« 2014年5月19日 | トップページ | 2014年5月21日 »

2014年5月20日

2014年5月20日 (火)

振り込め詐欺:新手口 祈とう名目で「酒と現金送って」(20日)毎日

新潟県警村上署は19日、村上市の70代女性が、宝くじ当選を祈願する祈とう料の名目で、現金176万円と米や酒(計1万9000円相当)をだまし取られる被害に遭ったと発表した。県警によると、全国でも数例しか確認されていない手口といい、同署は「現金を怪しまれずに送らせるために米や酒と一緒に要求している可能性がある」とみて警戒している。
 同署によると、女性は2月下旬、東京都内の会社から自宅に届いた「開運祈とう」をうたう封書を見て会社に電話したところ、男から「祈とうで宝くじが当選する」と説明を受けた。その後「ドバイの宝くじの(当選金配当の)権利を譲渡する」との電話があった後、4月初旬に「くじが当選した。1260万円の当選金を配当するのでその1割を謝礼として供え物と一緒に送ってほしい」と電話があり、女性は指示通り、米15キロ入りの紙袋の中に現金126万円をしのばせて都内の会社に郵送した。女性はその後も、1升瓶2本入りの日本酒の箱の中に現金50万円を詰めて郵送した。その後、男たちと連絡が取れなくなり、詐欺に気付いたという。【真野敏幸】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/news/20140521k0000m040042000c.html

石狩・浜益の駐在所脇に破裂ボンベ くぎ数百本も、けが人なし(20日)北海道

 【石狩】20日午前10時20分ごろ、石狩市浜益区柏木、札幌北署柏木駐在所で、公宅の玄関風除室の脇に、破裂したカセットこんろ用ガスボンベ1本と、くぎ数百本が散乱しているのを、駐在所の警察官が見つけた。けが人はなく、建物に目立った損傷はなかったという。ボンベがあったアスファルトが黒く焦げており、同署は何者かが火を付けてボンベを破裂させた可能性が高く、悪質ないたずらとみて調べている。
 同署によると、ボンベは底が外れ、焦げていた。底にはゲル状の着火剤が付着していたという。くぎは長さ約2センチで、2~3メートル四方の範囲に散らばっていた。近くで白いポリ袋の燃えかすも見つかった。
 19日午前9時ごろ、警察官が巡回した際には、異常はなかったという。その後、駐在所は19日午後9時まで不在だった。近所の住民で破裂音などを聞いた人はいないという。現場は石狩市役所から約45キロの集落。

Logo1 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/540308.html

| コメント (0)

W杯といえばDJポリス 機動隊員にコツ伝授 滋賀(20日)朝日

昨年6月、サッカーW杯アジア最終予選の雑踏警備で話題を呼んだ警視庁第9機動隊員の「DJポリス」が20日、大津市御陵町の県警察学校で、警備のコツを教えた。8月に開催され、約35万人の人出が見込まれるびわ湖大花火大会に向けて、約80人の機動隊員らが学んだ。

 DJポリスは名前を明らかにしていない。昨年6月、サッカー日本代表がW杯出場を決めた夜に若者が集まる東京・渋谷駅前で「皆さんは12番目の選手です」などと優しく呼びかけて注目を集めた。
 この日、DJポリスは警備用の警察車両に上って、「楽しい花火大会は皆さんの健康あってこそです」と、語りかけるような呼びかけを実演。「語尾が下がると印象が悪い」「目が合ったら笑いかけるように」などとアドバイス。県警の機動隊員らは、声に抑揚をつけたり、ややゆっくりめに話したりする練習をした。
 警視庁警備部の近藤智和管理官(53)は「相手の立場に立って伝わりやすい警備をすれば、雑踏事故の防止につながる」とわかりやすさの大事さを強調。
 県警警備2課の国松政昭次席は「手で方向を示したり、語りかけるように話したり、見て聞いてもらう警備の基本を教えてもらえた」と話した。

Logo2 http://www.asahi.com/articles/ASG5N52RXG5NPTJB013.html

| コメント (0)

