« 2014年5月18日 | トップページ | 2014年5月20日 »

2014年5月19日

2014年5月19日 (月)

片山被告の自宅捜索=「真犯人」メール関連捜査-遠隔操作ウイルス事件・警視庁(19日)時事

パソコン遠隔操作ウイルス事件の「真犯人」を名乗るメールに絡み、警視庁は19日、同事件で威力業務妨害などの罪に問われ公判中の元IT関連会社社員の片山祐輔被告(32)の自宅を、脅迫の疑いで家宅捜索した。同被告は弁護人と連絡が取れなくなっている。
 捜索容疑は、「真犯人」を名乗るメールで特定の団体を脅迫した疑い。容疑者は不詳で、片山被告との関連を調べる。
 「真犯人」を名乗るメールは16日午前、報道各社に届いた。片山被告は同日の記者会見で、メールが届いた時間帯は東京地裁の公判に出廷中で、「メールは自分で出すことはできない。自作自演はあり得ない」と主張していた。(2014/05/19-21:46)

Top_header_logo21_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

トラックに「軽」のETC 料金詐取の疑いで書類送検(19日)共同

軽乗用車用の自動料金収受システム(ETC)をトラックに取り付け、高速道路を本来よりも安い料金で通行したとして、大阪府警高速隊は19日、電子計算機使用詐欺の疑いで、奈良県橿原市の同じ運送会社に勤務していた31~51歳の男女3人を書類送検した。
 高速隊によると、3人は違法走行について、それぞれ20~270件に関与し、合計で約350件やったと供述。西日本高速道路の調査では、3人による被害は計800件に上り、被害額は120万円を超えるという。

2010_0123_11120247newslogo1_4 http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014051901002064.html

乳児刺され死亡 母親を逮捕(19日)NHK

19日未明、東京・葛飾区の住宅で生後2か月の女の赤ちゃんが刃物で刺されるなどして死亡し、警視庁は19日夕方、36歳の母親を殺人の疑いで逮捕しました。
調べに対し母親は「娘に障害があると思い将来を悲観して一緒に死のうと思った」などと供述しているということです。

逮捕されたのは東京・葛飾区青戸の無職、山岸恵容疑者(36)です。
警視庁によりますと、山岸容疑者は19日午前0時ころから1時ころまでの間、自宅1階のベッドで寝ていた次女で生後2か月の愛茉ちゃんの腹を刃物で刺したり、首をタオルで絞めたりするなどして殺害したとして殺人の疑いがもたれています。
これまでの調べで、山岸容疑者は事件後に家を出て隣に住む自分の母親に「娘を殺してしまった」と電話していて、午前3時半ころに神奈川県内で確保され、警視庁が事情を聴いた結果、容疑を認めたことなどから逮捕したということです。
調べに対し「娘のしぐさがおかしいと思ってインターネットで調べ、脳に障害があると思い将来を悲観して一緒に死のうと思った」などと供述しているということです。警視庁は愛茉ちゃんの死因や動機を詳しく調べています。

News_pic1_4 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140519/k10014557831000.html

| コメント (0)

PC遠隔操作事件、片山被告の“保釈取り消し”請求 (19日)TBS

パソコンの遠隔操作事件で先週、届いた「真犯人」を名乗るメールについて、東京地検は被告本人が送信したと判断し、裁判所に保釈の取り消しを請求しました。
 この事件はIT関連会社・元社員の片山祐輔被告(32)が、他人のパソコンを遠隔操作して9件の犯行予告を送ったとして、逮捕、起訴されたものです。先週、「真犯人」を名乗るメールが新たに報道機関などに送られてきましたが、東京地検は片山被告本人が送ったと判断し、証拠隠滅にあたるとして19日午後、保釈の取り消しを東京地裁に請求しました。請求が認められれば、片山被告は再び拘留されます。
 警視庁によりますと、先週木曜日、片山被告が東京・荒川の河川敷にスマートフォンを埋めるのを捜査員が目撃していて、スマートフォンからは片山被告のDNAも検出されたほか、同じ文言の送信済みメールが残されていたということです。警視庁は午後7時過ぎから自宅を家宅捜索するなど裏づけを進めています。(19日20:54)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2204858.html

| コメント (0)

