« 父親の背中刺し、殺人未遂容疑で息子逮捕(18日)日本テレビ | トップページ | プロレス技で体密着、「JKリフレ」店を県内初摘発  労基法違反容疑(18日)共同 »

2014年4月18日 (金)

トイレ詰まりを容疑者自作自演、修理代詐欺未遂で逮捕 平塚競輪場(18日)共同

平塚競輪場のトイレ修理を請け負っていた業者が自らトイレを詰まらせて修理し、代金をだまし取ろうとしたとして、平塚署は17日、詐欺未遂の疑いで、平塚市片岡、配管業の男(57)を逮捕した。
 逮捕容疑は、今月6日午前5時55分ごろ、同競輪場内の男子トイレで大便器を詰まらせて修理し、市から代金2万3930円をだまし取ろうとした、としている。同署によると、同容疑者は容疑を認めている。
 市公営事業部事業課によると、昨年11月以降、大便器が詰まって修理する回数が増えた上、つぶした紙コップや吸水材のようなものが詰まっていたケースが多くあった。同課は「わざと詰まらせようとした可能性がある」と、同署に相談していた。
 同課によると、競輪場では昨年11月からことし3月までに大便器詰まりが108件あった。この間の同容疑者からの修理費請求額は計約260万円で、すでに全額支払われている。
 同容疑者は10年以上前から競輪場でトイレなど水回りの修理を請け負っていた。同課は「開場前の早朝に修理してくれる業者は少なく、頼っていた。今後は多数の業者に発注していくようにしていきたい」としている。

【神奈川新聞】

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.kanaloco.jp/article/69930/cms_id/76105

« 父親の背中刺し、殺人未遂容疑で息子逮捕(18日)日本テレビ | トップページ | プロレス技で体密着、「JKリフレ」店を県内初摘発  労基法違反容疑(18日)共同 »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父親の背中刺し、殺人未遂容疑で息子逮捕(18日)日本テレビ | トップページ | プロレス技で体密着、「JKリフレ」店を県内初摘発  労基法違反容疑(18日)共同 »