無免許で“まつエク”エステ経営の女を逮捕(20日)日本テレビ

まつ毛のエクステンションや皮膚に色素を入れるアートメークを無免許で客に施術したとして警察は20日、京都市にあるエステサロン経営の女を逮捕した。
 医師法違反などの疑いで逮捕されたのは、エステサロン「Myco.ya」経営の松本真理子容疑者(47)。警察によると、松本容疑者は2011年6月から女性客2人に対し、医師免許が必要なアートメークや、美容師免許が必要なまつ毛エクステンションを無免許で12回にわたって施術した疑いが持たれている。松本容疑者は容疑を認めている。
 京都府警は、ほかにも無免許でアートメークを施したとして11店舗のエステサロンを一斉摘発しているが、そのうち2店舗の経営者は松本容疑者からアートメークの技術を教わったと話しているということで、警察は詳しい事情を調べている。

2010_0318_173406banner011_2 http://www.news24.jp/articles/2014/05/20/07251490.html

埼玉・川口市の老夫婦殺害、強盗殺人容疑で孫を逮捕 (20日)TBS

今年3月、埼玉県川口市のアパートで無職の小澤正明さん(73)と妻の千枝子さん(77)が殺害されているのが見つかった事件で、警察は夫婦の孫で17歳の解体工の少年を強盗殺人の疑いで逮捕しました。
 少年は小澤さん夫婦を刃物で刺して殺害し、キャッシュカードなどを奪った疑いがもたれています。警察の調べに対し、少年は容疑を認めたうえで「金を借りに行ったら断られた」と供述しているということです。
 また、少年の母親で小澤さんの次女(41)も小沢さん夫婦のキャッシュカードから現金を不正に引き出した窃盗の疑いで先月、少年とともに逮捕されていて、警察は、今後、少年の母親の事件への関わりについて慎重に調べるとしています。(20日18:32)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2205690.html

「まさか見張られていたとは」片山被告“全面降伏”(20日)テレビ朝日

パソコンの遠隔操作事件で、全面否認を続けていた片山祐輔被告(32)が一転、自分の犯行と認めました。これまで片山被告は、終始一貫、無罪・無実を主張していましたが、スマートフォンからの自作自演のメールのことだけではなく、一連の事件も自分の犯行だということを自供。この背景には何があったのでしょうか。

 (社会部・西前信英記者報告)
 片山被告がメールを送ったスマートフォンに、完全に自分のものだと分かる証拠が残っていると自ら認めたためです。片山被告の弁護士は20日の会見で、片山被告がスマートフォンを隠す際、「まさか見張られていたとは思わなかった」と語ったことを明らかにしました。捜査当局によりますと、スマートフォンには、片山被告のDNAや指紋などが残っていました。そして、そこから過去の一連の事件について、本当の犯人しかたどり着けない場所にアクセスしていたことから、これ以上の言い逃れはすることが出来ないとして、「すみません。私が犯人です」と述べたということです。また、「母親にも『真犯人だったとしても受け入れる』と言われて、嘘をつき通せなくなった」とも話したということです。
 (Q.片山被告は裁判中に、結果的に嘘の主張をしていた。これによって罪の重さはより重くなるのか?)
 片山被告がこれまでの主張で、事実と違うことを言っていたことについては罪には問われません。なぜかというと、刑事裁判では、当事者である被告人は自分を守ろうとしますから、自分の利益になる嘘を言ってしまったとしても非難することは出来ないだろうという考えがあるからです。片山被告が罪を認めたわけですから、今後は、犯行に至った理由などで情状に訴えて、罪を軽くする方の主張をするものとみられていますが、裁判で心象が悪くなることは避けられません。東京拘置所で勾留されている片山被告の公判は22日に予定されていますが、自白によって、これまでとは違う展開を迎えることになりそうです。

2009_1229_211958annlogo1_3 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000027256.html

| コメント (0)