板橋区夫婦切り付け 長野のダムで自殺の男書類送検(19日)テレビ朝日

東京・板橋区で建設会社社長の男性(47)と妻(44)が襲われて重傷を負った事件で、警視庁は、長野県内で自殺した男が事件に関わったと断定し、書類送検しました。
 3月、板橋区の駐車場で建築会社社長の男性と妻が男に刃物で切り付けられ、重傷を負いました。警視庁は、都内に住む65歳の男の犯行とみて行方を追っていましたが、長野県内のダムで自殺しているのが見つかりました。男は以前、タクシーの運転手をしていましたが、客として乗った被害者夫婦と料金の支払いなどでトラブルになっていたことが分かりました。警視庁は、このトラブルが犯行の動機とみて、容疑者死亡のまま男を殺人未遂の疑いで書類送検しました。

2009_1229_211958annlogo1_5 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000027195.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日単位・レベル)
再び拘留へ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20140414154742

「真犯人より」のメールの送信者はやはり、あの男だった。 

【産経新聞電子版】 片山祐輔被告は20日午前10時55分ごろ、佐藤博史弁護士の東京都港区赤坂にある事務所前に、東京地検の係官に連れ添われて姿を現した。黒い半袖のポロシャツ姿で笑みを浮かべ、報道陣の問いかけには無言で車に乗り込み、東京地検に向かった。
 事務所前には早朝から約150人の報道陣が詰めかけており、警視庁の機動隊員や赤坂署員ら数十人以上が警戒にあたり、大きなトラブルはなかった。
 片山被告と一緒に出てきた佐藤弁護士は「片山被告は、昨日は死のうと思って山の中などにいたと話している」と語った。
パソコン(PC)の遠隔操作事件で、威力業務妨害罪などに問われている片山祐輔被告(32)が弁護人に「私が真犯人です」と起訴内容を一転して認める説明を始めたことが分かった。現在の弁護団を解任し、国選弁護人の下で裁判を続ける意向を示したという。片山被告は「真犯人」を名乗るメールを16日に報道関係者らに送りつけたことについても認めており、東京地裁は20日、保釈の取り消し請求を認める決定を出した。直ちに勾留手続きに入った。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140520/crm14052013000013-n1.htm

 都内の河川敷で不審な行動をしているのを行動確認の刑事が見過ごさなかった。それはスマホを埋めているところで、そのスマホのDNAも一致したのだ。
 結局、最後はドタバタしての確保となったが、「自分がやった」と一連の事件への関与を認めており、同事件はようやく全容解明される。日本警察は初めて経験しただろう「遠隔操作による成りすまし」行為による誤認逮捕。これらの検証もしっかりして、強いサイバーポリスになってほしい。

  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります「NEW 小説・薬物捜査官」はここdownwardleftをクリックしてください。 
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

悪質な事故厳罰化法、20日施行 「危険運転」の適用拡大(19日)共同

刑法から交通事故に関する規定を分離し、悪質な運転の罰則を強化した特別法「自動車運転死傷行為処罰法」が20日、施行される。被害者遺族の要望を受け、危険運転致死傷罪の適用範囲を広げた。
 従来の危険運転致死傷罪(最高刑・懲役20年)は、酒や薬物の影響で「正常な運転が困難な状態」で起こした事故が適用対象。立証が難しいため自動車運転過失致死傷罪(最高刑・懲役7年)が適用されるケースがあった。
 この2罪の量刑の差を埋めるため、「正常な運転に支障が生じる恐れがある状態」も対象に。てんかんや統合失調症など特定の病気による影響も含まれ、最高刑は懲役15年。

2010_0123_11120247newslogo1_3 http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014051901001834.html

| コメント (0)

