていた。
 道警は4日から22日まで、緑地などを延べ280人態勢で4回捜索したが異常は見つからず、遺体は22日以降に遺棄された疑いが強いとみている。

Msn_s1http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140529/crm14052922060017-n1.htm

| コメント (0)

« 2014年5月29日 | トップページ | 2014年5月31日 »