【ASKA容疑者逮捕】「アンナカだと思った」 覚醒剤の認識否認(20日)産経

歌手のASKA(アスカ)=本名・宮崎重明=容疑者(56)らが覚醒剤を隠し持っていたとして逮捕された事件で、ASKA容疑者が「(合法で強心剤の)アンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)だと思っていた」と供述し、否認していることが20日、捜査関係者への取材で分かった。
 ASKA容疑者の自宅から複数の違法とみられる薬物が見つかっており、警視庁組織犯罪対策5課はASKA容疑者が薬物の特性を理解した上で、虚偽の供述をしているとみている。
 安息香酸ナトリウムカフェインは薬事法上の劇薬に指定された白い粉末。眠気を取り、頭痛を和らげる作用がある。使用は合法だが、処方箋なしの譲渡は違法。効能が覚醒剤に似ているため、覚醒剤に混ぜて使われることもあるという。
 ASKA容疑者の自宅からは覚醒剤とみられる粉末や合成麻薬MDMAとみられる錠剤など複数の薬物が見つかった。ドライバーのような工具や吸引器具もあり、錠剤も粉末状にして使用していたとみられる。
 知人の栩内(とちない)香澄美容疑者(37)も「ASKA容疑者からアンナカと聞いた。全く身に覚えがない」と供述しているという。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140520/crm14052019500025-n1.htm

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(20、21日単位・レベル)
自殺者が多いのか?それとも…
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

F1010085

今年に入って4月までの全国で自殺した人は8388人にのぼることが警察庁のまとめで分かった。
 この数字は平成14年の年間交通事故死者数8396人に匹敵する数字だ。自殺者が多すぎるのか交通事故死者数が多すぎるのかだが、いずれにせよ歓迎される数字ではない。
 都道府県別の4月現在の自殺者数で最も多かったのは東京の841人、神奈川と愛知の465人、埼玉の456人、大阪の428人の順。
 鉄道のホームからの飛び込み自殺が、平成24年度は全国で631件(30分以上の遅延などを生じる)で前年より30件も増えたという(国土交通省)。殺されたり自ら命を絶ったり…どうなったニッポン!
 以下は群馬県が行った自殺防止標語優秀作品
  「大丈夫?」 小さな一言 大きな支え
 死んじゃ だめ! リセットできない その命
 その命 自分ひとりの ものじゃない
 その悩み あきらめないで 打ち明けて
 

 首都東京体感治安は「レベル2(グリーン)」とする。
  別室に小説コーナーがあります「NEW 小説・薬物捜査官」はここdownwardleftをクリックしてください。 
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

大阪で自治会長死亡 殺人で捜査(20日)NHK

19日夜、大阪・東淀川区の府営住宅で、この住宅の自治会長で74歳の男性が血を流して倒れているのが見つかり病院で死亡が確認されました。
男性の頭や顔には鈍器で殴られたような痕があり、警察は、殺人事件として捜査を始めました。
19日夜10時20分ごろ大阪・東淀川区西淡路の府営住宅の7階の廊下で8階に住む大仲正文さん(74)が血を流して倒れているのを住民の男性が見つけました。大仲さんは、病院に運ばれましたが、およそ1時間後に死亡が確認されました。
警察によりますと、大仲さんは府営住宅の自治会長で、頭や顔に鈍器で殴られたような痕が数か所あり、あおむけの状態で倒れていたということです。
また現場近くからは、大仲さんのセカンドバッグが見つかり、現金やキャッシュカードなどが残されていたということです。
警察は、殺人事件として捜査を始めるとともに、聞き込みを行うなどして不審な人物が目撃されていないかどうか調べています。
現場は、阪急千里線・下新庄駅から、西に800メートルほど離れた集合住宅や倉庫などが建ち並ぶ地域です。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140520/k10014575651000.html

| コメント (0)

警官切り付けた男逮捕=アパートに刺殺体、関連捜査-神奈川県警(20日)時事

20日午前1時ごろ、神奈川県鎌倉市の県警大船署前路上で、男がナイフを振り回し、同署交通課の男性巡査部長(45)の左腕に切り付けた。巡査部長は軽傷を負い、公務執行妨害と傷害容疑で男を現行犯逮捕した。逮捕されたのは同市の無職の男(44)で、自宅アパートで同居の無職男性(63)が刃物で刺されて死亡しており、同署が関連を調べている。
 大船署によると、同0時45分ごろ、アパート1階の男の自宅で、同居の母親が悲鳴を聞き、寝室で血を流して倒れている男性を発見、110番した。男性の脇腹には刃物が深く刺さり、搬送先の病院で死亡が確認された。(2014/05/20-10:33)

