« 2014年5月7日 | トップページ | 2014年5月9日 »

2014年5月8日

2014年5月 8日 (木)

警官3人を書類送検 事故現場の見取り図改ざん 容疑で鹿児島県警(8日)西日本

鹿児島県警は8日、交通事故の実況見分調書を部下に改ざんさせたとして、虚偽有印公文書作成・同行使などの疑いで、県警本部交通企画課課長補佐の男性警部(58)を鹿児島地検に書類送検した。警部は同日付で依願退職した。
 送検容疑は、鹿児島西署交通課長だった2012年9~10月、部下2人に命じ、管内で起きた事故2件の調書のうち車同士の距離や位置などの見取り図を書き換えさせ、鹿児島区検に送った疑い。指示を受けた部下2人も書類送検された。
 県警によると、昨年9月、見取り図を検察から取り寄せた保険審査会社の指摘で発覚。警部は「事故当事者の供述と車の位置関係の整合性を取りたかった。若干の変更は支障ないと軽く考えていた」と釈明したという。県警は2件を含む6件の調書改ざんと、部下数人へのパワーハラスメントを認定。8日付で警部を減給6カ月(10分の1)の懲戒処分とした。=2014/05/08 西日本新聞=http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/86996

| コメント (0)

警察官装い通帳詐取容疑 静岡の21歳無職男ら逮捕 北陸3県警(8日)産経

富山、石川、福井県警は8日までに、警察官を装いキャッシュカードと通帳をだまし取ったとして詐欺の疑いで、静岡県伊豆の国市奈古谷、無職、越智悠宇里容疑者(21)と住所不定、無職、白石秀一容疑者(30)=窃盗罪で公判中=を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年5月5日、大阪市の80代女性宅に警察官を装い電話をしたり訪問したりして「あなたの口座に金を振り込んだ人が被害届を出している」と話し、通帳とキャッシュカードをだまし取った疑い。キャッシュカードで400万円が引き出されており、窃盗容疑でも捜査している。
 石川県警が2人を取り調べており、越智容疑者は一部容疑を否認。白石容疑者は2人でだまし取ったことを認めている。
 昨年12月、石川県警などが、似た手口でキャッシュカードを盗んだとして窃盗容疑で白石容疑者を逮捕。同容疑者の供述から今回の詐欺容疑が浮かんだ。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140508/crm14050815570014-n1.htm

| コメント (0)

家庭ごみ装い産廃300キロ 不法投棄容疑、2人逮捕 静岡(8日)共同

静岡南署と県警生活経済課は8日、廃棄物処理法違反の疑いで御前崎市池新田の会社員の男(48)と、焼津市五ケ堀之内のアルバイトの女(22)の両容疑者を逮捕した。
 逮捕容疑は2013年12月13日ごろから今年2月25日ごろまでの間、25回にわたり、静岡市駿河区内の家庭ごみ集積所十数カ所に、廃プラスチック類や紙くずなどの産業廃棄物計約300キロを不法投棄した疑い。
 同署によると、容疑者らは、静岡市の家庭用指定袋に一般家庭ごみと混ぜて産業廃棄物を捨てていた。市から収集業務の委託を受ける市環境公社の職員らが異物の混入に気付き、ごみ袋に警告シールを貼り注意を促したが、放置されたままだったため同署に通報した。
 同署は、ごみの内容物から排出元を特定するとともに、ごみ集積場の近隣住民の目撃情報などを基に捜査していた。2人の勤める産業廃棄物請負会社が関わっていた可能性も視野に、さらに調べを進める。

続きを読む "家庭ごみ装い産廃300キロ 不法投棄容疑、2人逮捕 静岡(8日)共同"

| コメント (0)

ガーナ大使 福岡でも賭博関与か(8日)NHK

ガーナ共和国の駐日大使が借りた東京・渋谷のビルの1室で、賭博を行っていたカジノ店が摘発された事件で、この大使が福岡市内に借りたビルの1室でも違法な賭博が行われていたとして、警視庁などは8日この部屋を捜索し、違法なパチスロ機50台を押収しました。
警視庁は、大使が賭博に関わっていたとみて改めて事情を聴く方針です。