逮捕の女、容疑否認も「ASKAが白い粉持っているのは見た」 (19日)TBS

人気ミュージシャンのASKA容疑者が、知人の女の部屋で覚醒剤を所持していたとして逮捕された事件で、ともに逮捕された知人の女が「ASKAが白い粉を持っているのは見た。でも、私はそれが何かは知らなかった」と供述していることが新たにわかりました。ASKA容疑者と栩内香澄美容疑者が留置されている東京湾岸署から報告です。
 東京地裁は18日、ASKA容疑者らの10日間の勾留を認めたため、19日から本格的に取調べが行われているものとみられます。
 この事件は、ASKAこと宮崎重明容疑者(56)が知人で会社員の栩内香澄美容疑者(37)とともに、先月6日と12日、東京・港区の栩内容疑者が住むマンションの部屋で、覚醒剤を所持していたとして逮捕されたものです。ASKA容疑者と栩内容疑者は、いずれも容疑を否認していますが、このうち、栩内容疑者が、「ASKAが白い粉を持っているのは見た。でも、それが何かは知らなかった」と供述していることが新たにわかりました。
 ASKA容疑者と栩内容疑者への尿検査では、いずれも陽性反応がでているほか、警視庁の捜索では、ASKA容疑者の自宅からは覚醒剤とみられる粉末や吸引具などが見つかっています。
 また、17日行われたASKA容疑者の自宅の捜索の際、書斎の机の上から、合成麻薬「MDMA」を砕いたときに出たと見られる粉が発見されたほか、書斎の棚から、砕くのに使ったとみられる工具のようなものも見つかっていたこともわかりました。
 警視庁は、ASKA容疑者が日常的に薬物を使用していたとみて調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2204578.html

| コメント (0)

「真犯人メール」自作自演か 発見スマホ解析へ(19日)テレビ朝日

パソコン遠隔操作事件で、片山祐輔被告の弁護士が、19日午前中から片山被告と連絡が取れない状態が続いていることを明らかにしました。片山被告は今、どこにいるのでしょうか。
 3月に保釈された片山被告。今月16日は東京地裁の裁判に出廷していました。そのまさに同じ時間、真犯人を名乗る人物から報道機関にメールが届きました。「あ。真犯人です。お久しぶりですね」「片山氏がテレビ番組などに出てるのを見てかわいそうになったからです」など、第三者である自分が片山被告を犯人に仕立てたとする内容でした。しかし、その前日の15日、片山被告が都内の河川敷で不審な行動をしているのを捜査員が確認していたということです。その河川敷では、土に埋められたスマートフォンが見つかったということです。警視庁は、メールが送られた時間に出廷していた片山被告が事前にタイマー機能を設定してメールを送ったとみて、スマートフォンの解析を進めています。

2009_1229_211958annlogo1_4 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000027177.html

| コメント (0)

片山被告と連絡取れず 埋まったスマホからDNA検出(19日)テレビ朝日

保釈中の被告と連絡が取れない異常事態です。パソコン遠隔操作事件で、片山祐輔被告の弁護士が、19日午前中から片山被告と連絡が取れない状態が続いていることを明らかにしました。

2009_1229_211958annlogo1_3 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000027176.html

| コメント (0)

東京で生後2カ月の女児刺され死亡 母親を殺人容疑で逮捕へ(19日)産経

19日午前3時半ごろ、東京都葛飾区青戸の住宅1階で、生後2カ月の女児が腹を刺されているのを、110番で駆け付けた警視庁亀有署員が見つけた。女児は間もなく死亡が確認された。亀有署は30代の母親が殺害したとみて、殺人容疑で逮捕する方針。
 亀有署によると、母親は事情聴取に「子供に障害があり将来を悲観した。一緒に死のうと思った」と話している。女児は母親の次女で、ベッドの上で見つかった。首には絞められたような痕もあった。
 母親からの電話を受けた女児の祖母が「娘が赤ちゃんを殺した」と110番した。母親は神奈川県内にいるところを発見され、任意同行された。夫は当時、外出中だったという。
 現場は京成線青砥駅から北に約500メートルの住宅街。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140519/crm14051914300006-n1.htm

| コメント (0)