Top_header_logo21 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0)

警視庁が株主総会の特別警戒本部を設置(20日)NHK

企業の株主総会が集中するこれから来月にかけて総会屋の活動が活発になるおそれがあるとして、警視庁は20日、株主総会の特別警戒本部を設置しました。
警視庁によりますと、東京都内では今月下旬から来月にかけておよそ1240の企業で株主総会が開かれ、来月27日の集中日にはおよそ430社が開きます。
警視庁は総会屋が不正な利益提供を要求し、活動を活発化させるおそれがあるとして取締りを徹底するための特別警戒本部を設置しました。
企業が反社会的な勢力と関係を絶つ動きを強めていることを背景に、総会屋の数は以前よりも減少していて、去年、都内で検挙された総会屋はいませんでしたが、現在も東京を中心に270人が活動を続けているとみられています。
警視庁は来月末までの特別警戒本部の設置期間中、延べ3300人の警察官を出して警戒に当たることにしています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140520/k10014572751000.html

| コメント (0)

PC遠隔操作事件:片山被告、4事件すべての関与認める(20日)毎日

パソコン(PC)の遠隔操作事件で、威力業務妨害罪などに問われている片山祐輔被告(32)が弁護人に「私が真犯人です」と起訴内容を一転して認める説明を始めたことが分かった。現在の弁護団を解任し、国選弁護人の下で裁判を続ける意向を示したという。片山被告は「真犯人」を名乗るメールを16日に報道関係者らに送りつけたことについても認めており、東京地裁は20日、保釈の取り消し請求を認める決定を出した。直ちに勾留手続きに入るとみられる。
 関係者によると、片山被告は、主任弁護人の佐藤博史弁護士に「申し訳ありません」などと謝罪し、起訴された事件について、これまでの無罪主張を撤回し、自身の関与を認めた。真犯人を名乗ったメールについても、自身が送ったことを認めた。その上で、「これ以上お願いするわけにはいかない」などとして弁護人の解任を申し出たという。20日は朝から佐藤弁護士の事務所を訪問し、今後の打ち合わせをしているとみられる。
 メールは片山被告が東京地裁の公判に出廷していた16日午前11時半過ぎに送信された。公判後の記者会見で、被告はメールについて「私の知らない秘密の暴露があり、信ぴょう性が高い」とし、「私はメールを送っていない」と自身の関与を否定していた。
 だが、警視庁の捜査員が15日夕、片山被告が東京都江戸川区の荒川河川敷で何かを埋めている様子を確認。現場からスマートフォンが見つかり、同じ文言のメールが送信されていることが確認された。スマホからは片山被告のDNA型も検出され、メールが自作自演との見方が強まった。このため東京地検が19日に保釈取り消しを請求していた。
 起訴状によると、片山被告は2012年6〜9月、遠隔操作ウイルスに感染した福岡県の男性のPCを使って東京都内の幼稚園に「始業式を狙って襲ってやる」とのメールを送信するなど、計9件の犯行予告をしたとされる。福岡の男性を含む計6人のPCを感染させたウイルス供用罪でも起訴されている。
 一連の犯行予告事件では、警視庁、大阪、神奈川、三重の4都府県警が男性4人を威力業務妨害などの容疑で逮捕した。しかし、PCが遠隔操作されていたことが判明し、誤認逮捕を認めた警察は4人に謝罪した。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20140520k0000e040138000c.html

| コメント (0)