この事件は、アフリカのガーナ共和国の駐日大使が借りていた東京・渋谷のビルの1室で、客にトランプを使ったバカラ賭博をさせたとして、カジノ店の従業員らが逮捕されたもので、部屋は大使の名義で賃貸契約が結ばれ、入り口には大使の名前が掲げられていました。
その後の調べで、この大使が福岡市博多区中洲に借りていたビルの一室でも、賭博が行われていた疑いが強まったとして、警視庁は福岡県警察本部と合同でこの部屋を捜索しました。
室内からは、違法なパチスロ機50台が押収されたほか、入口の扉は鉄製の頑丈なものに取り替えられていたということです。
この部屋は、大使が去年12月に賃貸契約を結んでいましたが、警視庁がことし3月に渋谷のカジノ店を摘発した1か月後の先月中旬に、大使側から契約解除を申し出る電話が不動産会社にあったということです。
警視庁は、大使が賭博に関わっていたとみて改めて事情を聴く方針です。
先月末に行われた任意での事情聴取に対し、大使は賭博への関与を否定しています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140508/k10014304661000.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8、9日単位・レベル)
前科者を受け入れない世の中を
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

F1010087

 今度は東京の羽田空港近くで、飛行中の報道関係のヘリコプターに地上からレーザー光線を照射されたという。
 レーザー光線と言えば今年に入って米国で、レーザーポインターなどを航空機に向ける事件が相次いでおり、朝日新聞電子版によると昨年1年間で3960件あったという。極めて危険なためFBIは防止策に乗り出している。
 今回のヘリコプターへの事件は、一時的ないたずらなのか、あるいは米国のように今後、常習的になるのか、場合によっては徹底した捜査態勢が求められる。
 昨日も書いたが、行為が「犯罪」という結果になれば、どれだけ重い責任を問われるかを考えないで行為に及んでいるとしか思えない。
 本来なら犯罪は、厳罰化で防ぐのではなく、世の中が刑罰の量刑に関係なく前科者を受け入れないというペナルティーが必要だ。
 今年3月までの数字で警察力をみると、検挙件数が最も多いのは東京の8874件。以下、神奈川5628件、大阪5074件、千葉4328件、福岡4107件の順。
 検挙率では秋田の67.6%をトップに山形の65.0%、島根の60.4%、群馬の60.0%、青森の59.9%と続いた。
 この全国平均が30.4%。現在認知件数が年々減少しているが、どうも検挙率が伸びない。昭和の時代は50~60%台にある。事件の内容が年々変化しており、必ずしも「警察力」を数字だけで比較するのには無理がある。警察官1人当たりの国民負担率が外国に比べて高いからだ。しかし、警察は結果が求められている。
 首都東京体感治安は「レベル2(グリーン)」とする。
  別室に小説コーナーがあります「防諜 テロリストを捕捉せよ!」はここdownwardleftをクリックしてください。 
http://policestory.cocolog-nifty.com/police_story_/
 ★ facebok https://www.facebook.com/yoshio.ono.77

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

速度制限「ゾーン30」全国に 1100カ所で整備(8日)西日本

生活道路を通行する車から歩行者を守るため、車の最高速度を30キロに制限する区域「ゾーン30」が今年3月末時点で、計画の35・4%に当たる全都道府県の1111カ所に整備されたことが8日、警察庁のまとめで分かった。
 警察庁の指示で2011年度から整備を始めた全国の警察は、16年度末までに残りの約2千カ所で導入する予定。
 ゾーン30では、路側帯を拡張して車道の幅を狭くするほか、道路上にこぶ(ハンプ)を設けるなどして、ドライバーが視覚的、物理的に速度を出しにくい工夫がされている。

Logo1_2 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/86874

やまぬ爆発、憤る住民 札幌北区・石狩ボンベ事件 警戒続く(8日)共同

札幌市北区と石狩市で4日以降、カセットこんろ用ガスボンべの爆発事件が2件続いた。現場の状況などから、札幌北署は北区で1~4月、5件相次いだ一連の爆発事件を模倣した「悪質ないたずら」との見方を示す。だが、6日に発生した複合大型書店での事件では、くぎ千本以上が使われるなど悪質な手口も目立つだけに、住民は怒り、不安を募らせる。同署は器物損壊事件として捜査を進め、警戒態勢を強化している。
 破裂したボンベ1本と破裂していないボンベ1本、缶入りの固形燃料、溶けた白いビニール袋の切れ端、さらに長さ約3・5センチのくぎ千本以上…。
 6日、同市北区の複合大型書店「コーチャンフォー新川通り店」の出入り口付近の爆発現場。残された物はどれも商業施設や警察宿舎など一連の事件現場で見つかった証拠物と類似していた。4日には石狩市の北署石狩駐在所でも爆発事件が発生し、破裂したボンベ1本が発見されている。
 しかし、同署は5月の2件について、使った固形燃料やくぎの種類、犯行の時間帯など細かな手口が違うことなどから、一連の事件を「模倣した」とみる。さらに、この2件についても使用された物や、狙われた建物の種類が違うこともあり「同一犯ではない可能性も高い」(捜査幹部)との見方も出ている。同署は、集めた証拠品や防犯カメラの映像の分析などの捜査に全力を挙げる。<北海道新聞5月8日朝刊掲載>