露天商の車暴走、11人重軽傷 田川の神幸祭、歩行者天国の生徒らはねる [福岡県](19日)共同

18日午後9時すぎ、福岡県田川市伊田の「風治(ふうじ)八幡宮川渡り神幸祭」の会場近くで、祭りに出店していた露天商男性(77)の軽ワゴン車が約50メートル暴走、歩行者天国になっていた県道の歩行者らを次々にはねた。田川署によると、男性と市内の女子中学生(14)、北九州市の男性(59)の3人が重傷、4~79歳の男女8人が軽傷を負い病院に搬送された。署は自動車運転過失傷害容疑で調べている。
 署によると、露店の後片付けをしていた男性が、車のドアを開けて乗車せずに車外から鍵を回してエンジンをかけたところ、車が急発進し暴走したという。男性はドアにしがみついたまま道路脇の電柱にはさまり転倒。助手席の女性は軽傷だった。車はマニュアル車でギアが入った状態だった。
 2人がはね飛ばされるのを目撃した田川市内の自営業女性(48)によると、うち1人は血まみれで呼び掛けても反応がなかった。車はその後もしばらく進み、駆けつけた人たちに前から押さえられて停止したという。自営業女性は「目の前で突然、人がはね飛ばされ、驚いた。人だかりができて騒然としていた」と話した。
 川渡り神幸祭は450年の歴史があるとされ、県指定の無形民俗文化財。今年は17、18の両日開催された。現場は田川市中心部で、山笠が川を渡りながら激しく揺れる「がぶり」が披露される周辺。18日の祭りは夕方に終わっていたが、現場は午後10時まで車両規制が続いており、事故当時も祭りを見物した歩行者が行き交っていた。

=2014/05/19付 西日本新聞朝刊=

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikuhou/article/89098

| コメント (0)

コンビニオーナー 強盗に刺され大けが(19日)NHK

19日未明、大阪・河南町のコンビニエンスストアに刃物を持った男が押し入り、店のオーナーの胸などを刺して大けがをさせたうえ、現金を奪って逃げ、警察は強盗殺人未遂事件として捜査しています。

19日午前3時すぎ、大阪・河南町の「デイリーヤマザキ河南町神山店」にサングラスにマスク姿の男が押し入り、アルバイトの店員に持っていた包丁を突きつけて「金を出せ」と脅しました。
男はその後、カウンターの中に入り込んで、店の64歳のオーナーの男性の胸や腹など4か所を刺し、現金を奪って逃げました。
男性は大けがをして病院で治療を受けていますが、意識ははっきりしていて命に別状はないということです。
警察によりますと、男は30代とみられ、身長は1メートル75センチくらい、いずれも黒色の、上着にズボンをはいていたということです。
警察は被害額を特定するとともに、強盗殺人未遂事件として逃げた男の行方を捜査しています。

News_pic1_3 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140519/k10014539811000.html

| コメント (0)

MDMAを粉状にし自宅で使用か(19日)NHK

CHAGEandASKAのASKA容疑者が覚醒剤を隠し持っていたとして逮捕された事件で、都内の自宅の机の上から、合成麻薬のMDMAとみられる錠剤をつぶした物が見つかっていたことが警視庁への取材で分かりました。
警視庁は、自宅で覚醒剤だけでなく、MDMAも粉状にして使用していたとみて調べています。
ASKA容疑者は容疑を否認しているということです。