「真犯人メール」は自分が…片山祐輔被告が認める(20日)テレビ朝日

パソコンの遠隔操作事件を巡り、16日に報道機関に送られた「真犯人メール」について、片山祐輔被告が自ら送ったことを認めていたことが分かりました。
 パソコンの遠隔操作事件を巡っては16日、片山被告が裁判に出廷している時間帯に、真犯人を名乗る人物から「片山被告を犯人に仕立てた」とするメールが報道機関などに届きました。片山被告は、19日午前から連絡が取れない状態になっていましたが、片山被告の弁護人によりますと、19日に片山被告と連絡が取れて、このメールについて自ら送ったことを認めたということです。また、東京地検は、片山被告が真犯人を装ってメールを送って証拠隠滅を図ったとして、東京地裁に保釈の取り消しを請求していましたが、この請求が20日午前に認められ、片山被告は再び勾留されることになりました。片山被告は、東京都内の弁護士事務所にいるという情報があり、弁護団が今後の対応を協議しているものとみられます。弁護団はこの後、午前11時から記者会見を開く予定です。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000027221.html

| コメント (0)

「知人のやくざが怒っている」 元同級生から恐喝容疑、被害額1千万円か(20日)産経

愛知県警岡崎署は19日、中学時代の同級生から現金200万円を脅し取ったとして、恐喝の疑いで岡崎市中村町屋敷、派遣社員、島屋翔伍容疑者(23)を逮捕した。同署によると、島屋容疑者は2月から3月にかけて、計約1千万円を脅し取った疑いがある。
 逮捕容疑は2月17日夜、島屋容疑者のアパートの部屋で、同級生だった岡崎市の男性会社員に対し「俺が金をたかっているとうわさを立てられ、知り合いのやくざが怒っている」などと現金を要求。18日午前、市内のパチンコ店駐車場で200万円を脅し取った疑い。
 岡崎署によると、島屋容疑者は元暴走族メンバー。男性は友人や消費者金融から借りた金を島屋容疑者に渡していたが、借りる当てがなくなり父親に相談。3月に同署に届け出た。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140520/crm14052010560010-n1.htm

| コメント (0)

高齢男女の遺体見つかる 札幌・北区の住宅 病死の可能性も(20日)共同

19日午後4時ごろ、札幌市北区北7西7の無職男性(91)方で、高齢の男女2人が死亡しているのを、安否確認に訪れた札幌北署員が発見した。男性と妻(86)とみられ、同署は現場の状況から、夫婦が相次いで病死した可能性もあるとみて、身元の確認を進めるとともに、司法解剖して死因を調べる。
 同署によると、男性宅は2階建ての一軒家で、玄関先に新聞がたまっていたため、近所の住民が道外に住む長男に連絡。息子が同署に通報し、同署員が室内に入ったところ、男性が下着姿、女性が普段着で、2階寝室のベッド脇の床に横たわっていたという。いずれも外傷はなく、玄関は施錠され、室内に荒らされた跡はなかった。
 男性と妻は2人暮らし。同署によると新聞が4月中旬から取り込まれていなかったことや、遺体の状況などから死後1カ月程度とみられる。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/540198.html2010_0123_11120247newslogo1

特殊詐欺被害の防止へ 県警が抜き打ち訓練(20日)日本テレビ

オレオレ詐欺の電話を受けたときの市民の心理を分析し、防犯に役立てるための訓練が19日、新潟県警で行われた。
 この訓練は、県内でオレオレ詐欺の被害が増えていることを受け、県警が初めて行った。
 警察職員の家族8世帯に対し、犯人役の警察官が息子を名乗り、「不倫相手の女性を妊娠させてしまい、慰謝料200万円を要求されている」という電話をした。この日の訓練では、「声が違う」などと指摘し、全員が不審な電話と気づいた。
 ことし県内で、オレオレ詐欺を含む特殊詐欺の被害は58件、2億6079万円に上っている。
 県警は訓練の結果を検証し、被害の防止活動に活かす考えだ。

[ 5/19 13:48 テレビ新潟]

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/nnn/news8826711.html

| コメント (0)