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/537860.html2010_0123_11120247newslogo1

| コメント (0)

3Dで銃製造、所持容疑を初適用 大学職員の男を逮捕 神奈川県警(8日)産経

3Dプリンターで製造された殺傷能力のある拳銃を所持したとして、神奈川県警は8日、銃刀法違反(所持)容疑で、川崎市高津区に住む20代の大学職員の男を逮捕する方針を固めた。
 県警によると、3Dプリンターによる銃に絡んで同法を適用するのは全国で初めて。男は4月中旬、3Dプリンターで造った樹脂製の銃2丁を自宅で所持していた疑いが持たれている。適合する弾は見つかっていない。
 県警は今年に入り、男が動画投稿サイトに、自ら製造したとする銃と設計図の動画を投稿しているのを把握し、捜査を進めていた。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140508/crm14050809450004-n1.htm

| コメント (0)

女性不明の手掛かりなく 札幌・厚別 父親らがチラシ配布(8日)北海道

札幌市厚別区の自宅近くで4日から行方不明になっている養護施設職員伊藤華奈さん(25)について、札幌厚別署は7日、約30人態勢で自宅周辺の捜索を続けた。これまで有力な手掛かりがなく、近くのJR上野幌駅で情報提供を呼び掛けるチラシを配った。
 同署によると、伊藤さんは室蘭市出身。4日午前0時40分ごろ、自宅で婚約者の男性と口論になり「散歩に出掛ける」と外出。約20分後、携帯電話で男性に「警察を呼んで」と伝えた後、連絡が取れなくなった。
 捜索は伊藤さんの携帯電話の位置情報を基に、自宅近くの山林や住宅街で実施。署員とチラシを配った伊藤さんの父和也さん(44)は「どんな情報でも教えてほしい。無事に帰って来てくれれば何も望まない」と話した。情報は同署(電)011・896・0110へ。

Logo1 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/537839.html

| コメント (0)

マンション買わされ…“デート商法”急増(8日)日本テレビ

婚活サイトなどを悪用し、マンションなどを購入させる新手のデート商法が急増している。7日、マンションを買った男女11人が損害賠償を求めた裁判が始まった。どのようにマンションを勧めたのか、恋愛感情につけこまれたという勧誘方法とは―。
 私たちが取材した37歳の会社員の男性が見せてくれたのは、投資用マンションの書類だ。
 被害男性「実際購入したマンションの詳細が書かれている」
 インターネットの婚活サイトで知り合った女性に勧められたという。女性が購入を勧めたのは東京・足立区のマンションで、他人に貸すことで家賃収入が定期的に得られるとの説明だった。男性は、東京スカイツリーが見える1Kのマンションを約2800万円で購入したという。ところが…。
 被害男性「間違いなくそういう商法に引っ掛かったんだって感じですね」
 男性は、後日、その女性がマンションの勧誘業者だと知ったのだ。男性は7日、裁判の原告に名を連ねていた。婚活サイトで知り合った異性に勧められ、リスクの高い投資用マンションを購入してしまったという男女11人が、業者などを集団で提訴したのだ。

続きを読む "マンション買わされ…“デート商法”急増(8日)日本テレビ"

| コメント (0)

連休中の交通事故死 過去2番目の少なさ(8日)NHK

ことしの大型連休中に交通事故で死亡した人は122人で、過去2番目に少なくなりました。

警察庁のまとめによりますと、先月26日から6日までの大型連休の11日間に交通事故で死亡した人は、全国で122人と去年に比べて2人減り、統計を取り始めた昭和45年以降、おととしに次いで2番目に少なくなりました。
年齢別では、65歳以上の高齢者が去年より16人多い63人、率にして52%と最も多く、次いで40代が14人でした。
都道府県別では大阪が12人で最も多く、栃木が9人、愛知が8人、北海道、千葉、神奈川がいずれも6人となっています。
観光、娯楽、ドライブ、それに帰省の行楽中に亡くなった人は24人でした。
警察庁が過去5年間の全国の交通事故を分析した結果、5月から7月にかけて、小学1年生と2年生が歩行中に巻き込まれる事故が多発していたということで、大型連休後には子どもの事故防止にも重点的に取り組んでいきたいとしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140508/k10014284041000.html