「CHAGEandASKA」のASKA、本名、宮崎重明容疑者(56)は東京・港区の知人の女の自宅マンションで先月、覚醒剤を隠し持っていたとして覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されました。警視庁によりますと、ASKA容疑者の東京・目黒区の自宅の書斎からは、十数回使用できる量の覚醒剤とみられる粉末や、およそ90錠に上る合成麻薬のMDMAとみられる錠剤などが見つかっています。
そのあとの調べで、書斎の机の上から、錠剤をつぶして粉状にした物が見つかっていたことが警視庁への取材で分かりました。
近くの棚には錠剤をつぶすのに使ったとみられるドライバーのような工具が見つかり、白い粉が付着していたということです。
ASKA容疑者の尿からは、覚醒剤に加えてMDMAの陽性反応も出ているということで、警視庁は、自宅で覚醒剤だけでなくMDMAも粉状にして使用していたとみて調べています。
ASKA容疑者は容疑を否認しているということです。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140519/t10014544601000.html

死体遺棄:沼津の海岸 放置の袋の中に包まれた乳児遺体(19日)毎日

19日午前7時20分ごろ、静岡県沼津市大塚の千本浜海岸で、路上生活者の男性(66)が子供の遺体を発見し、近くにいた釣り人に携帯電話を借りて110番した。遺体は乳児とみられ、県警沼津署は死体遺棄事件の可能性があるとみて身元の確認を急いでいる。
 同署によると、男性が同日早朝から海岸でごみの袋などを開けていたところ、布やビニールのようなものに包まれた遺体を見つけた。波打ち際から離れており、打ち上げられた様子はないという。今後、司法解剖し詳しい死亡時期や死因を調べる。【荒木涼子、井上知大】

Logo_mainichi_s1_3 http://mainichi.jp/select/news/20140519k0000e040128000c.html

PC遠隔操作事件:「真犯人メール」は保釈中の被告自身か(19日)毎日

4人が誤認逮捕されたパソコン(PC)の遠隔操作事件で、今月16日に報道関係者らに届いた「真犯人」を名乗る人物からのメールについて、捜査当局が、威力業務妨害罪などで公判中の元IT関連会社員、片山祐輔被告(32)が送信した疑いがあるとみていることが分かった。片山被告は保釈中で、東京地検は取り消しの申請を検討するとみられる。
 関係者によると、片山被告の行動や、メール送信状況などを調べた結果、関与した疑いが強まったという。
 16日に届いたメールは、「真犯人」と名乗ったうえで「片山氏をスケープゴートにした」と記載していた。被告のPCをウイルス感染させて遠隔操作し、罪をかぶせたとする経緯や、犯人しか知り得ない「秘密の暴露」として、脅迫文の内容なども書かれていた。
 片山被告は16日の公判後の記者会見で、「私の知らない秘密の暴露があり、信ぴょう性が高い。保釈された後、私のPCは弁護人の管理下で使用しており、私はメールを送っていない。これで裁判を終わりにしてほしい」などと話した。【松本惇】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20140519k0000e040134000c.html

| コメント (0)

暴力団組長「芸能人の客、複数いる」 後絶たぬ薬物事件(19日)朝日

歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者が覚醒剤所持容疑で逮捕された。
特集:ASKA容疑者逮捕

 芸能人による薬物事件は後を絶たない。「うちのお客に芸能界の人が複数いるよ」。北関東の暴力団組長は、取材にそう明かし、何人かの名を挙げた。
 昨年11月、俳優夫婦が覚醒剤を使ったとして逮捕された。2009年には俳優のMDMA使用事件に始まり、人気女性タレントが夫と覚醒剤を使い、逃亡の末に逮捕された。覚醒剤やコカインを使い、何度も逮捕された元タレントは公判で「期待されるプレッシャーがあった」と話した。

| コメント (0)

覚せい剤使用、立件視野=ASKA容疑者の毛髪鑑定も-警視庁(19日)時事

人気男性デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者(56)=本名・宮崎重明=らが覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、ASKA容疑者の尿から覚せい剤反応が出たことから、警視庁が覚せい剤使用容疑での立件を視野に捜査を進めていることが19日、同庁関係者への取材で分かった。
 警視庁の尿検査で、ASKA容疑者から覚せい剤と合成麻薬MDMAの陽性反応が出ている。
 ASKA容疑者の自宅(東京都目黒区)からは十数回分の量の覚せい剤とみられる粉末や、吸引に使ったとみられる器具が押収されており、警視庁は粉末や同容疑者の毛髪を鑑定し、覚せい剤成分が検出されるか調べる。
 また、吸引に使用した可能性がある器具に付着した唾液などのDNA鑑定を行い、ASKA容疑者の型と一致するか調べるとみられる。(2014/05/19-05:14)

