« 2014年5月15日 | トップページ | 2014年5月17日 »

2014年5月16日

2014年5月16日 (金)

飯塚のアパートで転落死? 身元不明女性の似顔絵公開(16日)西日本

201405160009_000_m1

福岡県警飯塚署は16日、飯塚市内で倒れているところを見つかり、その後死亡が確認された身元不明の女性の似顔絵を公開した。署によると、女性は5月10日午後10時すぎ、同市川津のアパート敷地内で通行人が見つけ、1時間半後に死亡が確認された。死因は失血死。転落死の可能性があるという。
 身長約150センチ、50~70歳、やせ形、白髪交じりで肩までの髪、血液型O型。服装は灰色長袖パーカー、赤色チェック柄長袖シャツ、デニムの青色ズボン、黒い靴。所持品は500円硬貨1枚のみ。情報提供は、飯塚署=0948(21)0110=へ。=2014/05/16 西日本新聞=

Logo1 http://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/88701

| コメント (0)

電話で「楽天が困っている」 石巻の女性、2百万円被害(16日)朝日

 宮城県警石巻署は、「楽天」社員を名乗る男から投資などの名目で、石巻市の無職女性(82)が現金200万円をだまし取られる被害にあったと16日、発表した。女性はプロ野球楽天のファンで、「楽天の役に立ちたい」と、渡してしまったという。
 署によると、女性宅に4月、楽天社員を名乗る男から「別の会社が養護施設をつくる計画に投資しないか」などと電話があった。女性は断ったが、今月、同じ男から「当社が投資したが、法に触れた。お金を取り戻したいが、楽天の名前が出せない」などと言われた。女性は「困っているなら役に立ちたい」と思い、市内で別の男に200万円を手渡したという。
 署によると、県内では今年に入り、楽天を名乗る同様の詐欺事件が6件起きているという。

Logo2 http://www.asahi.com/articles/ASG5J6SVJG5JUNHB01T.html

| コメント (0)

認知症:女性7年間不明…館林市、生活費請求せず(16日)毎日

東京都台東区の認知症の女性(67)が2007年に群馬県館林市内で保護され、今月12日まで身元不明のまま民間介護施設に入所していた問題で、館林市は16日、これまでかかった7年間の生活費を女性側に請求しない方針を決めた。市は「認知症に起因し、社会全体で考えるべき問題。人道的見地から、請求すべきでない」と判断し、特例措置を示した。【尾崎修二】
 ◇「人道に配慮」
 市や入居していた介護施設などによると、女性は身元不明状態だったため、仮の名前で住民票が作成された。収入や資産がないものとして、生活費や介護費用は生活保護で賄われてきた。7年間の費用総額は1000万円以上とみられる。
 生活保護受給者に無申告の資産や年金があることが判明した場合、その分の保護費は返還を請求されるのが一般的。館林市は「認知症の人が増え続け、今回のことはこれからも起こりうる深刻な事例」として慎重に対応を検討していた。
 市は、7年前に女性を保護した経緯について、「人命を守るのは当然の責務。人道的見地から施設入所措置をした」と総括したうえで、関係部署で協議し、かかった経費を請求しない方針を決めた。全国的にも前例がないため、今後、国や県と協議したうえで正式に決定する。
 市の担当者は「資力が判明した場合に返還を求めるのは本来の形ではあるが、今回は別の話。ましてご家族は7年ぶりに再会したばかり」と話した。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20140517k0000m040083000c.html

| コメント (0)

手足を縛り約10万円と通帳奪い逃走 東京・自由が丘 (16日)TBS

16日午前8時頃、東京・自由が丘の不動産会社で、従業員の女性(41)が男にいきなり背後から工具のようなもので殴られ、粘着テープで手足を縛られました。
 その後、男は現金およそ10万円と預金通帳を奪って逃走しました。
 逃げた男は、黒っぽい帽子に白いマスク姿だったということで、警視庁は強盗傷害事件として行方を追っています。(16日18:17)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2202744.html

| コメント (0)