DV加害者:更生プログラムで再犯防止(8日)毎日

ドメスティックバイオレンス(DV)の加害者向け更生プログラムに2011年から取り組んでいるのが、横浜市のNPO「女性・人権支援センター ステップ」だ。受講者は週5回の講座のどれかに原則1回参加し、52週(約1年)通い続ければ「卒業」となる。ストーカー同様、刑罰による再被害防止には限界があるとされるDV加害者に対する更生プログラムの現場を取材した。【藤沢美由紀】
 「次は、『相手の痛みに無頓着』。当てはまると思う方は」。栗原加代美理事長の問いかけに、テーブルを囲んだ8人の男性全員の手が挙がった。
 JR横浜線沿線のビルの一室。参加者の手元には「DV加害者に共通する問題点」としてまとめられた24項目のリスト。該当すると感じたら手を挙げ、過去の自分の言動を発表していく。
 参加していた男性(35)は「自分が正しいと思ってきたが、ここに通ううちに違うと気付いた。考え方を変えると妻への感謝が湧いてくる」と話す。
 栗原理事長によれば、1回目の面談では必ず、「怒りのメカニズム」について説明する。思い描く夫婦の理想像と妻の反応など現実とのギャップが怒りの源だと理解させた上で、理想像を変えることを提案する。
 その後は米カリフォルニア州で加害者が強制的に受けているメニューを翻訳して取り入れ、グループワークが中心となる。互いのDV体験について指摘や発表をし合うことを通して、問題点に気づかせるのが狙いだ。
 栗原理事長は「通い始めると大抵、2割はすぐに暴力をやめ、6割は徐々に変化していく。残る2割は変わらないことが多い」とし、「DVの下敷きには女性を見下す考えがあるが、変わろうと努力する男性は変わる」と話す。また、訪れる加害者の約9割は、父親が母親らにDVをしていた▽親から虐待を受けていた−−との被害体験の持ち主だといい、植え付けられた暴力容認の価値観を変えることが再犯防止につながるという。
 参加費用は1回(2時間)あたり3000円。現在通ってきているのは40〜50人で、被害者である妻からOKが出れば途中での離脱も可能だ。1年間通う人は約3分の1で、これまでに約20人が卒業した。栗原理事長は「シェルターに逃げても解決にはならない。警察に通報や相談がいった時点で加害者プログラムにつながるようなシステムになれば」と話す。

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20140508k0000m040165000c.html

| コメント (0)

アートメーク:無免許美容店を一斉摘発 京都府警(8日)毎日

無免許でアートメークやまつげエクステンション(エクステ)を施す美容店について、京都府警が異例の一斉摘発に乗り出したことが捜査関係者への取材で分かった。府警は3月上旬から4月下旬にかけ、京都市内などの約15店舗を相次いで美容師法違反(美容所の無届け)容疑で家宅捜索した。今月中旬までに同法違反や医師法違反(無資格医業)容疑で、各店舗の経営者ら約15人を順次、書類送検する方針だ。
 府警によると、これほど多くの店舗を一斉摘発するのは全国初という。アートメークやまつげエクステは若い女性から中高年まで幅広く人気がある一方、皮膚が化膿(かのう)したり角膜に傷がつくなどの被害が問題化。国民生活センターによると、アートメークの相談件数は2006〜11年度に計121件あり、まつげエクステは12年度に137件、13年度に106件あった。厚生労働省によると、アートメークには医師免許が、まつげエクステには美容師免許が必要とされるが、無免許営業の店舗が各地に広がっている。
 こうした実態を受け、京都府警は情報誌やインターネット上で闇店舗の実態に関して情報収集。診断書が出るような深刻なけがは直接確認できなかったが、「失明などの危険性があり、野放しにできない」として、一斉摘発に乗り出した。今後、医療器具の入手ルートについても解明する。
 こうした闇店舗の摘発は過去に東京や大阪でも単発で行われ、京都府警も昨年10月、医師法違反容疑で自称美容業の女性(59)を逮捕した。【土本匡孝、岡崎英遠、宮川佐知子】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20140508k0000m040167000c.html

| コメント (0)

無人のごみ収集車、坂道で動き女性けが (8日)TBS

7日午前、横浜市港北区で、市が委託した粗大ごみ収集業者が坂道で作業をしていたところ、無人の収集車が動き出し、自転車を押していた70歳の女性に接触、女性は両ひざを打撲するなどの軽傷を負いました。
 収集車は、およそ50メートル先で駐車していた乗用車に衝突して止まりました。
 横浜市は、サイドブレーキを十分にかけていなかったことが事故の原因とみて、今後、委託業者への指導を徹底するということです。(08日04:43)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2196202.html

| コメント (0)