遠隔操作事件 メール送信時間やDNAが一致(20日)NHK

パソコンの遠隔操作事件で、報道各社などに届いた真犯人を名乗るメールについて、被告の元会社員が都内の河川敷に埋めたとみられる携帯電話には、メールが届いたのと同じ時間に送信した形跡があることが警視庁への取材で分かりました。
元会社員と同じ型のDNAも検出されていて、警視庁は元会社員がこの携帯電話から送ったとみてさらに解析を進めています。

パソコンの遠隔操作事件では、インターネット関連会社の元社員、片山祐輔被告(32)が威力業務妨害などの罪に問われていて、ことし3月に保釈され、裁判では一貫して無罪を主張しています。
この事件について、自分が真犯人と主張するメールが今月16日、片山被告が裁判に出廷中に報道各社などに届き、警視庁などは、片山被告がその前日に、都内の荒川の河川敷に埋めたとみられる携帯電話で送ったとみています。
これまでの調べで、携帯電話の中にはメールと同じ文面が全文残され、送信した形跡もあったということですが、送信時間は今月16日の午前11時37分で、報道各社などに届いた時間と一致していたことが警視庁への取材で分かりました。携帯電話からは、片山被告と同じ型のDNAも検出されているということです。
警視庁は、片山被告がこの携帯電話から、裁判に出廷中にメールが届くようタイマー機能を使って送信した疑いがあるとみて解析を進めています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140520/k10014566821000.html

News_pic1

| コメント (0)

ストーカー:逮捕経験の元加害者「ゆがんだ心 ケア必要」(20日)毎日

「かわいさ余って憎さ百倍」。女性に付きまとい、逮捕経験がある大阪の男性(48)はストーカーの心の内をこう表現した。大阪市平野区で今月2日、警察に相談中の女性が殺された事件の容疑者の気持ちも分かるという。ゆがんだ心にどう対処すればいいのか。男性は「(自分が)嫌な思いをさせた女性に本当に申し訳なく思う。悲劇を防ぐには、加害者をケアする仕組みが必要だ」と訴える。
 男性は毎日新聞の取材に自身のストーカー経験などを語った。
 男性は31歳だった1997年春、大阪府内の寝具販売会社に就職した。間もなく同僚の女性を好きになり、年末の食事の席で告白したが、ふられた。
 「本心は違うはず」。親戚を捜し当て女性の連絡先を聞き出した。興信所を使い住所も割り出した。自宅で待ち伏せする日々。1日20回近く電話したこともあった。振り向かない女性にいら立ち、夜は眠れず、食事しても味を感じなかった。ただ、相手の気持ちを顧みたことはなかった。
 数カ月後、飲食店で上司を交えて話し合った。男性は上着の内ポケットに包丁をしのばせていた。「殺すつもりはなかったけど、包丁を見せれば真剣さを分かってくれると思った。異常だった」
 上司が警察に通報し、包丁を所持した銃刀法違反容疑で逮捕された。女性を強く憎むようになり、釈放後も付きまとい、「今日はお前の命日だ」と脅迫した。女性はとうとう会社を辞め姿を消した。
 約4年後。今度は結婚相談所で会った女性に付きまとっていた。「神社にでも行って平常心を取り戻してみたら」。知人の勧めで神社で手を合わせた。何度も足を運ぶうち、少しずつ心が落ち着いた。その頃、今の妻と出会ったこともあり、トラック運転手として平穏な生活を送るようになった。
 「知人のアドバイスがなければ凶悪事件を起こしたかも。ストーカーを止めるには、加害者の孤独や苦しみを和らげる人が必要だ」
 平野区のストーカー殺人事件では、容疑者が2日間に33通のメールを被害女性に送っていた。「気が狂いそうで止められないという危険サイン。この時点で容疑者にカウンセリングやアドバイスがあれば……」と語った。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20140520k0000m040122000c.html

| コメント (0)

警視庁、ASKA容疑者らの毛髪鑑定開始 (20日)TBS

人気ミュージシャンのASKA容疑者が知人の女の部屋で覚醒剤を所持していたとして逮捕された事件で、警視庁がASKA容疑者らの毛髪の任意提出を受け、鑑定を始めたことがわかりました。警視庁は、覚醒剤を使用した疑いでも裏付け捜査を進めています。