「100万円を要求したが断られ刺した」古美術商殺人(16日)テレビ朝日

逮捕された陶芸家の男は「100万円を要求したが、断られたので刺した」と供述しています。
 陶芸家の桜井正男容疑者(66)と妻の久美子容疑者(49)は東京・国立市の古美術店経営者・田代正美さん(73)を刃物で殺害した疑いなどが持たれています。桜井容疑者は自分が焼いた陶器を過去に20回ほど田代さんに売っていて、「自分のつぼを転売してもうけていたので、100万円を要求したが断られ、刺した」と供述していることが新たに分かりました。凶器の刃物については「自宅から持ってきた」と話しています。警視庁は、桜井容疑者らが経済的に困って犯行に及んだものとみています。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000027049.html

【PC遠隔操作】真犯人名乗るメール届く 「(片山被告)かわいそう」警視庁が分析(16日)産経

4人が誤認逮捕された遠隔操作ウイルス事件で、新たに「真犯人」を名乗るメールが16日、産経新聞記者を含む報道機関や弁護士などに届いた。威力業務妨害などの罪で公判中のIT関連会社元社員、片山祐輔被告(32)のパソコン(PC)をウイルス感染させ、犯人に仕立て上げたと主張しており、警視庁捜査1課はメールの内容を分析し、発信元を特定するなどして真偽を調べる。
 メールが届いたのは、16日午前11時半すぎ。新たな殺害予告を書き込んだタイトルで、真犯人として名乗り出た理由を「(片山被告が)かわいそうになったから」などとした。犯人しか知り得ない「秘密の暴露」として、平成24年7月に首相官邸に送ったという無差別殺人予告メールの全文などを掲載している。
 また、片山被告の自宅や会社のPCをウイルス感染させ、神奈川・江の島への経路を検索していたのを確認。遠隔操作ウイルスのプログラムが入った記憶媒体を江の島に隠し、片山被告が逮捕されるように仕向けたなどと説明している。
 片山被告の公判では、検察側がPCの解析結果や江の島の防犯カメラに片山被告が写っていたことなどを根拠に有罪を主張。片山被告は「第三者からPCを遠隔操作された被害者だ」と無罪を訴えている。この日の公判後に記者会見した片山被告は「メールの信憑(しんぴょう)性は高い」と話した。
 捜査1課は片山被告から改めて事情を聴くことなども検討するという。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140516/crm14051620230023-n1.htm

| コメント (0)

7キロ逃げパトカーにも衝突 無免許か、公務執行妨害で2人を逮捕 神奈川県警(16日)産経

横浜市中区山下町の市道で15日深夜、神奈川県警山手署員が信号待ちの乗用車の3人に職務質問しようとしたところ、信号を無視して逃走した。車はタクシーやパトカーにぶつかりながら約7キロ逃げ、電柱に衝突して停止した。
 山手署は公務執行妨害の疑いで、運転していた加藤寿比呂容疑者(36)と助手席の指定暴力団稲川会系組員、大友直哉容疑者(33)=横浜市神奈川区浦島丘=を現行犯逮捕した。加藤容疑者は容疑を認め、大友容疑者は否認している。
 2人は負傷し、いったん入院した。後部座席の松島絵美さん(30)は頭を強く打ち重傷。
 署によると、加藤容疑者は無免許だったとみられ、逃げた経緯を調べている。付近で店舗からレジを盗む事件が相次ぎ、署員が警戒中だった。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140516/crm14051621100024-n1.htm

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(16、17日単位・レベル)
強盗事件が減少(1~4月) 
【治安つぶやき】

2009_1228_22521931_2

F1010105

 平成に入って最も低かった昨年の刑法犯認知件数は依然として減少を続けている。
 警察庁によると今年4月までの上4半期の認知件数は37万3178件で前年同期より2万1726件減少した。平成16年から始まった抑止策が功を奏しているようだ。
 しかし、検挙件数は10万7543件で前年に比べて8759件減ってしまった。検挙率も0.6ポイント減の28.8%だった。
 罪種別にみると殺人は337件、放火が371件でそれぞれ17件、11件増えたのに対して強盗は1031件で-104件、強姦が364件で-39件となり、凶悪犯全体は115件も減らして2103件となった。
 一方、暴行、傷害、脅迫などの粗暴犯は2万0318件で580件も増加した。しかし、刑法犯の7割を閉める窃盗犯は27万6536件で1万9051件も減らしたことが全体の数字を押し下げている。
 残念な事もある。それは詐欺や横領などの知能犯は1万3930件で823件も増加している。このうちの大半が詐欺でやはり振り込め詐欺などの特殊詐欺の増加が影響しているようだ。
 【事件】16日午前、東京・自由が丘の不動産会社に男が押し入り、従業員の女性の手足を粘着テープで縛り現金約10万円が奪われる強盗事件が発生。さらに17日未明、東京・港区のコンビニに包丁を持った男が押し入り、現金約47万円を強奪された。客の目の前での犯行だった。このところ強盗事件が相次いでおり、