Top_header_logo21 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

| コメント (0)

林道侵入防げ、北海道がカメラ設置 山菜採り・不法投棄対策、国有林で効果大(19日)共同

山菜採りや不法投棄を目的に道有林の林道に車で侵入しようとゲートの鍵を壊す事例が毎年相次いでいることから、道は今月から複数箇所の林道ゲートに監視カメラの設置を始めた。昨年、国有林を管理する石狩森林管理署がカメラを設置したところ、前年約600件あった損壊が2件に激減。道有林でも被害防止の「特効薬」として期待されている。
 道が管理する道有林は計約60万8千ヘクタールで、林道ゲートは約1800カ所ある。林道は木々の維持管理を行う車両が使うもので、通常は一般車が出入りできないようチェーンに錠を掛けている。
 道道有林課によると、損壊は毎年200件程度あり、2012年度は207件、集計中の13年度も同程度と見込まれている。特に山菜採りシーズンの5、6月に半数近くが集中し、チェーンを切断したり、錠をハンマーでたたき壊したりするケースが多い。
 このため道は本年度、監視カメラの設置に踏み切った。設置場所や台数は非公表だが、被害の多い石狩、空知、胆振の3管内のゲートに複数台設置。設置場所を変えながら、林道周辺の道路にカメラ設置を知らせる看板を立てる。<北海道新聞5月19日朝刊掲載>

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/540010.html

| コメント (0)

バスにトラックが追突7人重軽傷 首都高(19日)NHK

18日夜、東京・墨田区の首都高速道路6号線でトラックが高速バスに追突する事故があり、バスの乗客やトラックの運転手など合わせて7人が重軽傷を負いました。

18日午後10時半ごろ、東京・墨田区の首都高速道路6号線の下りで、2トントラックが高速バスに追突し、トラックが横転しました。
この事故で、トラックを運転していた26歳の男性と同乗していた47歳の女性が大けがをしたほか、高速バスの乗客5人が軽いけがをしました。
また、東京消防庁によりますと、トラックが積んでいたガスボンベの一部からガス漏れがありましたが、現場に駆けつけた消防がガスを止め、周辺への影響はなかったということです。
事故当時、現場付近は渋滞していたということで、警視庁が事故の詳しい原因を調べています。
高速バスの運行を請け負っている羽田京急バスなどによりますと、バスは東京・品川を出発し、岩手県の盛岡市や宮古市などに向かう途中だったということです。
この事故で、首都高速道路6号線の下りは、向島と堤通の間で3時間近くにわたって通行止めとなりました。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140519/k10014539101000.html