 この事件は、ASKAこと宮崎重明容疑者(56)が知人で会社員の栩内香澄美容疑者(37)とともに先月6日と12日、東京・港区の栩内容疑者が住むマンションの部屋で覚醒剤を所持していたとして逮捕されたものです。
 取り調べは19日から本格的に始められていて、2人は淡々と応じていますが依然、否認しています。尿検査では、いずれも覚醒剤の陽性反応が出ているほか、ASKA容疑者の自宅からは、覚醒剤や合成麻薬「MDMA」とみられる粉末や錠剤が見つかっています。
 その後の警視庁への取材でASKA容疑者と栩内容疑者から数十本の髪の毛の任意提出を受けていて、毛髪の鑑定を始めたことが新たにわかりました。警視庁は、毛髪から覚醒剤の成分が検出されれば、ASKA容疑者が常習的に薬物を使用していたことを裏付ける根拠になるとみて今後、覚醒剤の使用の疑いでも立件する方針です。(20日00:20)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2205267.html

| コメント (0)

静岡の海岸に乳児遺体、死体遺棄容疑で母親逮捕 (20日)TBS

19日、静岡県沼津市の海岸で生後まもない乳児の遺体が見つかった事件で、警察は20日未明、20歳の母親を死体遺棄の疑いで逮捕しました。
 逮捕されたのは沼津市柳町に住む長邊ゆきの容疑者(20)です。女は「自分が棄てました」と容疑を認めているということです。
 この事件は静岡県沼津市大塚の海岸で男性がゴミを確認していたところ、生後まもない乳児の遺体があるのを発見し、警察に通報したもので、警察は死因を調べるとともに死体遺棄事件として捜査していました。(20日06:30)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2205273.html

| コメント (0)

勤務中にサイン、漫画…JR北海道でまた不祥事(20日)テレビ朝日

JR北海道の運転士がホームにいたプロ野球選手にサインをもらうため、列車の停車中に運転席を離れていたことが分かりました。
 今月13日午後7時半ごろ、JR函館線の森駅で、特急の通過待ちをしていた函館運輸所所属の37歳の運転士が、ホームにいた日本ハムファイターズの選手を見つけ、サイン欲しさに運転席を離れていたことが分かりました。
 一方、JR千歳線では14日、札幌車掌所に所属する55歳の車掌が、乗務中に漫画を読んでいたことが乗客からの指摘で発覚しました。この車掌は「昨晩読んだ続きが気になって読んでしまった」と話しているということです。JR北海道は、「今後このようなことがないよう、社員管理を徹底していきます」とコメントしています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000027211.html

| コメント (0)

【遠隔操作ウイルス事件】片山被告が会見欠席 弁護人「無実の考えは揺るがない」(20日)産経

東京地裁で2月から公判が行われている片山祐輔被告は、19日に出席を予定していた東京・霞が関の司法記者クラブでの会見に姿を現さなかった。会見には主任弁護人の佐藤博史弁護士が一人で出席し、「片山さんが無実だという考えは全く揺るがない」と強調。「真犯人」を名乗るメールを送ったかどうかについて、片山被告本人の口から経緯が説明されることはなかった。
 佐藤弁護士によると、片山被告と午前10時前に記者会見について電話で打ち合わせをした後、捜査当局の動きについて報道があり、午前10時過ぎにも2回、電話でやり取りをした。被告は驚いた様子で、病院で胃の検査を受ける予定をキャンセルして弁護士事務所に向かうと言っていたが、その後、何度電話しても通じなくなったという。
 記者会見で佐藤弁護士は、「(不審な行動をしていたとされる)15日の行動について正々堂々、説明すればよいだけのことだ」と語気を強め、片山被告がメールを送ったとする捜査当局の見方を否定。一方で、片山被告の次回公判が22日午前10時から予定されていることに触れ、「公判に出頭しなければ保釈取り消しの理由になる」と顔を曇らせる場面もあった。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140520/trl14052001210001-n1.htm

| コメント (0)

« 2014年5月19日 | トップページ | 2014年5月21日 »