 首都東京体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。
  別室に小説コーナーがあります「NEW 小説・薬物捜査官」はここdownwardleftをクリックしてください。 
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル3"

| コメント (0)

アクセル踏み間違え5人重軽傷(16日)NHK

15日午後、栃木県真岡市の運動場の駐車場で、79歳の女性が運転する乗用車がバックで急発進し、近くにいた人や車に衝突して5人がけがをしました。
女性は「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しているということで、警察が事故の原因を調べています。
 15日午後3時半ごろ、真岡市小林にある真岡市東運動場の駐車場で、79歳の女性の運転する乗用車がバックで急発進し、近くにいた人や止めてあった車数台に衝突しました。
この事故で、76歳から85歳までの女性5人がけがをし、このうち81歳の女性が右膝を骨折する大けがをしました。
けがをした5人はいずれもグラウンドゴルフの練習のあと、用具を軽トラックに積み込もうとしていて、乗用車がぶつかってきたということです。
警察の調べに対して、運転していた79歳の女性は「駐車場から車を出そうとしたときに忘れ物に気づいてブレーキを踏むつもりが誤ってアクセルを踏んだ」と話しているということで、警察が事故の原因を調べています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140515/k10014484521000.html

66歳の死刑囚が病死、仮出所中に2人刺殺 (16日)TBS

大阪府豊中市で仮出所中に男女2人を刺殺したとして、8年前に死刑が確定していた66歳の死刑囚が大阪医療刑務所で病死しました。
 中山進死刑囚(66)は強盗殺人などの罪で服役後、仮出所中だった1998年、大阪府豊中市の路上で交際していた女性の夫(当時37)と一緒にいた女性(当時40)の2人を手製の槍などで刺殺したとして、殺人などの罪で8年前、死刑が確定しました。
 法務省によりますと、中山死刑囚は去年6月に食道がんが見つかり、大阪拘置所から大阪医療刑務所に移送され治療を受けていましたが、15日夜、死亡したということです。これにより、確定死刑囚は130人となりました。(16日09:24)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2202490.html

| コメント (0)

被害者の血付着の服発見=桜井容疑者の自宅近くで-古美術商刺殺事件・警視庁(16日)時事

東京都国立市で古美術品店の店主田代正美さん(73)が刺殺され、強盗殺人容疑で陶芸家桜井正男容疑者(66)夫婦が逮捕された事件で、群馬県の桜井容疑者の自宅近くから田代さんの血が付着したズボンが見つかっていたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、自宅周辺で血が付いたズボンが捨てられていたのが見つかった。付着していた血液を鑑定したところ、田代さんのものと確認できたという。ズボンは田代さん殺害時に桜井容疑者がはいていたものとみられる。(2014/05/15-23:15)

Top_header_logo21 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%BB%FE%BB%F6%C4%CC%BF%AE&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=&tblattr=1

クラブ摘発5分の1に 熱帯びる規制論議(16日)共同

若者がダンスを楽しむクラブを無許可で営業したとして、警察が昨年、風営法違反容疑で摘発した件数がピーク時の5分の1に減少したことが16日、警察庁への取材で分かった。今年4月には起訴された元クラブ経営者が無罪となり、法改正を含め規制をめぐる議論が熱を帯び始めている。
 風営法は「設備を設け客にダンスをさせ、飲食させる営業」を許可が必要な風俗営業と規定。
 警察庁によると、全国の無許可営業の摘発は2009年の8件から10年に11件、11年には22件と増加した後、12年には12件、13年は4件と激減した。無許可店がほぼ一掃されたためとみられる。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014051601000929.html

| コメント (0)