オウム・菊地直子被告、きょう初公判(8日)TBS

17年間にわたり逃亡しおととし逮捕されたオウム真理教の菊地直子被告の裁判が、きょうから東京地裁で始まります。
 オウム真理教・元信者の菊地直子被告(42)は、地下鉄サリン事件から2か月後の1995年5月、東京都庁で知事宛ての郵便物が爆発し男性職員が重傷を負った事件で、殺人未遂と爆発物取締罰則違反のほう助の罪で起訴されました。
 菊地被告は、爆薬の原料を山梨県の教団施設から東京・八王子の教団アジトに運んだとされていますが、「爆発物に使われるとの認識はなかった」と無罪を主張する方針で、菊地被告の認識が裁判の争点になります。
 「『無罪』は本当に自分が罪を犯してないと思って主張する。十何年も逃走するわけない」(被害者の都庁元職員 内海正彰さん)
 きょうの初公判では、菊地被告の罪状認否など冒頭の手続きに続き、事件で左手の指全てを失った都庁元職員の男性が証言をする予定です。
 合計13回の審理で、教団元幹部の死刑囚や元信者などおよそ10人が証言台に立ち、来月30日に判決が言い渡される見通しです。(08日05:02)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2196199.html

| コメント (0)

周辺で複数の不明者…窃盗事件で夫婦を再逮捕(8日)テレビ朝日

他人名義のカードを使った窃盗事件で、先月に逮捕された福岡県筑後市の夫婦が別の窃盗事件で再逮捕されました。この夫婦の周辺では数人の行方が分からなくなっていて、警察が慎重に調べを進めています。
 再逮捕されたのは、リサイクルショップ経営・中尾伸也容疑者(47)と妻の知佐容疑者(45)です。警察によりますと、中尾被告らは3年前から知人男性名義のクレジットカードを不正に使用し、合わせて100万円を引き出した疑いが持たれています。クレジットカードは中尾被告らの指示で8年前に作られたものですが、知人男性は「キャッシングに使われているとは知らなかった」と話しているということです。この夫婦の周辺では親族ら数人が行方不明になっていて、警察は関連も含めて慎重に捜査しています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000026473.html

| コメント (0)

【国立・骨董店主殺害】登録ない電話番号から着信、客が事情知るとみて履歴分析 警視庁(8日)産経

東京都国立市で骨董(こっとう)品店主の田代正美さん(73)が刺殺された事件で、事件当日の3日午後に田代さんの携帯電話に登録されていない複数の電話番号から着信があったことが7日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁立川署捜査本部は事件直前の同日午後5時ごろに田代さんと会っていた客が何らかの事情を知っているとみており、着信履歴を分析するなどして特定を進めている。
 捜査本部によると、着信はすべて異なる固定電話や携帯電話の番号。田代さんは3日午前11時半ごろ、妻に「買い取りに行く」とだけ伝えて自宅を出ており、その後の電話で急遽(きゅうきょ)、客と会う約束をしたとみられる。午後5時ごろの妻の電話には「客がいて帰れない」と応答したが、6時以降は電話に出なかった。
 5~6時ごろに店近くに止められたワゴン車につぼを運び込む不審な男が目撃されていたといい、捜査本部が関連を調べている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140507/crm14050720580013-n1.htm

| コメント (0)

脱法ハーブ吸い運転か、女性はねられ重体 危険運転致傷容疑で男送検 警視庁(8日)産経

車で歩行者の女性をはねて意識不明の重体にさせ、自動車運転過失傷害容疑で逮捕された男(24)が脱法ハーブのようなものを吸って運転していた疑いがあるとして、警視庁渋谷署が危険運転致傷容疑に切り替えて男を送検していたことが7日、同署への取材で分かった。
 同署によると、男は「脱法ハーブを吸っていた。女性をはねたことは覚えていない」と供述。車から脱法ハーブのような植物片が見つかっており、同署が成分鑑定を進めている。
 逮捕、送検されたのは川崎市宮前区宮崎、無職、渡部正夫容疑者。送検容疑は3日午後5時15分ごろ、東京都渋谷区神南の交差点で、脱法ハーブのようなものを吸って正常な運転が困難な状態で車を運転し、横断歩道を渡っていた20代の女性をはねたとしている。女性は頭などを強く打って意識不明の重体。
 渡部容疑者の車は女性をはねた後、対向車線のタクシーと衝突するなどして止まっており、タクシー運転手も軽傷を負った。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140507/crm14050720590014-n1.htm

| コメント (0)

« 2014年5月7日 | トップページ | 2014年5月9日 »