東京五輪:便乗詐欺が多発 架空投資、被害1億3千万円超(19日)毎日

2020年開催の東京五輪に便乗した詐欺とみられる投資話の被害・相談が相次いでいる。国民生活センターによると、東京五輪が決定した昨年9月以降、全国の消費生活センターなどに計176件(5月1日現在)の相談が寄せられ、被害額は少なくとも約1億3000万円に上る。国民生活センターは「東京五輪など新しい話題を利用した投資話には注意してほしい」と呼びかけている。【志村一也】
 国民生活センターによると、近畿地方の80代女性は業者から金塊への投資の勧誘を受け、その後、別の人物から電話で「その業者は東京五輪に協賛する信用できる業者だ。2人で2000万円投資しないか」と打診された。2回に分けて業者に計800万円を郵送したが、自宅に金塊が届く予定の日、配送業者を名乗る人物から「交通事故で金塊が粉々になって配達できない」と電話があった。その後も「追加で2000万円分買わないか」と電話で勧誘され、1000万円を2回に分けて郵送したが金塊は届かなかったという。
 秋田県由利本荘市では3月中旬、50代男性が社債購入を持ち掛けられ、計1000万円をだまし取られる事件があった。
 県警由利本荘署によると、男性の自宅に証券会社社員を名乗る男から東京五輪に関連する建設会社の社債に投資するよう勧める電話があり、「個人でしか買えないので名義を貸してほしい」などと持ち掛けられ、500万円ずつ2回に分けて宅配便で関東方面に送ったという。
 また、東京都内では2月、「東京五輪関連株を安値で譲る」などと架空の取引話で現金をだまし取ったとして、警視庁生活経済課が投資会社「サポートケアー」(東京都千代田区)の元社長(64)ら8人を詐欺容疑で逮捕した。
 同課は31都道府県の投資家ら約200人から計約4億円を集めたとみている。
 他にも、北関東の80代の男性宅には、積立預金を扱う会社のパンフレットが届いた後、新聞記者を装う人物から、その会社が東京オリンピックに関連しており「県知事も承認している」などと電話があった。会社から「年21万5000円の配当を月割りで支払える」と電話で投資を持ちかけられ、現金500万円を指定の住所に郵送したという。
 国民生活センターの担当者は「東京五輪に関連づけて信用させる投資話はほとんどが詐欺的。複数の人物が関与してだまそうとする劇場型勧誘が多い。不審な電話は相手にせずすぐ切ってほしい」としている。

http://mainichi.jp/sports/news/20140519k0000m040092000c.htmlLogo_mainichi_s1

| コメント (0)

教室などの窓ガラス割られる 大分・宇佐市の小学校(19日)テレビ朝日

大分県宇佐市の小学校で、教室などの窓ガラス12枚が割られているのが見つかりました。器物損壊の疑いで警察が調べています。
 警察によりますと、宇佐市の高家小学校で、3年生と4年生の教室や校長室、プールの更衣室など12枚の窓ガラスが外側から割られていました。石や金属製の棒のようなもので壊されていて、厚手のガラスも粉々になっていたということです。学校によりますと、17日午後5時に職員が帰る時には、異常は無かったということです。警察が器物損壊の疑いで調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2

祭り会場で運転手不在の車走る 11人重軽傷(19日)テレビ朝日

18日夜、福岡県田川市で、駐車中の軽ワゴン車が運転手不在のまま動き出し、歩行者をはねました。この事故で、少なくとも11人が重軽傷を負いました。
 警察によりますと、午後9時ごろ、田川市伊田の交差点で、77歳の男性の軽ワゴン車が運転手不在のまま動き出し、歩行者をはねました。この事故で、14歳の女子中学生と59歳の男性、それに、車を止めようとした77歳の露天商の男性が重傷を負い、8人が軽いけがをしています。現場は「川渡り神幸祭」の会場で、多くの見物客が残っていました。男性は、エンジンを掛けたまま車を停車していたということです。警察は、事故原因などを詳しく調べています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000027149.html

| コメント (0)

教諭が酒気帯び運転容疑、仙台の市道で衝突事故(19日)産経

宮城県警仙台中央署は18日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県大和町立宮床中教諭の野呂晋吾容疑者(22)=仙台市泉区将監4の13の14=を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、18日午前1時20分ごろ、仙台市青葉区国分町の市道で、酒気帯び状態で乗用車を運転した疑い。
 野呂容疑者の乗用車が、交差点を右折中の乗用車に衝突。110番で駆け付けた署員が呼気を検査し、基準値を超えるアルコールを検出した。野呂容疑者は友人の家で缶ビールなどを飲み、帰宅途中だったという。
 大和町教育委員会によると、野呂容疑者は4月に採用されたばかりだった。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140518/crm14051821310007-n1.htm

| コメント (0)

« 2014年5月18日 | トップページ | 2014年5月20日 »