警視庁が無差別殺傷事件想定の訓練(16日)日本子テレビ

警視庁は、多くの人が無差別に襲われる無差別殺傷事件を想定して、初動対応力を強化するための大規模な訓練を行った。
 警視庁による訓練は、犯人が、イベント会場に車で突っ込み、来場者を次々とはねた後、刃物で切りつけて逃走したという想定で行われた。約700人が参加し、速やかにケガ人の手当や救助を行うとともに、逃走した犯人の痕跡を調べる鑑識活動や、目撃者捜しなどの初動捜査を展開した。
 そして、車で逃走した犯人を追跡し、パトカーで挟み撃ちにして身柄を確保した。
 警視庁は、訓練を通じて、重大な事件が発生した際の被害者の救助や捜査展開など、初動対応力の強化を図りたいとしている。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2014/05/16/07251237.html

禁止薬物「所持」で全国初摘発(16日)NHK

覚醒剤を使った罪で起訴された福岡県飯塚市の62歳の男が、脱法ドラッグとして売られていた禁止薬物を持っていたとして、薬事法違反の疑いで追送検されました。禁止薬物は先月から製造や販売に加えて、「所持」していることも新たに禁止され、所持での摘発は今回が全国で初めてだということです。

追送検されたのは、福岡県飯塚市目尾の無職、安西始被告(62)です。
安西被告は覚醒剤を使用したとして逮捕・起訴されましたが、九州厚生局麻薬取締部の調べによりますと、先月、自宅で法律で禁止されている薬物の粉末0.189グラムを所持したとして、薬事法違反の疑いが持たれています。
調べに対し「覚醒剤より安くて同じような効果があったので、密売人から頻繁に買っていた」と供述しているということです。
こうした禁止薬物は脱法ドラッグとして販売されていることが多く、麻薬に似た幻覚症状や興奮作用があり、若者らによる乱用に歯止めがかからないことから、薬事法が改正され、先月からは製造や販売に加えて、新たに所持や使用も禁止されました。
麻薬取締部によりますと、禁止薬物を所持をしたとして摘発されたのは全国で初めてだということです。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140515/k10014485911000.html

| コメント (0)

よど号日本人村:広大な敷地に衛星テレビ 北朝鮮が厚遇(16日)毎日

20140516k0000m040155000p_size21

1970年3月の日航機「よど号」ハイジャック事件で北朝鮮に渡り、欧州で日本人拉致にも関与したとして国際手配されているよど号グループが暮らす施設「日本人村」について、毎日新聞は内部を撮影した写真を入手した。公安当局によると、かつては「日本革命村」と呼ばれ、ピーク時には妻子も含め計36人が暮らしたとされる日本人村の様子が公開されるのは極めて珍しい。庭木の手入れが行き届いた広大な敷地にはグラウンドや一般国民には認められていないとみられる衛星放送の受信施設もあるなど、事件から約45年が経過した今も北朝鮮当局による厚遇ぶりがうかがえる。
 写真は、書籍編集者の椎野礼仁(しいの・れいにん)さん(65)が4月末に現地を訪れた際に撮影した。椎野さんによると、日本人村は平壌中心部から約20キロ離れた大同江のほとりにある。村の管理や警備にあたる専従のスタッフが配置され、家庭菜園や来客者向けの宿舎もあった。
 国際電話用の通信回線も最近整備され、インターネットはできないが、パソコンで電子メールの送受信もできる。NHKや米CNNのニュースも見ることができたという。
 公安当局によると、現在、日本人村で暮らしているのは小西隆裕容疑者(69)ら6人とみられる。平壌中心部のビルで中古車などを扱う貿易会社を運営していたとされるが、ビルは昨年7月に当局に返還されたといい、事実上の隠居生活に入った可能性があるという。
 よど号グループを巡っては、日本政府はメンバー全員の身柄引き渡しを北朝鮮に求めている。しかし、グループはハイジャック事件については事実関係を認めるものの、有本恵子さん(当時23歳)ら日本人拉致事件への関与は否定し、帰国を拒んでいる。【岸達也】

続きを読む "よど号日本人村:広大な敷地に衛星テレビ 北朝鮮が厚遇(16日)毎日"

| コメント (0)

サリン製造の元信者「人殺ししか使い道ないと思った」 (16日)TBS

オウム真理教・菊地直子被告の裁判員裁判で、サリン製造に関与した元信者の女性が出廷し、「人を殺すものだと思ったが、深く考えず、幹部の指示に従った」と証言しました。
 オウム真理教の元信者・菊地直子被告(42)は、都庁爆弾事件で爆薬の原料となる薬品を運搬したとして、殺人未遂のほう助などの罪に問われています。
 15日に証言台に立ったのは、教団幹部の助手としてサリン製造に関与し、実刑判決を受けた元信者の女性で、「サリンとは知らされていなかったが、途中で気づいた」「教団の教義を考えると、人殺ししか使い道はないと思ったが、深く考えず、指示に従った」と証言しました。
 検察側は菊地被告についても「運んだ薬品で爆弾が製造され、事件に使われることを認識していた」と主張しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2202047.html

| コメント (0)

詐欺被害「一部戻る」 札幌で連絡相次ぐ (16日)TBS

過去、振り込め詐欺にあった被害者などに、被害額の一部が戻ってくると持ちかける連絡が札幌市で相次いでいます。警察は、相手の事情につけ込んで金をだまし取ろうとする詐欺の手口とみて、注意を呼びかけています。
 警察によりますと、先月中旬から今月にかけ、札幌市東区内に住む70代の男性のもとに「過去にあった振り込め詐欺の被害額が一部戻ってくる」という内容の電話が複数回かかってきました。また、その後、「国民保護対策本部」を名乗る相手から、過去、詐欺にあった被害の内容や振込先の口座を書き込む申請書が入った封筒が届き、不審に思った男性が警察に相談しました。
 警察によりますと、東区内の別の女性にも同じような電話がかかってきたり、文書が届いたりしているということです。
 警察は、このような連絡には決して答えず、相談するよう注意を呼びかけています。(15日19:49)

| コメント (0)

手錠したまま逃走…6時間後に少年の身柄を確保(16日)テレビ朝日

15日、熊本市の少年鑑別所に移送された17歳の少年が手錠をつけたまま逃走しましたが、約6時間後に現場付近の路上で身柄を確保されました。
 少年は午後3時すぎ、熊本家庭裁判所八代支部から熊本市西区の熊本少年鑑別所に車で移送された際、付き添っていた家庭裁判所の職員を振り切り、手錠をつけたまま逃走しました。
 警察は100人以上の捜査員を動員して行方を追っていましたが、逃走から6時間経った午後9時前、鑑別所から300mほど離れた路上で逃走した少年と似た人が走っていると通行人から通報があり、駆け付けた捜査員が少年の身柄を確保しました。熊本家庭裁判所の遠山廣直所長は「周辺住民の方にご心配をおかけして誠に申し訳ありません」とコメントしています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000026995.html

| コメント (0)

スマホ盗容疑で2人逮捕 2千台被害との関連捜査(16日)産経

静岡県湖西市の携帯電話販売店からiPhone(アイフォーン)を盗んだとして、愛知、岐阜、静岡の3県警による捜査本部は15日、窃盗などの疑いで住所不定、作業員、藤岡直志容疑者(39)と愛知県春日井市小野町、ブラジル国籍の会社員、カネシロ・グスタボ容疑者(38)を逮捕した。2人は容疑を否認しているという。
 昨年12月以降、愛知県を中心に静岡、岐阜、三重各県の販売店で、スマートフォン(多機能携帯電話)の盗まれる被害が37件計約2千台(総額1億円以上)に上り、県警は2人がほか数人と組んで窃盗を繰り返した疑いもあるとみて関連を調べる。
 逮捕容疑は3月12日午前3時ごろ、湖西市のauショップ湖西の出入り口ガラスを割って侵入し、アイフォーンやiPad(アイパッド)など44台(330万円相当)を盗んだ疑い。
 2人は4~5月、覚せい剤取締法違反や大麻取締法違反の疑いで逮捕、起訴され勾留中だった。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140515/crm14051515540006-n1.htm

| コメント (0)

« 2014年5月15日 | トップページ | 2014年5月17日 »